あなたの心を動かす興味深い・面白い雑学50選

あまり知られていない興味深い雑学を厳選してご紹介します。
全部で50の雑学・事実があります。

1.噴射すると服になるスプレーがスペイン人のファッションデザイナーによって開発された。

体の形に合わせて服が出来上がる。

27(出典:pinterest

スポンサーリンク

2.ピグミーネズミキツネザルは世界一小さなサルの種類。平均体長は6~7cmほどしかなく、体重も30gほどである。

2(出典:lazypenguins

3.カンボジアではハッピーピザという名前で、マリファナがトッピングされたピザが販売されている。

3(出典:isurvivedincambodia

4.ココナッツが落下して死ぬ人は、サメの襲撃で死ぬ人よりも15倍多い。

4(出典:commons.wikimedia

5.シンガポールには、ハグするとコカ・コーラが無料で飲める自動販売機がある。

5(出典:oddee

6.メキシコ、ドイツ、オーストリア、デンマークなどの国々では、逃げる途中で犯罪を犯さなければ、脱獄は違法ではない。(刑法に規定がない)

6(出典:1080.plus

7.アメリカ、テネシー州には世界一大きなツリーハウスがある。広さは1万平米で、10階建て。完成するまで11年かかったが、ほとんどが再生材のため建設費はたった120万円である。

7(出典:all-that-is-interesting

8.レインボーユーカリと呼ばれるカラフルな樹皮を持つ木が存在する。

8(出典:thinglink

9.鯉は一世紀(100年)以上生きる。最も長生きした鯉は「ハナコ」で、225年生きたとされる。

写真は225年生きたハナコ。

9(出典:fishlaboratory

10.Googleでは万が一にも従業員が死亡した場合、給料の半分が配偶者に10年間支払われる。また、配偶者の子どもは19歳になるまで1人あたり毎月10万円を受け取ることができる。

10(出典:pixabay

11.ロンドンには外からは見えないが、中からは外の風景が丸見えなトイレが存在する。

11(出典:twitter

12.中国では富裕層の間で、犬の毛を染めて他の生き物に似せることが流行っていた。

12.0(出典:pawshpal

13.フィジーには「ハート」型の島、タバルア島が実在する。

13(出典:blog.imonholidays

14.ウェスタンオーストラリア州には、ピンク色の湖(ヒラー湖)が実在する。

14(出典:whenonearth.net

15.アップルのAppStoreには、上限価格10万円(999.99ドル)のアプリが少なくとも7つ販売されている。

15(出典:commons.wikimedia

16.クルーズ船「ザ・ワールド」は、世界中を旅しながら永住できる客室をマンションとして販売している。1戸あたりおよそ2億円で、保全費だけで毎年2700万円かかる。

16(出典:en.wikipedia

17.世界一大きな人工の穴は、ビンガム渓谷銅鉱山であり、深さは1km、幅4km、東京ドーム4万2千個分の面積である(ユタ州)。

17(出典:toofutah

18.ハーバード大学には少なくとも3冊の人間の皮ふで装丁された本がある。

写真のカバーが人間の皮ふで出来ている。

18(出典:roadtripp

19.ヨッシーの本名はT・ヨシザウルス・クッパムンチャスである。1993年に発売されたキャラクターガイドで明らかになった。

19(出典:youtube

20.アメリカ、イリノイ州にはハンバーガー大学がある。そこでは、ハンバーガー学の学位が取得できる。マクドナルドの創始者、レイ・クロックが1961年に設立し、現在は5000人の学生がいる。

45(出典:mcdonalds.wikia

21. 2010年にイギリス在住、ナイジェリアの黒人カップルが、青い瞳を持ったブロンドの白人を産んだ。産まれた赤ちゃんは「ミラクルベイビー」とも呼ばれている。

21(出典:bossip

22.ドバイでは、高級車として知られるランボルギーニ、アストンマーティン、ベントレー、フェラーリが警察車として街を走っている。

22(出典:informationng

23.アメリカ、ニュージャージー州では防弾ベストを装着して犯罪を行うと刑が重くなる。

23(出典:en.wikipedia

24. 2014年初め、中国で1歳のチベタン・マスティフの子犬が2億円で取引された。

24(出典:businessinsider

25.キャンドル(ロウソク)は凍らせると2倍長持ちする。

25(出典:en.wikipedia

26.ベトナムには口から炎を吐くドラゴンブリッジが存在する(2013年に開通)。

26(出典:blogs.voanews

27.青い瞳は6千年~1万年前に突然変異で生まれたものである。それより前は、全ての人間が茶色の瞳をしていた。

1(出典:flickr

→次のページがあります

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
(最終更新:2016年9月7日)コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook
by