人体の驚くべき雑学48選(人間の不思議)

今回は人間の体に関する不思議で意外な雑学をご紹介していきます!

1.流した時の感情によって「涙の味」は変わる

悲しい時、うれしい時の涙は含有するナトリウム量が少なく、味が薄い。
一方、悔しい時、怒っている時は塩辛くなる。
人体の雑学 13
スポンサーリンク

2.赤面すると胃の内側も赤くなる

人体の雑学 37

3.舌の模様は指紋と同じように、誰一人として同じものはない

人体の雑学 3

4.成人の身体に存在する細菌を一箇所に集めると、重さは約1.8kgになる

人体の雑学 4

5.聴いている音楽によって心臓の鼓動は変化する。

人体の雑学 5

6.人間の骨は鉄よりも固いにもかかわらず、30%が水で出来ている

摩擦やひっかき傷に対する強さ「モース硬度」を調べてみると、鉄は「4」、人間の歯は「7」となる。
人体の雑学 6

7.心臓が1日に作り出すエネルギーは、トラックが30km走るエネルギーとほぼ同じ

人体の雑学 7

8.一人の身体に含まれるDNAを1本につなげた時、その全長は太陽系を往復できる距離を超える

一つの細胞にあるDNAをつなぎあわせると1.7mになる。
人間の身体は約60兆個の細胞で出来ているので、全長は1.7(m)*60(兆個)で1044億kmになる。
太陽と地球の距離は約1.5億km、太陽系の端から端まで59億kmなので、それぞれ約350往復、8往復できる。
人体の雑学 8

9.人間が死なずに出した最高体温は46.5度

日射病で30日間高熱を出した男性が、最高体温46.5度にまで達し、ギネス記録に認定された。
彼は高熱にもかかわらず、後遺症もなく無事に生還できた。
人体の雑学 9

10.我慢したオナラは最終的に口から出る

我慢して出なくなったおならは、腸内でたまり、その後血液に溶け、皮膚や呼気から体外へ排出される。
そのため我慢し過ぎると口臭や体臭がきつくなることもあるので注意しよう。
人体の雑学 10

11.心臓が停止しても精子は3日以上生き続ける

心臓が停止し、血液の流れが止まると、脳細胞は2~3分ほどで死滅する。一方で精子は、少なくとも80時間以上耐えられると分かっている。
人体の雑学 11

12. 1日でまばたきする回数は平均して約15,000回ほどである

基本的に男性の方がまばたきの回数が多い。
1分あたりでは、男性は20回、女性は15回ほどである。
人体の雑学 12

13.人間の鼻は5万種類の匂いを記憶できる

人体の雑学 1

14.人間の血管を全てつなぎあわせるとその長さ10万km、地球2周半に相当する

人体の雑学 14

15.人間は1年でお風呂一杯分くらい(約400リットル)の唾液を作る

成人男性では、1日に1~1.5リットルの唾液が作られている。
一生では、25mプール一杯分になると言われている。
人体の雑学 15

16.人類は皆、どんなに清潔であっても、まつ毛に小さなダニを飼っている

肉眼では見えないが、顔ダニと同様のダニがまつ毛にも棲息している。
その人の清潔度によってまつ毛にいるダニの数は異なるが、多い人では400万匹近くいることが実験から明らかになっている。
人体の雑学 16

17.汗自体は無臭である。皮ふに付着しているバクテリアとの反応で汗は臭くなる。

人体の雑学 17

18.耳と鼻は一生大きくなり続ける

他の骨や筋肉と違い、耳や鼻にある軟骨は歳をとっても成長し続ける。
年をとると顔の筋肉が減り収縮していく一方で、耳、鼻は成長していくので、老人は耳や鼻が相対的に大きく見える傾向がある。
人体の雑学 18

19.青い瞳の人はアルコール依存症になりやすい

アルコール依存症の1200人を調べたところ、他のどの要因よりも瞳の色とアルコール依存症の関連性が高いということが分かった。
瞳の色を決定する遺伝子が、過度のアルコール摂取に関連する遺伝子に影響していると考えられている。
人体の雑学 19

20.もし人間の目をデジタルカメラに置き換えたとすると、画素数は5億7600万画素になる

現在のカメラの画素数は最大でも6000万画素程度である。
人間の目がいかに高性能であることが分かる。
人体の雑学 20

21.脳は体重の2%しかないにも関わらず、取り入れた酸素の1/4(約25%)を使用する

 

22.一生に心臓が送り出す血液は、2億3000万リットル。浴槽115万杯分になる。

1日に送り出す量は約8000リットルで、お風呂の浴槽400杯分にもなる。人体の雑学 22

23.人間の指は、最小で13nmの大きさまで感じ取ることができる。もし、人の指を地球サイズまで大きくすると、家や車の大きさまで感じ取れることになる

1nmは1cmの1000万分の1である。13nmより小さくなると、触っても何も感じることが出来ない。
人体の雑学 23

24.味を感じる舌の器官「味蕾」は、10日の周期で全ての細胞が新しくなる。

味蕾は他の細胞に比べて圧倒的に新陳代謝が早いことで知られている。
味蕾をつくる亜鉛が不足すると、味も感じにくくなることがある。
人体の雑学 24

25. 60歳になるまでに、味覚を感じる舌の器官「味蕾」は半分まで減少し、若いころと比べて味の違いがわかりにくくなる

人体の雑学 48

26. 1万人の1人の確率で、内臓の位置が反対になって産まれてくる人がいる

心臓や盲腸などが本来あるべき場所の反対にある人が1万人に1人の確率で実在する。
これは内臓逆位と呼ばれる、いわば奇形の一種とされている。
人体の雑学 26

27.もし小指を失えば、握力は元の50%しか出せなくなる

人体の雑学 27

28.人間の目は約10万色の違いを見分けることが出来る

人体の雑学 28

29.人体に含まれる鉄分は、全部合わせると7.5cmの釘と同じ量になる

人体の雑学 29

30.脳の細胞と神経細胞は唯一再生することが出来ない細胞である。一度ダメージを受けると、二度と新しい細胞に置き換えられることはない

最近ではこの定説に関して、異を唱える研究結果も発表されている。

31.あなたの爪は1秒間に1nm(1cmの1千万分の1)ずつ伸び続けている

1日0.08~0.12mm伸びると言われている。爪一枚が全て生え変わるには、約半年ほどかかるとされている。
人体の雑学 31

32.人体を構成する原子の数は7杼(じょ、10の27乗個、7,000,000,000,000,000,000,000,000,000)で、宇宙の星の数より多い

人体の雑学 32

33.バナナと人間のDNAの50%は一致する。

そして人間とチンパンジーのDNAは99%一致する。
人体の雑学 33

34.くしゃみの最大時速は160キロ、これは時速100キロの台風より早い

人体の雑学 34
→次のページがあります

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

記事が気に入ったらフォローお願いします!
→Twitter
→Facebook

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    すごいね

  2. By 匿名

    うん

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
by