最も高価な宝石(宝飾品)ランキングトップ20

今回は、高額な宝飾品をランキング形式でご紹介します。全20種類です。

20位.ヴィヴィッド・ピンク 11億8,000万円

1(出典:World Record Academy)

ピンクダイヤモンドはその希少価値のため、非常に高価な宝石である。生産量は普通のダイヤモンドに比べてわずか0.1%であり、天然物が産出される鉱山はごく一部に限られている。そもそも無色透明であるはずのダイヤモンドが、なぜピンク色を示すのかも科学的には明確になっていないのだ。

この指輪には5カラット(1g)のピンクダイヤモンドが使用されている。ピンクダイヤモンドの質は最高ランクで、ピンク色が最も強く、希少価値が高いとされる「ファンシーヴィヴィット」に分類されている。

ピンクダイヤモンドが配置されている台座には18金ローズゴールド、両脇には盾型の無色ダイヤモンドが1対あり、リング部分はプラチナ製となっている。

スポンサーリンク

19位.ウォリス・シンプソン・パンサー・ブレスレット 12億4,000万円

2(出典:The Jewellery Editor)

ウォリス・シンプソンは、元イギリス国王エドワード8世の妻であり、彼女は国王から様々な宝石を受け取っていた。それらが2010年になってオークションに賭けられ、その中でも大きな注目を集めたのが、この宝飾品である。

このブレスレットは、カルティエのデザイナーがパンサー(ピューマ)をイメージして製作したものである。ピューマのボディはダイヤモンドとオニキスから成り、2つの眼には特別にカットされたエメラルドがあしらわれている。

18位.エメラルドとダイヤモンドのティアラ 12億7,000万円

3(出典:therichest)

1900年頃に作られたティアラで、ドイツで最も成功した実業家のグイド・ヘンケル・フォン・ドナースマルクの妻が所有していた宝飾品。

このティアラを際立たせているのは、11個の希少なナシ型エメラルドである。エメラルドだけでもその重量は500カラット(100g)になる。それに加え、銀や金、微小なダイヤモンドと11個の巨大なクッション状ダイヤモンドがティアラを彩っている。

17位.ハート・オブ・キングダムルビーネックレス 14億円

4(出典:FinancesOnline)

このネックレスを製作したガラード社は、世界で最も長い歴史を持つ宝飾品会社であり、イギリス王室の戴冠用宝玉も代々保守し続けている。

このような背景を踏まえると、宝石のいかに質が高く、高価であるかということは予想できるだろう。

ネックレスの中央には、40.63カラット(8.13g)のビルマルビー。そして全体は、155カラット(31g)ものダイヤモンドで飾り付けられている。

16位.ブルガリ・ブルー 15億7,000万円

5(出典:List Ogre)

2色のダイヤモンドがついた斬新な指輪。リングの核となるデザインは、10.95カラット(2.19g)の三角カットブルーダイヤと9.87カラット(1.974g)の三角カットダイヤ。

ブルーダイヤは最上級品で、青色の濃さを示す分類で最高のファンシーヴィヴィットに分類されている。これら2つのダイヤモンドは、バゲットカットダイヤモンドが埋め込まれたゴールドリングに取り付けられている。

このリングは1970年に製作され、ヨーロッパのコレクターが妻のために1億円で購入した。その後2010年に、オークションに賭けられて、15億円で落札されることとなった。

15位.ショパール・ブルーダイヤモンド・リング 16億2,600万円

6(出典:Pasarella)

ショパールは、スイスの高級時計と宝飾品のメーカー。その名は国際的に知られており、品質はおりがみつきである。

ブルーダイヤは、宝石の中でも非常に希少な存在で、ホウ素が採掘される山で極わずかに採れるのみ。この青色は、ダイヤモンドにホウ素が混じりこむことで生まれた。

これに加え指輪には、三角カットダイヤモンドがブルーダイヤの両脇に2つ配置されている。さらにリングは、18Kホワイトゴールド製。リング全体には、微小なダイヤが散りばめられ、その豪華絢爛さは目を見張るものがある。

14位.グラフ・ヴィヴィット・イエロー 16億3,000万円

7(出典:ArtfixDaily)

グラフ・ヴィヴィット・イエローは、イギリスの大手宝石会社、グラフが所有する100カラット(20g)イエローダイヤの指輪である。

イエローダイヤのあまりの大きさにリングはあまり目立たないが、ゴールド製であらゆる所にダイヤが散りばめられた美しいデザインをしている。

この宝飾品は、イエローダイヤリングとして史上最高値を付けられた。元々このダイヤは、南アフリカから190カラット(38g)の原石を購入し、約9ヶ月に渡るカット工程を経て完成している。

13位.ハート・オブ・オーシャンネックレス 17億円

8(出典:thediamondauthority)

映画「タイタニック」にて、キャルドン・ホックリーが、婚約者でありヒロインのローズに送った宝石のイミテーションである。イミテーションではあるが、その価値は非常に高い。

ネックレスのブルーダイヤは15カラット(3g)で、バンド全体はダイヤモンドで装飾されている。

またこの宝石は、101歳のローズ役で出演したグロリア・スチュアートが、アカデミー賞にノミネートされた際に、装着して出席したことでもよく知られている。

12位.ブルーベル・オブ・アジア 17億3,000万円

9(出典:chicagotribune)

2014年にオークションにかけられたブルーベル・オブ・アジアは、史上4番目に大きいカットサファイヤ。サファイヤの価格としては、史上最高値である。

クッション状サファイヤの重さは、392.5カラット(78.5g)。ネックレスはゴールド製、全体がダイヤで覆われ、ダイヤの飾りふさが下に伸びている。あらゆる方向からキラキラとした輝きを放ち、身につければ注目の的になることは間違いない。

11位.1912 カルティエ・ダイヤモンドブローチ 17億6,000万円

10(出典:alaintruong)

非常に良質な複数のダイヤモンドからなるブローチである。1912年にパリの有名なワークショップで製作され、カルティエに提供された。

このブローチの大きな特徴は、3つの巨大なダイヤである。最も大きいのは、34カラット(6.8g)以上。それを補足するかのような楕円形のダイヤは23.55カラット(4.71g)、縦長のダイヤは6.51カラット(1.3g)ある。

10位.パーフェクト・ピンク・ダイヤモンド 23億2,000万円

11(出典:SuperCoolPics)

専門家によれば、0.2カラット以上のピンクダイヤは全ピンクダイヤ中の10%以下である。そのうえ、ピンクの純粋色を示すものは少なく、緑やオレンジが混ざっているのがほとんどだという。

ここまで高値がつけられたのも、この宝石が混じりけのないピンク色で、14.23カラット(2.84g)もあるからだ。香港で行われたオークションでは、宝飾品としてアジア史上最高値を叩き出した。

9位.ウィンストン・ブルー 23億8,000万円

12(出典:The Jewellery Editor)

この13.22カラット(2.644g)ブルーダイヤは、婚約指輪としてオークションに売りに出された。これまで、オークションに賭けられるブルーダイヤはほとんど10~12カラットであったため、この怪物級の宝石の登場は、入札者たちを沸かせた。

熱狂的な盛り上がりも手伝い、23億円という恐ろしい値段が付けられるに至ったのである。

8位.ショパール・201カラットウォッチ 25億円

13(出典:Wonder)

高級時計と宝石を長年取り扱ってきたスイスのブランド、ショパールが、これまでに培ってきた2つの異なる部門の専門的技術を結集させて作り上げた傑作である。

大小様々なダイヤ、合わせて874個が時計を彩っており、最も大きなダイヤは15カラットになる。また、駆動部には巨大なダイヤを3つ使用しており、ダイヤが時を刻んでいるといってもいいかもしれない。

7位.ハットン・ミドヴァニィ・ヒスイネックレス 27億4,000万円

14(出典:forbes)

アメリカの億万長者、バーバラ・ハットンやジョージア国の貴族ミドヴァニィ家など、数々の富豪たちが所有してきた、歴史あるネックレスである。

ネックレスは、27つのエメラルドグリーンのヒスイ玉からなり、また留め金部分は、プラチナ、ゴールド、ルビー、ダイヤモンドが使用されている。

6位.ダイヤモンド・ビキニ 30億円

15(出典:Accidents Planet)

これを着て水の中に入るというイメージしにくいかもしれないが、れっきとしたビキニである。ビキニは、150カラット(30g)分のダイヤモンドが装飾されたプラチナ製のワイヤーになっている。

2006年にアメリカの雑誌、スポーツ・イラストレイテッドで、モデルのモリー・シムの試着した写真が掲載された。彼女は見て驚き、履いてさらに驚いたという。ビキニは何も体を隠してくれないし、30億円もするビキニは高価すぎて全く落ち着かなかったのだという。

5位.ゾーイ・ダイヤモンド 32億6,000万円

16(出典:Pinterest)

2014年、美術品収集家であり資産家のポール・メロンの妻が、オークションでこの宝石を競り落とし、コレクションに加えた。

ゾーイ・ダイヤモンドは、最高クラスの9.75カラット(1.95g)ブルーダイヤである。落札価格は15億円前後だと予想されていたが、彼女の莫大な資産によって予想以上に価格は上昇し、結局32億円もの値が付くこととなった。

ゾーイ・ダイヤモンドは、ブルーダイヤモンドとして最も高額ではないが、1カラット当たりでは最高額となった。(3億3,000万円/カラット)

4位.グラフ・ピンク 46億2,000万円

17(出典:360fmtv)

グラフ・ピンクは、最高級宝飾品ブランドを立ち上げたハリー・ウィンストンがかつて所有していたコレクションのひとつである。

ダイヤモンドのピンク色は非常に珍しく、しかも24.78カラット(4.956g)と非常に大きかったため、オークションに賭けられれば40億円はくだらないと言われていた。

実際2010年にオークションに賭けられ、グラフダイヤモンドの設立者であるローレンス・グラフが予想額を超える46億円で落札した。

3位.インコンペアラブル・ダイヤモンドネックレス 55億円

18(出典:thejewelleryeditor)

世界一高価なネックレスであり、一つの宝飾品としては、407.48カラット(81.496g)と最も多くのダイヤモンドを使っている。それに加え、230カラット(46g)ものイエローダイヤがネックレスを彩っている。

このダイヤモンドは、1980年にコンゴで、ある少女が発見した。その後、数多くのディーラーの元を渡った。ダイヤモンドは4年間の研究し尽くされたのち、現在の形にカットされることとなった。

2位.ピンクスター・ダイヤモンドリング 72億円

19(出典:ritani)

2013年11月までは、4位のグラフ・ピンクが最も高額なダイヤモンドリングであった。しかし現在は、この59.6カラット(11.9g)のピンクダイヤに取って代わった。

このダイヤは宝石会社のデビアスが、アフリカのダイヤモンド鉱山から採掘した132.5カラット(26.5g)の原石であった。それが加工されて現在の形になった。

1位.ヴィッテルスバハ・グラフダイヤモンド 80億円

20(出典:Colored Diamonds)

元はバイエルン王国の王冠に収まっていた35.56カラットのブルーダイヤモンドである。2008年になってロンドンの宝石商ローレンス・グラフが23億円で購入した。

購入後、更なる輝きを得るために、彼は4.5カラット分をリカットし、ダイヤを新しい姿に生まれ変わらせた。

2011年、彼がこのダイヤをオークションにかけたところ、カタール王室の目に留まって80億円で落札されることになった。

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

記事が気に入ったらフォローお願いします!
→Twitter
→Facebook

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    すごい!うちもほしいなー。
    もしゲットしたらオークションに賭けるww

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
by