アフリカの最も美しい景色・場所50選

アフリカの美しい場所を50箇所厳選してご紹介します。

1.ヴィクトリアの滝(ザンビアとジンバブエ)

1(出典:thousandwonders.net)

滝の幅は1,708m、落差は108mで世界最大級。

スポンサーリンク

2.ボ・カープ(南アフリカ共和国、ケープタウン)

2(出典:huffingtonpost.it)

色彩豊かな石製の家屋が建ち並ぶストリートが有名な都市。

3.ルムシキロック(カメルーン)

3(出典:trekearth)

カメルーンの北部にある小さな町、ルムスキにあるい巨大な玄武岩。高さは1,224mになる。ルムスキの地形は、まるで月面のようだと言われており、訪れる多くの人を魅了している。これらの地形は、火山の噴火によって形成された。

4.ナイバシャ湖(ケニア)

4(出典:kifarusafari)

ケニアの首都、ナイロビの北西にある淡水の湖。たくさんの生き物が生息しており、その数は400種以上とされる。フラミンゴの巨大な群れが訪れることもある。

5.バオバブ街道(マダガスカル)

5(出典:funnylla)

マダガスカルのモロンダバ市近くにある道路で、バオバブの群生地となっている。その壮大な風景に惹きつけられ、世界中から観光客が訪れている。260mの道路区画には20~25本、高さ30mほどのバオバブが生育している。樹齢はおよそ800年と推定されている。

6.アブ・シンベル神殿(エジプト)

6(出典:en.wikipedia)

砂岩でできた岩山を掘って作った神殿である。2つの神殿があり、一つは太陽神ラーを、もう一つはハトホル女神をまつっている。彫像の一部は、エジプト第19王朝ファラオ、ラムセス2世(紀元前1314頃 ~ 紀元前1224年)である。

7.ヴォルカン国立公園(ルワンダ)

7(出典:destinationsafrica)

この自然公園は、マウンテンゴリラの楽園と呼ばれ、竹と熱帯雨林に囲まれた山の中には、数多くのゴリラが生息している。

8.アッベ湖(エチオピアとジブチ)

8(出典:plus.google)

エチオピアとジブチの国境上に位置する塩湖。湖岸からは蒸気が吹き出し、その成分がこのような奇岩を作り出している。

9.ギザの大ピラミッド(エジプト)

9(出典:en.wikipedia)

エジプトのファラオ、クフ王の墓として、紀元前2560年頃に建てられたピラミッド。最も高いもので、138.74m。平均2.5トンの石灰岩が270万個以上積み上げられている。

10.バンディアガラの断崖(マリ)

10(出典:pinterest)

人口25万人ほどのドゴン族が居住する標高500mの地域。世界遺産に登録されている。砂岩で作られた穴居住宅が特徴的である。

11.シャウエン(モロッコ)

11(出典:aklsalim)

モロッコの北西に位置する市で、人口は3万人ほど。軒を連ねる青色の家が特徴的である。

12.ザンジバル(タンザニア)

12(出典:happy-travel.top)

アフリカ東海岸のインド洋上にある島。人口はおよそ130万人ほど。美しい砂浜とサンゴ礁があることで知られる。

13.ブライドリバーキャニオン(南アフリカ共和国)

13(出典:travelhouse.makonda)

ムプマランガ州にある長さ25km、深さ750mの峡谷。最も高い点は、海抜1944mにもなる。峡谷のほとんどは、赤色砂岩から形成されたものである。

14.ホガール山地(アルジェリア)

14(出典:thousandwonders.net)

サハラ砂漠の中にある高地。標高平均は800m以上で、巨岩が立ち並ぶ独特な風景が見られる。

15.オカバンゴ・デルタ(ボツワナ)

15(出典:mikelentxokoa)

カラハリ砂漠にある、世界最大の三角州。面積は25万km2で、東京ドーム53万個分となっている。

16.フォンテインハス(カーボベルデ共和国)

16(出典:flickr)

火山性の島、サント・アンタンにある村。カルデラがたくさんあるため、地形の起伏が激しい。土地が悪いながらも、小さな集落があり、人口は282人となっている。

17.ゾッススヴライ(ナミビア)

17(出典:passport.weibo)

赤い砂丘に囲まれた粘土と塩のくぼ地。周囲には最大高さが380mにも達する砂丘がある。ここは水がたまりやすいため、砂漠の中でも生物が豊富に存在するオアシスになっている。

18.ガンビエ(ベニン)

18(出典:alex-maclean.tumblr)

ベナン南部の水上都市で、人口4万5千人ほど。アフリカのベネチアとも呼ばれている。家々の間の行き来は全て船で行われている。

19.ナマクワランド(南アフリカ共和国)

19(出典:80daysandcounting)

南アフリカの東海岸に、およそ1000kmにわたって広がる乾燥地域。早春になると、色とりどりの花が咲き誇ることで知られ、多くの観光客が訪れている。

20.トゥンダヴァーラ・ギャップ(アンゴラ)

20(出典:expoangolait)

標高2,200mの絶壁で、下には壮大な草原が広がっている。

21.ヤムスクロ(コートジボワール)

21-0(出典:commons.wikimedia)

コートジボワールの首都。人口36万人。世界最大の大聖堂として知られる、平和の聖母聖堂がある。約600億円をかけて建てられ、高さ158m、幅150m、15,000人を収容する。

22.シミエン国立公園(エチオピア)

22(出典:adsark)

エチオピア最高峰のラス・ダジェン山(4620m)を含む国立公園。世界遺産にも登録されている。ワイルドアイベックス、エチオピアオオカミなど、絶滅が危惧されている固有種が数多く生息している。

23.プララン島(セーシェル)

23(出典:abenteuer-reisen.de)

セーシェルで2番目に小さな島。広さは東京ドーム80個分。美しい海と海岸で知られ、リゾートホテルが点在している。

24.テーブルマウンテン(南アフリカ共和国)

24(出典:dumirocks)

アフリカ有数の都市、ケープタウンを断ち切るようにある断崖絶壁の山。標高は1,086mで、約3kmにわたり山頂が平坦になっている。

25.レトバ湖(セネガル)

25(出典:plus.google)

湖がバラ色であることから、ラック・ローズとも呼ばれている。このバラ色は、ドナリエラと呼ばれる藻が生成した赤色顔料である。この藻はこれを作ることで、エネルギーを生成している。湖がこのような鮮やかな色に変わるのは、乾季の頃で、その季節以外では無色である。

→次のページがあります

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook