海に関して知っておきたい雑学29個

今回は海に関する基礎的なことから、意外なことまで、いろんな雑学をご紹介していきます。

1.海は、地球表面の70%を覆っている

1(出典:ja.wikipedia.org

地球の全面積は5億1006万km²。
一方で海の面積は3億6282万km²で、地球の全面積に占める割合は、71.1%となる。

スポンサーリンク

2.世界最大の海洋は太平洋であり、地球表面の30%を占める。

2(出典:guideme.jp

面積は1億5,555万km²で、日本も太平洋の周縁部にある。
 

3.海の平均温度は2℃である。

 

4.海の最も深い場所は、マリアナ海溝である。最も深いところで11km。

3(出典:gizmodo.com

最深部はグアム近くにあるチャレンジャー海淵と呼ばれるところで、水深はエベレストよりも高く10,911mである。

5.海の最も深い所の水圧は、50機のジャンボジェットが積み重なった状態と等しい。

12(出典:deepseanews.com

水深11kmのチャレンジャー海淵では、圧力が地表とくらべて1099倍高い。

6.私達の呼吸に必要な酸素の70%は海が作り出している。

5(出典:daily.jstor.org

酸素を作り出すのは、海に漂う植物プランクトンである。
それらは、地上にいる他の植物と同じように光合成を行い、酸素を生成している。

7.地球上に存在する水の97%が海にある。

24(出典:pics-about-space.com

8.海の平均深さは3.6kmである。

7(出典:oceanservice.noaa.gov

写真はカリフォルニア沿岸の水深2700m付近で見つけたナマコ

9.毎年60億kgものゴミが海に捨てられている。そのほとんどがプラスチック製品である。

8(出典:digipesa.ee

10.プラスチックゴミによって、毎年100万匹の鳥、1万匹の海洋哺乳類、そして数えきれないほどの魚が死んでいる。

28(出典:globalissuesbookcover.pbworks.com

11. 2050年までに海にあるプラスチックゴミは魚よりも多くなる。

20(出典:fantasticpixcool.com

アメリカだけで毎年3000万トンのプラスチック製品がつくられているが、リサイクルされるのはたった200万トンしかない。
ゴミの一部は海に埋め立てられたり、最悪の場合は不法投棄されたりする。

12.毎年約10万トンのオイルが事故によって漏出している。これは、およそ1年間で平均12件の漏出事故が起こっていることになる。

29(出典:sustainablemobility.cee.vt.edu

13.活火山あるいは休火山の75%が、太平洋の周囲を取り巻く環太平洋火山帯に存在する。

10(出典:ja.wikipedia.org

14.地震の90%が環太平洋火山帯で起こっている。

22(出典:volcanicisabel.wordpress.com

15.世界一長い山脈は海底にある。その長さは4万km。

4(出典:socratic.org

大西洋、インド洋、南太平洋の中央を走る大洋中央海嶺と呼ばれる海底山脈。地球の赤道一周の距離とほとんど変わらない。
ちなみに2番目に長いのは、南アメリカにあるアンデス山脈で7000km。

16.海底には300万以上の沈没船が残されたままになっている。(UNESCOの調査)

13(出典:en.wikipedia.org

17.バミューダ・トライアングルでは、他のどの海域よりも船や飛行機が行方不明になる事件が起きやすい。

14(出典:ja.wikipedia.org

フロリダ半島の先端と、プエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域で、100以上の船や飛行機、1000人以上が消息不明になっている。

18.アメリカ陸軍は、約30億トンの神経ガスとマスタードガスを1940年から1970年の間に廃棄したことを認めている。

15(出典:news.nster.com

それだけでなく、地雷やロケット、500トンの放射性廃棄物も廃棄したことが分かっている。

19.毎年、1万個の輸送コンテナが海で失くなっている。失くした中の10%に有毒化学物質が含まれ、それが海に流出している。

16(出典:prlog.org

20.大都市の75%が海に面している。

27(出典:citymetric.com

21.海の中でオシッコをしても、海は汚染されない。なぜなら、尿の95%が水であり、尿素に含まれる窒素は海洋ブランクトンのエサになるからである。

18(出典:businessinsider.com

P&Gの調査によれば、3分の2の人が今までに海の中でおしっこをしたことがあるという。
おしっこが環境に与える悪影響はほぼ無いと言っていいから、いくらでもして問題ない。ただし、プールや温泉では禁物だ。

22.カナダのハロルド・ハケット氏は、4800のボトルメッセージを海に流し、3000通の返事をもらった。

19(出典:quotesgram.com

ハロルド・ハケット氏は20年に渡り、手紙をビンに入れてカナダの海に流し続けている。
彼が流した4800通のボトルメッセージのうち、3100通に返信が届いた。返信先は、ロシアやアフリカ、オランダ、アメリカなどあらゆる国から来ている。

23.波の運動エネルギーのたった0.1%を利用できれば、全人類が消費する5倍のエネルギーをまかなえる。

9(出典:howtogeek.com

24.ヨーロッパとアフリカは、海でたった14kmしか離れていない。今後そこに世界最長の橋がかけられる予定である。

21(出典:ja.wikipedia.org

ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の最短距離は、スペインの南端からモロッコ北端へのルートである。この経路はジブラルタル海峡と呼ばれている。

25.世界の海には2千万トンもの金が存在する。

11(出典:youtube.com

海水中には極微量、濃度に換算して0.0000000006%の金が溶け込んでいる。海水1トンあたりでは0.0001g~0.002gの金があると考えられている。

26.クラゲは最も効率的な泳ぎ手である。他の遊泳する動物よりも酸素の消費量が48%少ない。

23(出典:perryponders.com

27.海は酸性に向かいつつある。1751年に比べ、酸性度が30%上昇している。

17(出典:i-fink.com

海の酸性度を計る尺度であるpHは、産業革命以後から現在までで0.1ほど減少している。このまま海の酸性化が進めば、今よりも150%酸性化すると言われている。
海の酸性化は生態系に大きな影響を与えると考えられており、特に貝類の絶滅などが心配されている。

28.南極では、アメリカの国土面積の2倍もの氷が溶けたり凍ったりを毎年繰り返している。

25(出典:climatecrocks.com

29.私達は世界の海のたった5%しか調査していない。海を探検すれば、まだまだ発見があるはず。

6(出典:imgur.com

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook