世界で最も足が遅い動物(ランキングトップ10)

今回は足の遅い動物をランキング形式でご紹介します。
参考にしたサイトは、Top 10 Slowest Animals in the Worldです。

10.コアラ 秒速447cm(時速16km)

10(出典:wikipedia)

オーストラリア東部の森の中に生息する有袋類。コアラは樹の上で暮らしており、1日18~20時間を休んだり、眠ってたりしているため、ほとんど移動はすることはない。

また、あまり目が良くないことや食べ物から得られるエネルギーが少ないこともあって、なるべく動かないようにしている。たとえ移動するのが遅くても、コアラはとても可愛いので、攻撃されることがないと分かっているのかもしれない。

スポンサーリンク

9.アメリカヤマシギ 秒速222cm (時速8km)

1(出典:Audubon)

「世界で最も飛ぶ速度が遅い鳥」と言われている。時速50km以上で飛ぶ鳥がほとんどである中、アメリカヤマシギの速度は時速8km足らずである。

アメリカヤマシギは森のヤブの中にひっそりと暮らす渡り鳥で、春になると繁殖のためにアメリカ等の北方地域に渡来する。体長は25~30cm、体重は140~230gほどである。

8.マナティー 秒速139~222 cm/s (時速5~8km)

2(出典:Pinterest)

海藻などを食べる草食の淡水に住むほ乳類で、体長は最大4m、重さは590kgになる。草食である上に体重が重いことから、スピードが遅いことには何ら違和感を感じないだろう。

マナティーは、時速5km~8kmほどのゆったりとした速度で泳ぐ。とてものんびりとしていて、その可愛らしい足ひれはあまり使わずに、じっとただよっていることが多い。またマナティーは浅い海を好んでおり、自分の体重にまかせてぷかぷかと浮かんでいる姿がよく見られる。

7.ゾウガメ 秒速76cm(時速2.7km)

4(出典:World Wildlife Fund)

遅い動物の代名詞的存在であるカメ。爬虫類の中でも最も足が遅い種である。

その遅さの理由は、重い甲羅と太い脚にある。カメの中でも最も遅いのがゾウガメであり、平均体重は300kg、全長は1.3mになる巨大な種だ。

その巨体にはたくさんの水分をたくわえており、水や食料が無くても1年は生きられるという。寿命は100年以上あり、それゆえか、先を急ぐことには重きを置いていないのかもしれない。

6.ロリス 秒速55cm(時速2km)

3(出典:Imgrum)

東南アジア生まれのサルの仲間。テニスボールのような大きな目と長い手が特徴的で、熱帯雨林に好んで生息している。

夜行性であり、ナマケモノのように樹上でほとんど体を動かさない。動かすとしても非常にゆっくりとしたスピードで生活している。また、ロリスは毒を持つ唯一のサルで、唾液から分泌した弱い毒を毛皮に塗り、捕食者から身を守っている。

5.バナナナメクジ 秒速8.3cm(時速0.3km)

(ナメクジ用塩の迷路)

9(出典:Pinterest)

人からはあまり好かれてはいない、ぬるっとした軟体動物。最大で30cm、体重115gに達することもある、ナメクジの中では巨大種。非常にゆっくりと体をくねらせながら移動する。最高時速は0.3km/hである。

4.ナマケモノ 秒速3cm(時速0.12km)

6(出典:Bustle)

その名前が示すように、世界で最も遅い動物の一種であるナマケモノ。最高速度は秒速3cm。

ミツユビナマケモノという種だと秒速6.7cmになるが、どんなに1日頑張って移動し続けたとしても、たった5.6kmしか進めないのだ。

3.ヒトデ 秒速0.89~2.7cm(時速0.03~0.1km)

5-0(出典:JoyReactor)

世界にはおよそ2000種類のヒトデがいて、その速度は種類によって変わる。平均的には、1秒で0.89~2.7cmしか進めない。

上の写真のヒトデ(レザー・スター)は秒速0.25cmである一方、下の写真のヒトデ(サンド・スター)は、ヒトデの中では最速で秒速4.7cmに達する。

5-1(出典:JoyReactor)

2.ヒメリンゴマイマイ【カタツムリ】 秒速1.3cm(時速0.05km)

7(出典:Pinterest)

カタツムリはよく見かけるので、いかに遅いかは容易に想像がつくだろう。最高速度でも1秒間に1.3cmしか進めないし、1分でも1mにさえ届かず(正確には78cm)、1時間努力して移動し続けてもたったの47mしか進むことができない。私たちが15分かければ1kmくらい歩けるが、彼らには21時間もかかってしまうのである。

1.タツノオトシゴ 秒速0.04cm(時速0.001km)

8(出典:lovethesepics)

全く魚には見えないが、れっきとした魚。世界には54種類のタツノオトシゴがいる。大きさは種類によって1.5cm~35.5cmと大きく変わる。

泳ぐ時は、背びれと胸びれを一生懸命、小刻みにはためかせるが、進む距離は1秒間でたった0.04cmとびっくりするほどに遅い。体は垂直に立てたままで、泳いで移動する。

(巨大種)

8-1(出典:lovethesepics)

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook
by