偉人の名言集66選(科学者アインシュタイン編)

20世紀の最も優れた科学者、アインシュタインが遺した素晴らしい言葉、名言をご紹介します。

想像力は知識よりも大切だ。
知識には限界がある。
想像力は世界を包み込む。

 

どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか。

 

無限なものはふたつあります。
宇宙と人間の愚かさ。
前者については、断言できませんが。

 

身を切るような体験を通して、私達は学びました。
合理的に思考したからといって、社会生活に生じる問題がすべて解決できるわけではないということを。

 

知識はふたつの形で存在する。
ひとつは、本の中に生命のない形で。
もうひとつは、人の意識の中に生きている形で。
後者こそがとにかく本質的なものである。
前者は、絶対必要であるようにみえるが、たいしたことはないのだ。

 

知恵とは学校で学べるものではなく、一生をかけて身に付けるべきものです。

 

スポンサーリンク

私は誰にも何も求めないので幸せでいられます。
お金もどうでもいい。勲章も、肩書も、名誉も、わたしには何の意味もありません。
賞賛も欲しくありません。
私に喜びをもたらすただひとつのものは、仕事、バイオリン、ヨットを別にすれば、共に働いた人々への感謝だけです。

 

あなたは本当にそう思っているんですか?
他人によって永遠の幸せが得られるなんて。
いくらその他人がが最愛の男だったとしても。
私は自分自身の経験から、男というものをよく知っています。
だって、私もその一人なんですから。
男に期待しすぎてはいけません。
このことは、私にはよくわかっています。

 

動物と仲良くしなさい。そうすれば、あなたは再び快活になり、何事もあなたを悩ませることは出来ないでしょう。

 

何も考えずに権威を敬うことは、真実に対する最大の敵である。

 

神の前では、われわれは平等に賢く、平等に愚かです。

 

年老いて腰が曲がった者には、死は解放としてやってきます。
自分自身が年老いて、死を最後には返さなければならぬ古い借金のようなものだと思うようになった今、つくづくそう感じます。

 

観察したり、理解したりする喜びは、自然からの最大の贈りものだ。

 

道徳は、最も重要なことです。神にとってではなく、私達にとって。

 

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

 

この世界の運命は、この世界に値するものになる。

 

私達はいつか、今より少しはものごとを知っているようになるかもしれない。
しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。

 

自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見い出せない人は、単に不幸であるばかりでなく生きるのに向いていないと言えましょう。

 

自分の目でものを見、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。

 

偉大な人々は、常に凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。

 

数学は確かに良く出来ている。
しかし、自然は常に私達の鼻をつかんで引きずり回す。

 

核連鎖反応の発見が人類の滅亡につながるわけではない。
それはマッチの発明が人類の滅亡につながらないのと同じことだ。

 

学ぶこと、そして一般的に真実と美とを追求することは、われわれが一生涯子どもでいることを許されている活動範囲である。

 

ドイツのことわざを思い出します。
「人はみな、自分の靴のサイズで物事を計る」

 

信念は推進力としては役に立つが、調整器としては役に立たない。

 

大切なのは、疑問を持ち続けること。

 

すべての人は、目に見えない笛吹きの曲に合わせて踊っている。

 

私達が体験しうる最も美しいものとは、神秘です。
これが真の芸術と科学の源となります。
これを知らず、もはや不思議に思ったり、驚きを感じたりできなくなった者は、死んだも同然です。

 

われわれが正直に行動するのを許されているのは、産まれる瞬間と死ぬ瞬間だけ。

 

神聖な好奇心を失ってはいけない。

 

暴力が障害物を速やかに一掃してしまうことはある。
しかし、暴力そのものが創造的であると証明されたことは一度もない。

 

寛容であるということは、他者の行動や気持ちに無関心でいるということではありません。
そこには理解と共感がなければなりません。
最も大切なのは、個人に対する社会や国家の寛容さです。

 

死はいずれやってくる。それがいつかなんて、どうでもいいじゃないですか。

 

能力と意志がある人に、いかにして権力を与えるかという古くからの問題は、どんな努力をもってしても解決することが出来ないままです。

 

結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。

 

客観的に判断すれば、情熱的な努力によって人が真実からもぎとるものは、まったく無限小です。
しかし、この努力は自己という束縛から私達を解放し、私達を最も偉大な人々の一員にします。

 

教えるということは、こちらが差し出したものが辛い義務ではなく、貴重な贈りものだと感じられるようなことであるべきです。

 

精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければなりません。

 

蝶はもぐらではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。

 

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

 

私は先のことなど考えたことがありません。
すぐに来てしまうのですから。

 

専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり、判断したりする一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべきです。

 

思考とは、それ自体が目的である。音楽もそうです。

 

深く探求すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる。
人間の命が続く限り、常にそうだろうと私は思う。

 

科学の全体は、日常的な思考の精錬にほかならない。

 

野望やただの義務感からは本当に価値のあるものは生まれません。
それは、人や対象となる物への愛と献身から芽生えます。

 

仕事は人生に実質をもたらす唯一のものです。
とはいうものの、私達の達成することなんて、石鹸の泡のようなものに過ぎません。
私達は、みな二本足の獣で、サルの子孫なのです。

 

それでも、永遠なるものに関心を抱くのが一番いいでしょう。
というのは、それのみが人間社会に平和と平穏を回復させる精神の源だからです。

 

ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という。

 

このことわざには真実がある。
「人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことは難しい。」

 

人はみな、神や人類を満足させるために、ときには愚かさの生け贄にならなければならない。

 

人間性について絶望してはいけません。
なぜなら、私達は人間なのですから。

 

異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。
しかし、それが人生の中心事になっていはいけません。
もしそうなったら、人は道を見失ってしまうことでしょう。

 

世界について最も理解できないことは、世界が理解できるということだ。

 

賞賛による堕落から逃れる方法はただ一つ。
仕事を続けることである。
人は立ち止まって賞賛に耳を傾けがちであるが、唯一なすべきは賞賛から目をそらし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。

 

われわれが進もうとしている道が正しいかどうかを、神は前もって教えてくれない。

 

人間にとって最も大切な努力は、自分の行動の中に道徳を追求していくことです。
私達の内面的なバランス、そして存在そのものがそのことにかかっています。
行動に現れる道徳だけが、人生に美と品位をもたらします。

 

人は海のようなものである。
あるときは穏やかで友好的、
あるときはしけて、悪意に満ちている。
ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。

 

不運は、幸運とは比較にならないほど、人間によく似合っている。

 

海は形容しがたい壮大な姿をしています。とりわけ、日が沈む瞬間は。
そんなとき、自分が自然に溶け込み、ひとつになるように感じます。
そしていつも以上に、個人という存在の無意味さを感じるのです。
それは幸せな気分です。

 

人間の真の価値は、主に自己からの解放の度合いによって決まる。

 

人は現実に直面したとき、知性がいかに不十分であるかということをはっきりと知覚するに足るだけの知性は与えられているものです。

 

われわれは色々なことをするが、なぜそうするのかは知らない。

 

昨日は偶像視され、今日は憎まれ、唾を吐かれ、明日には忘れ去られ、明後日には聖人に列せられる。
唯一の救いは、ユーモアのセンスだけだ。
これは、呼吸を続ける限りはなくさないようにしよう。

 

人は、住まいである惑星よりも速く冷たくなりつつあります。

 

いいジョークは、何度も言わないほうがいい。

 

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

記事が気に入ったらフォローお願いします!
→Twitter
→Facebook
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
by