日本のエビ図鑑!可愛くて格好いいの41種類

今回は川や沼に住む日本のエビ(淡水性のエビ)たちをご紹介します。

1.イリオモテヌマエビ

最大で2cmほどである。
名前の通り、西表島でしか見ることが出来ない。
体の色は透明で、赤色の小さなはん点がある。
日本のエビ 15

スポンサーリンク

2.ドウクツヌマエビ

体長は最大でも2cmほどである。
石垣島、与那国島、小笠原諸島、ハワイなどに生息してる個体である。
赤みがかった体色を持つ。
日本のエビ 22.1

3.ミゾレヌマエビ

体長は最大で3cmほどになる。
太平洋側では茨城県より南、日本海側では新潟県よりも南に生息している。
ミゾレとあるように、体全体に小さなはん点があるのが特徴である。
また、腹部には黒っぽい模様がある。
日本のエビ 7

4.ヒメヌマエビ

体長は最大でも2~3cmほどである。
北海道を除いた日本の河川に生息している。
体色は赤色で、白い横縞の入っている個体が多い。
日本のエビ 10

5.クラヤミヌマエビ

体長は最大で2cmほどである。
宮古島でしか見られない種類。
体色は透明で、赤色のはん点が見られる。
日本のエビ 13

6.オニヌマエビ

体長は最大7cm~8cmになる。
和歌山、鹿児島、沖縄周辺で見られる。
形が細長いこうらのようになっているのが特徴。縦に太くて大きな白い筋が見られる。
日本のエビ 2

7.サキシマヌマエビ

体長は最大3cmほどにまで達する。
沖縄周辺と台湾などの河川に生息している。
背中を見ると分かるように、暗褐色の独特の模様が特徴である。また、体色は透明である。
日本のエビ 8

8.ミナミオニヌマエビ

体長は最大3~4cmにまでになる。
国内では沖縄、宮古島などで、海外では台湾などで見られる種。
背中の部分には、黒色のはん点があり、はさみの先端は剛毛で覆われている。
日本のエビ 1

9.ツノナガヌマエビ

体長は最大3~4cmほどになる。
千葉、薩摩半島、屋久島、沖縄の周辺に生息している。
ナガツノヌマエビと同様に頭のツノが他のエビよりも長い。
日本のエビ 4

10.ナガツノヌマエビ

最大の大きさは3cmほどである。
沖縄周辺、台湾などの河川に生息している。
名前の通り、頭に長いツノを持っているのが特徴である。また体色は透明で、雄には腹部に赤色の縦縞がある。
日本のエビ 3

11.チカヌマエビ

最大でも体長は1.5cm以下と小さい。
沖縄周辺で見られる種で、海外ではフィリピン、マリアナ諸島などにも生息している。
体色は透明で、透けている赤色の内臓が特徴的である。
日本のエビ 21.0

12.マングローブヌマエビ

体長は最大でも2cmほどである。
主に沖縄周辺、海外では中国の河口域で見られることがある。
体色は透明に近い赤色。
日本のエビ 9

13.リュウグウヒメエビ

全長は最大で4cmほどになる。
沖縄周辺、また海外では台湾、フィリピンで見られる種である。
体の色は透明で、腹部に黒いはん点が見られることが多い。
日本のエビ 5

14.ミナミヌマエビ

体長は大きくなっても3cmほどである。
関西地方でよく見られる種である。
体色は透明であり、暗褐色のはん点がたくさんある。
日本のエビ 14

15.ヌカエビ

体長は最大3cmほどである。
北海道を除いた日本の河川に生息している種。
体色は透明で、同じ生息域のヌマエビよりも模様が鮮やかでない。
日本のエビ 20.0

16.コテラヒメヌマエビ

最大で全長は2cmほどになる。
主に奄美諸島、沖縄周辺とフィリピン、中国などで見られる。
日本のエビ 11

17.コツノヌマエビ

体長は2cm以下である。
石垣島と西表島だけに生息している。
体色は透明で、赤色の斑点と模様が見られる。
日本のエビ 18

18.イシガキヌマエビ

全長2cmほどである。
石垣島でしか見られない固有種である。
透明で、青色の模様が特徴である。
日本のエビ 16

19.トゲナシヌマエビ

全長は最大で4cmほどになる。
日本海側の島根より南に生息している。
背中の部分にかけて白い縦帯が入る個体が多い。
日本のエビ 12.0

20.ヤマトヌマエビ

体長は最大6cmほどまで達する。
日本全国でよく見られる種である。
体の色は透明で、黒っぽい斑点が縦に4本並んでいる。
日本のエビ 6

21.オガサワラヌマエビ

体長は2cm以下である。
小笠原諸島のみで観察されている種である。
黒色の斑点が多くあり、透明に近い体色である。
日本のエビ 17

22.ヌマエビ

最大で4cmほどになる。
日本全域の河川で見られる種である。
体色は透明で、腹部に大きな斑点や模様が入るものもいる。
日本のエビ 19

23.コンジンテナガエビ

最大で15cmに達する。
千葉、和歌山、鹿児島より南で見られるテナガエビの一種である。体色は黄褐色で、強靭なハサミを備えている。
この脚は、餌をつかんだり、仲間との争いに利用される。
水生動物や魚の死骸などの有機物を食べ、食べるものがいないと共食いもする。
日本のエビ 28.0

24.サラテテナガエビ

体長は最大で8cmほどである。
鹿児島より南に生息している種。
非対称の長い脚を持つ。体の色は淡褐色である。
日本のエビ 23.0

25.ウリガーテナガエビ

体長は5cmほどである。
宮古島にのみ生息するテナガエビの仲間。
体色は透明。
日本のエビ 33

26.ヒラテテナガエビ

体長は最大で9cmほどになるテナガエビの一種。
島根県より南の地域で見られる。
体色は茶褐色。太く長い脚が特徴的。
日本のエビ 27

27.ミナミテナガエビ

体長は10cmほどにまで達する。
日本国内では主に島根県より南の地域に生息している。
サラテテナガエビと異なり、脚は同じ長さである。また、体に3つの斜帯があるので他のテナガエビと簡単に見分けられる。
日本のエビ 24.0

28.パラエモン・シネンシス

体長は最大で4cmほど。
静岡、千島列島、サハリン島などで見られる。
色は透明で、頭の部分には黒っぽい模様がある。
日本のエビ 40

29.コツノテナガエビ

全長は10cmほどである。
鹿児島より南の地域で見られるテナガエビの仲間。
体色は褐色。長くて太い脚を持つ。
日本のエビ 31

30.テナガエビ

全長は9cmほど。
日本全国で見られるテナガエビである。
ハサミの部分には剛毛が生えている。
日本のエビ 34.0

31.オオテナガエビ

最大で6cmほどになるテナガエビの一種。
種子島よりも南でみられる。
体色は淡褐色。脚が長く、左右でその長さは非対称になっている。
日本のエビ 26.0

32.チュラテナガエビ

体長は最大でも3cmほどとテナガエビの仲間としては小型である。
石垣島、西表島、宮古島にしか生息していない固有種である。
体色は透明で、横帯が多数見られる。
日本のエビ 37

33.オニテナガエビ

体長は最大で28cmにもなる大型種である。
沖縄周辺に生息している。
台湾や中国では食用として利用されている。
体色は藍色で、脚は体よりも長くなる。
日本のエビ 38

34.カスリテナガエビ

体長は最大で8cmほどになる。
日本では石垣島、国外ではフィリピン、台湾などに生息している。
頭の部分にかすり模様があるのが特徴。
日本のエビ 32.0

35.スベスベテナガエビ

体長は最大で10cmほどになる。
種子島より南の地域に生息しているテナガエビの仲間である。
体の色は透明に近い。また、他のテナガエビと比べ、脚が発達していない。
日本のエビ 29.0

36.ショキタテナガエビ

体長は最大で8cmほどである。
西表島の固有種で、台湾や中国に分布するテナガエビから分岐した種だと考えられている。
日本のエビ 36

37.ネッタイテナガエビ

体長は最大で6cmほどである。
日本では沖縄周辺地域、国外では台湾やフィリピンなどで見られる。
体色は褐色に近い。体にはいくつかの黒っぽい帯が見られる個体もいる。
日本のエビ 35.0

38.ヒラアシテナガエビ

体長は最大で7cmほどになる。
沖縄周辺地域に生息しているテナガエビの仲間である。
非対称の長い脚を持つ。体色は褐色に近い色である。
日本のエビ 30

39.オハグロテッポウエビ

体長は2cmほどである。
沖縄周辺で見られる。
目はほとんど退化している。口の部分に、黒っぽい模様があることからオハグロと名付けられた。
体色は透明で、内部が透けて見える。
日本のエビ 41

40.スジエビ

体長は最大で6cmほどになる。
日本全域で見られる。
釣り餌や食用に利用されている。
体がほぼ透明で内臓が透けて見えるが、瀕死になったり、死ぬと体色は白く濁る。
正面から見ると複眼が左右に飛び出して見える。
日本のエビ 39

41.ツブテナガエビ

最大10cmほどのテナガエビの一種である。
生息地域は、沖縄周辺である。
鮮明な赤色の帯が入っているので他の種と区別がつきやすい。
日本のエビ 25.0
参考元:http://bit.ly/1TN8HLM
日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類102種(ネイチャーウォッチングガイドブック)、 誠文堂新光社、ISBN: 978-4416713501

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

記事が気に入ったらフォローお願いします!
→Twitter
→Facebook

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
by