歴史上の非常に強力な兵器(ミサイル、原爆など)

世界の強力な兵器をご紹介します。全部で22種類あります。

1.マキシム機関銃

1(出典:Funnyjunk)

1884年にイギリスで開発された、1分間に600発射撃可能な全自動式機関銃。当時のボルトアクションライフル30丁分に匹敵する。

世界初の全自動式機関銃であり、これが戦場に革命をもたらした。この兵器を用いた700人のイギリス兵士が、数的有利にあった中国軍3000人を制圧した「上海の戦い」は、最も良く知られた話である。

スポンサーリンク

2.プンハート・フォン・シュタイア

2(出典:wikipedia)

15世紀のオーストリアで製造された世界最大の射石砲である。重量8トン、長さは2.5m以上。

砲身にセットされるのは、直径80cm、重さ690kgの石球。およそ15kgの火薬を用い、600m離れた敵めがけ射出したとされる。現在この兵器は、首都ウィーンの軍事史博物館に収蔵されている。

3.ツァーリ・プーシュカ

3(出典:Wikimedia)

美しい彫刻が描かれたこの大砲は、世界最大のカノン砲である。重さ38トン、全長5.34m。口径は890mmで、小さな弾を内部に多数詰め込んだぶどう弾を発射する。

モスクワで1586年に建造され、クレムリン宮殿を防衛する役目を負っていた。

4.マークⅠ

4-0(出典:Tanks)

マークⅠは、現在では戦車と呼ばれている、戦争に最適化された世界初の乗り物である。マークIは5つのマシンガンを備え、8人の兵士を乗せることが出来た。重さは28トンで、現在の戦車の半分程しかない。

マークI戦車を改良したナンバーⅡからⅩまで存在しているが、いずれもマークⅠの形状と似通っている。この巨大な戦車とその変異種は、開発国のイギリスやいくつかの国で、第一次世界大戦中に活躍した。

(迷彩柄に塗られたマークⅠ)

4-1(出典:Tanks)

5.巨大迫撃砲

5(出典:List25)

1832年にベルギーで建造された世界最大の迫撃砲。口径は975mm。
1832年のアントワープの包囲攻撃に利用されたが、それ以降は一度も使われていない。

6.カール自走臼砲

6(出典:War Thunder )

ドイツの軍事企業ラインメタルが第二次世界大戦の最中に開発した、世界最大の自走砲。城塞を破壊し、侵入することを目的に製造された。

ただこの戦車は、重量120トンと非常に重く、時速10km程度でしか移動ができなかった。また乗組員を21名必要とし物資も大量に必要だったことから、用途が限定され活躍の場は少なかったとされている。

7.80cm列車砲

7(出典:Sufficient)

この馬鹿でかい物体は、第二次世界大戦中にドイツが開発、製造した世界最大の列車砲である。フランス・ドイツ間にあるマジノ要塞を占拠するために設計された。

列車の全長は42.3m、高さは11.6m、砲身の口径は800mmである。射程距離は30~48km、発射速度は1時間に3~4発。砲弾1個が4.8トンと非常に重かったため、貨物列車で別途運ばなければならなかった。

そのうえ砲弾の操作に1400人、防衛・整備に4000人以上を必要とした。その威力は絶大なものであったが、かなりの大がかりで、使いづらく実力を発揮することは少なかった。

(砲身の大きさ)

8(出典:High Power Rocketry)

(列車砲に使われる800mm砲弾)

9(出典:wikipedia)

8.RPG-71

10(出典:Wikimedia)

現在でも広く紛争地域で利用されている対戦車用ロケット弾発射器である。その威力は個人が携行できるものとしては凄まじく、戦車をも破壊する能力を秘めている。

だが欠点として、発射時に砲身後方から激しいガス噴射が行われるため、敵に見つかりやすいことが多く、自殺兵器とも呼ばれている。

(反動を抑えるために噴射されるバックブラスト)

11(出典:Wikipedia)

9.P-270ミサイル

12(出典:wikipedia)

1984年にソビエトが開発した最高速度マッハ3(時速3700km)の超音速ミサイル。戦艦に装備し、90~250km離れた敵艦の破壊を目的とした。ミサイルの全長は9.7m、直径0.74m、重量は4500kg。

10.P-800ミサイル

13(出典:GlobalSecurity)

ソビエトで1985年から開発が始まった、P270ミサイルよりも高速かつ射程の長いミサイルである。

ミサイルはマッハ2.9からマッハ5.7(時速3580~4370km)で、300km離れた敵艦を狙い撃つ。ミサイル自体も軽量化しており、全長8.9m、直径0.7m、重量3900kgとなっている。

11.シャハブ3

14(出典:Variety Den)

イランの中距離弾道ミサイル。最大射程は約2000kmで、イスラエルを射程におさめる。1998年から2003年にかけて、試射が行われている。ミサイルの大きさは直径1.2m、重量990kg

(軍事演習:シャバブ3の試射)

15(出典:wikipedia)

12.アグニミサイル

16(出典:Tamil and Vedas)

インドで開発され、現在も改良され続けている大陸間弾道ミサイル。現在開発中の最新型アグニⅥでは、陸地だけではなく潜水艦から発射可能で、その射程距離は8000~10000kmと予想している。

13.ファットマンとリトルボーイ

(ファットマン)

17(出典:wikipedia)

ファットマンとリトルボーイは、戦時中に唯一使われた原子爆弾である。リトルボーイは1945年8月6日の広島市に、ファットマンは1945年8月9日の長崎にそれぞれ投下された。

これらの原子爆弾で長崎では約7万4千人、広島では約16万人が亡くなった。これをTNT爆薬に威力を換算すると、リトルボーイが1.5万トン分、ファットマンは2.2万トン分で、ファットマンのほうが1.5倍ほど強い。

広島のほうが原爆の威力が弱いにも関わらず、被害が大きくなったのは、市の中心街に爆撃されたためである。

(リトルボーイ)

18(出典:wikipedia)

14.B53

19(出典:Wikimedia)

長崎に投下されたファットマンの400倍の威力を持つ原子爆弾である。アメリカが1955年に開発した。

全部で350発生産されたが、アメリカとソビエトとの冷戦関係が終えんに向かったことで、2011年には全てが解体されて利用できなくなっている。

15.大規模爆風爆弾兵器(GBU-43)

20(出典:wikipedia)

原子力を用いないが、原爆に次ぐ凄まじい威力を持つ爆弾。2003年3月にアメリカ陸軍が試射を行い、この爆弾による爆風で、爆心地から137m圏内の街を破壊可能だと明らかにした。

この爆弾は長さ9.1m、重さ約9800kgで、8482kgの火薬が搭載されている。現在最新型で開発されており、それは13,000kgで以前より巨大なものだという。

16.全ての爆弾の父

21(出典:Cyberspace)

現状、原子力を用いない最強の兵器である。その威力は15番で紹介した大規模爆風爆弾の4倍である。ロシアが2007年に開発し、現在100本が製造されている。

内部には、TNT爆薬44トン分に相当する7トンの新型爆薬が詰まっている。この爆弾は、空中で爆発し、超音速の衝撃と極度の高温により周囲に被害を与える。

(「全ての爆弾の父」が生み出す爆風)

22(出典:wikipedia)

17.ツァーリ・ボンバ

23(出典:wikipedia)

人類史上最も威力の高い原子爆弾である。TNT爆薬換算では、約1億トン分。実際の出力はその半分に抑えられたが、それでも広島に投下されたリトルボーイの3300倍の威力を持っていた。

重量27トンのツァーリ・ボンバが作り出した火球は、直径7kmにもなった。しかもその核爆発は2000km離れた場所でも確認され、その衝撃波は地球を3周するほどだった。

(爆心地から161km離れた場所から撮影したツァーリ・ボンバのキノコ雲)

24(出典:wikipedia)

18.ニミッツ級航空母艦

25(出典:Wikimedia)

世界最大級の軍艦である。原子力を動力源とする航空母艦。化石燃料を使わず、23年もの間、燃料補給を必要としない。

全長は約330m、全幅は76.8m、出力は28万馬力である。また、航空機とヘリコプターを最大90機搭載可能で、乗員数も5000名を超える。さらに4基の射出機があり、飛行機を連続的に射出可能である。

19.YAL-1

26(出典:list25)

非常に強力なレーザーを搭載したアメリカの航空機。敵国から飛んできたミサイルをこのレーザーで加熱し、その能力を失わせることを目的とする。

この軍用機は、全面改造された超大型旅客機ボーイング747に、レーザーや管制システムを組み込んでいる。2011年に、YAL-1の開発は中止されたが、技術開発は継続されている。

20.MQ-9 リーパー

27(出典:wikipedia)

死神を意味する名前が付けられた軍用無人航空機。アメリカとイギリス、イタリア空軍が既に導入している。

武装型と非武装型があり、特に武装型は墜落されても操縦員に危険が及ばないことから、戦闘機の代替として期待されている。

21.トライデントⅡ

28(出典:wikipedia)

原子力潜水艦から発射される、8つの熱核弾頭を搭載するアメリカ製ミサイル。射程は11000kmで、太平洋・大西洋・インド洋のほぼどこからでもロシアを射程に収められる。

その威力は、広島に投下された原爆の30倍以上である。これを原子力潜水艦1艦に20基近く搭載している。

22.R-36

29(出典:onlygossip)

射程距離1万km、広島原爆の30倍以上の威力を持つ熱核弾頭を10個搭載したロシア製大陸間弾道ミサイルである。長さは36m、直径は3.2m、重さは211トン。

ロシアは冷戦終えん以来、徐々にR-36Mミサイルの数を減らしてはいるが、現在でも50基以上が配備されているとのことだ。

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

運営者連絡先: thought0221あっとyahoo.co.jp
何か問題がありましたら、こちらまでご連絡ください。早急に対処いたします。
また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook
by