日本の廃墟格付けランキングトップ50(画像)

11.日本セメント門司事業所

場所:福岡県北九州市門司区風師1-4-1
日本の廃墟 10.0 日本の廃墟 10.2門司区の工業地帯一角の山裾から海沿いの国道199号までのわずかな敷地に、工場の建物が入り組んで林立している。
敷地の中程にはJR鹿児島線が縦断している。

1893年に工場を創業して以来、北九州の香春(かわら)町から石灰石を運んで、この事業所でセメント製品を生産していた。1980年に、操業を停止。
スポンサーリンク

10.根岸競馬場

場所:神奈川県横浜市根岸森林公園
日本の廃墟 9.0内部
日本の廃墟 9.3江戸時代の1866年に創設された日本で最初の競馬場である。
第2次世界対戦の激化により1942年に休止となり、1945年にはアメリカ軍に取り上げられ、その25年後に返還されたが、すでに近代的な競馬場が周辺に出来ていたことや建物の老朽化のため、そのまま修復されることもなく廃墟と化した。

9.白石鉱山

場所:三重県いなべ市
<(工場跡 白く見えるのは石灰の真っ白い粉体)日本の廃墟 8.0 日本の廃墟 8.11921年(大正10年)に操業を開始した鉱山である。
石灰石を採掘して、様々な工業製品を生産していた。
しかし、高度経済成長期を迎えると、国内では急速に機械化が進み、国内初の化学プラントである白石鉱山の設備は時代遅れになった。
また、同時期に台風の影響により工場が甚大な被害を受けたこともあって、1969年(昭和44年)に閉山した。
50年近くたった今でも、当時の面影を残しており、いたるところに当時採掘していた石灰粉が建物を真っ白く塗りつぶしている。

8.尾去沢鉱山(おさりざわこうざん)

場所:秋田県鹿角市
日本の廃墟 7.0 708年にこの鉱山は発見された。
そこから約1200年間のあいだ、1978年まで銅や金が採掘されていた。
この金は、東大寺の大仏や中尊寺金色堂にも使われているという。
金属を沈殿させるのに用いるシックナーと呼ばれる巨大な円形建物が印象的である。
日本の廃墟 7.1 以下の写真は、金や銅の純度を上げるために副産物を選別する選鉱場。内部はレンガ造りになっている。日本の廃墟 7.2現在はテーマパークになっており、誰でも安全に鉱山の様子を見学することが出来る。

7.甲賀ファミリーランド

場所:滋賀県湖南市
日本の廃墟 6.1日本の廃墟 6.0 総面積約120万m2、東京ドーム26個分の遊園地は当時、滋賀県最大の遊園地であった。
観覧車やメリーゴーランドが有名で、県外から数多くの人が訪れた。しかし、場所が山奥で交通の便がかなり悪かったため、経営難に陥り、1985年に閉鎖された。

6.田老鉱山

場所:岩手県宮古市
日本の廃墟 5.1 日本の廃墟 5.21919年に開坑し、硫化鉱を採掘していた。
最盛期には1800人を数えるほどの規模となり、従業員用の社宅が多数作られて、一つの街を形成するほどだった。
硫化鉱がほとんど採掘できなくなった1971年に閉山された。
現在、田老鉱山は明星大学の所有物となり、宇宙線の観測所として利用されている。

5.摩耶観光ホテル

場所:神戸市灘区摩耶山
日本の廃墟 4.0日本の廃墟 4.3 日本の廃墟 4.1 日本の廃墟 4.2神戸の摩耶山の中腹にあるホテル。
外見が軍艦のようであることから「軍艦ホテル」とも呼ばれていた。
高級ホテルとして1932年に営業を開始し、裕福な家庭のリゾート地として楽しまれていたが、戦争による経営難、不審火などの不運が重なり、1970年に廃業した。
アールデコ風のユニークな建築物は経年劣化による損傷が激しく、危険なため現在は完全に立ち入り禁止となっており、その側にある登山道も通行止めになっていることから誰もこの建物に近づくことはできない。

4.釜石鉱山

場所:岩手県釜石市
日本の廃墟 3.0 日本の廃墟 3.1巨大な選鉱場があった鉱山で、明治時代の開坑から150年以上の歴史がある。鉱山からは、主に鉄が採掘されていた。
1993年に大規模な鉄鉱石の採掘は終了しているが、良質な鉄鉱石が未だ採れるため、研究目的などで年間100トン近く採掘されている。
また、近くには地下350mから湧き出る綺麗な鉱泉水があり、ミネラル・ウォーターの産地にもなっている他、空洞を利用したコンサートホールも存在する。

3.旧長崎刑務所

場所:長崎県諫早市
日本の廃墟 2.0 日本の廃墟 2.1 日本の廃墟 2.2明治の五大監獄(千葉、金沢、長崎、鹿児島、奈良)の一つである。
総レンガ造りの大きな門が特徴であるこの刑務所は1907年に建てられ、1992年に諫早市小川町に移転するまで使われていた。
現在は、正門を除いて撤去されている。

2.足尾銅山

場所:栃木県日光市足尾地区
日本の廃墟 1.0 江戸時代の1610年に開山し、銅のの産出や副産物として毒性の強い亜ヒ酸や硫酸を製造していた。
銅の製錬時に排出される有毒物質や、燃料のために伐採される樹木によって、洪水や環境汚染が引き起こされ、足尾鉱毒事件として多くの人に知られる事となった。
1973年にほぼ鉱山の銅が掘り尽くされたため、閉山となった。
今なおその影響は強く残っており、周りの山は酸性雨により禿山になっていたり、鉱山を通る渡良瀬川に鉛が検出されるなどしている。

以下の写真は本山精錬所で、金属と副産物として出てくる硫酸を選別していた。
他にも、巨大煙突や硫酸タンク、蒸留塔などを工場でみることができる。また、鉱山内部には坑道があり、実際に使われていたトロッコなどがある。
日本の廃墟 1.1 日本の廃墟 1.2

1.端島炭鉱

場所:長崎県長崎市
日本の廃墟 50.3日本の廃墟 50.0 海上に浮かぶその姿が、軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれている。
中央高地部とその周辺は自然島であるが、海に面した平坦部の多くは埋立で出来ている。
1810年頃から石炭が採掘され始め、それから1974年に閉山されるまで、大炭鉱時代を築いた。

島内には、炭鉱施設のほか、5~10階建ての高層住宅群、病院、学校、映画館、商店街、旅館、寺社、警察署、役場、公民館、娯楽施設などが林立し、1つの町を形成していた。
特に高層住宅群は玄関前の通路が公道になっており、トイレや風呂もほとんど共同だったため、プライバシーはなかったが、地域コミュニティに優れている島だった。

最盛期には約5300人が住み、都内の人口密度を超え、日本一の人口密度を誇っていたが、1974年に炭鉱が閉山し、無人島になった。

参考文献
ニッポンの廃墟 インディヴィジョン 2007/8 ISBN 978-4990371203 インディビジョン

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
(最終更新:2017年4月9日)コメント7
CATEGORY :

コメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ws

    22.高子沼グリーンランドは福岡県福岡市ではなく福島県福島市のようですよ

    • By loveai0221

      こんにちわ。管理人です。

      ご指摘ありがとうございます!
      修正させていただきました。

      今後ともよろしくお願いします。

  2. By ai

    高子沼グリーンランドの死亡事故などは都市伝説で資料はないはずですよ

  3. By 匿名

    昭和30年代に開業した当初は、レストランなどを兼ねたヘルスセンターで、日帰り娯楽施設として親しまれていた。
    しかし昭和末期、バブルの崩壊による経営難で、閉業した。 とありますが、昭和末期はバブル最盛期であり、もし昭和末期に経営難になったのであればバブル崩壊と経営難は関係ないでしょうね。逆に、バブル崩壊によって経営難になったのであれば閉業は平成になってからでしょう。ご確認ください。

  4. By 匿名

    高子沼グリーンランドは、
    車で20分の場所にありますが
    現在 跡地は 解体され 太陽光発電にパネルが設置されてます。

    あと、死亡事故も一件もありませんでした。
    台湾とかのサイトにも 誤った情報(死亡事故多数)が行き渡っている現状に
    地元民として 怒りを覚えます!

    出来れば 訂正記事を書いて下さい

  5. By やまちゃ

    2位の足尾銅山で、「下記の写真は通洞選鉱場」となってますが、
    写真は「通洞選鉱場」から5キロほど北上して、寺の向かい側に見える「本山精錬所」だと思いますよ。
    もっとも煙突以外は7年前に撤去されているので、
    もう同じ風景は見られませんが~

    3位の長崎刑務所の跡地は、スーパーのマックスバリューになっているので、幼稚園じゃないと思います。
    残された正門はペンキを塗られて説明板も付いて、2010年頃には既に廃墟とは言えない状態になっていたような・・・

    4位の釜石鉱山の住所、移転後の事務所の住所になってますよ~
    (そこに行ってもミネラルウォーターの宣伝ノボリしかありません)
    写真の風景は5kmほど北にある鉄鉱石の選鉱所ですが、写真の建物は10年前に撤去されて今は土台が残り、
    釜石のマチュピチュと呼ぶ人もいますが、遊歩道も整備されて今は観光地です。
    鉱山で一番古い機械工場とかホッパー跡とかあります。

    7位の甲賀ファミリーランドは航空写真を見ると観覧車が無くなってますね。

    9位の白石鉱山は2012年の解体でほぼ更地です。

    11位の日本セメント門司事業所は2008年の解体でただの空き地になってます。

    このページだけですが、気になった点をお知らせしておきます。
    ネットの解体情報もあてになりませんが、空撮で空き地になってるのとか、リニューアルしてるのは確認してくださいネ(´Д`;)

    • By uti

      ご指摘ありがとうございます。一部修正させていただきました。

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook