ストリートビューに写った犯行現場と犯罪の証拠(画像)

今回は、グーグルストリートビューがとらえた犯行現場の写真や犯罪の証拠として役立った事例についてご紹介します。全部で19例あります。

1.自転車を盗んだひったくりを逮捕

(被害者と双子のひったくり)

(via Google map)

スポンサーリンク


2010年3月オランダ警察は、ひったくりの被害者が発見したストリートビュー写真から、双子の兄弟を強盗の疑いで逮捕しました。

被害者の少年(14歳)は、2009年9月に自転車に乗ってオランダ・フローニンゲ市の通りを走っていたところ、二人の男に自転車から引きずり倒され、現金2万3千円と自転車、携帯電話を奪われたとのことです。

その半年後の3月、被害者がたまたま犯行現場のストリートビューを見ていたところ、自転車に乗った自分と犯行直前の二人の男を発見。被害者はこの写真を、犯人の男たちが写っている証拠であるとして、警察に提出しました。

これを受け取った警察側は、この事件の調査を行うために、顔のモザイクを外したストリートビューの元画像をグーグルに提出するよう要請しました。

グーグル側もこの要請に応じたため、元画像からすぐに二人の男は特定され、逮捕にいたりました。

この事件は、グーグルストリートビューがオランダの犯罪捜査で使われた初めてのケースとなりました。

2.麻薬の取引と麻薬組織の摘発

(赤黒のジャンパーの人とその両脇にいるTシャツ姿の2人が売人)

(via Google map)

グーグルストリートビューが、ニューヨークのブルックリンの街角で麻薬取引を行う3人の男性を偶然にも撮影していました。

ここ、キングスランド・アベニューやジャクソンストリートは、麻薬の売買が数多く行われている場所と知られ、「麻薬密売人の聖域」と言われることもありました。

グーグルストリートビューで容疑をかけられた3人の男性は、いづれもヘロインの密売人であると特定され、その後のおとり捜査でさらに7人の密売人が逮捕されました。

こうして、グーグルストリートビューの写真がきっかけとなり、麻薬密売組織が摘発されました。

3.ストリートビューカーに銃を向ける男性と1歳の赤ちゃんの死

(via Google map)

(via Google map)

アメリカ・デトロイト市で、ショットガンのような大きな銃を持って家の玄関前でうろつく集団が、ストリートビューが発見されました。

ストリートビューの更新日時は2009年9月で、撮影された複数枚のうち1枚には、撮影者に向けて銃を構える男性の姿も撮影されていました。

ここで2ヶ月前に、1歳の少女が亡くなっている

(via Daily mail)

驚くべきことに、ここの家ではストリートビュー撮影の2ヶ月前、1歳の少女が洗濯物の中に埋もれて死亡する事件が発生しています。彼女の家族は、少女の死が不慮の事故によるものだったと主張しています。

(少女が亡くなった現場)

(via Daily mail)

事故当時は、叔母が少女の世話をしていましたが、用事のため外出して戻ってきたところ、少女がいなくなっていたと言います。

この事件は、最終的に不慮の事故として処理され、刑事訴追は行われずに終えんを迎えました。

写真に写っている男性が誰なのか、なぜ銃をカメラに向けたのか、そして悲劇的な事故との関連性については、一切分かっていません。

4.犯行現場にうろつく強盗

(via Google map)

2011年7月にアメリカ・オクラホマシティで、女性の家に男性二人が侵入し、1時間女性を拘束した上で、金目の物を奪って逃走しました。

犯人が判明しないまま3年の月日が経ったころ、彼女の隣人がたまたまグーグルマップを見ていました。隣人は、家の近所で銃を構えた二人の怪しい男性がいることを発見。しかもその写真の撮影日付は、事件のあった日だったのです。

隣人が、被害者の女性にこの写真を送ったところ、被害者の家に侵入し強盗を働いた男性二人で間違いないことが分かりました。

警察は、この情報から強盗二人の行方を探していますが、2016年時点で身柄の確保は出来ていません。

その他、詳細が分かっていない犯行に関連したストリートビュー

5.立ち小便、軽犯罪法の違反

(via Google map)

6.麻薬取引

(via Google map)

7.家宅侵入を試みる男性

(via Google map)

8.少年が年下の子どもに銃を向ける

(via Google map)

9.死体の盗難とみられる写真

(via Google map)

10.ビルの壁に落書き、器物損壊を行う人

(via Google map)

11.未成年の喫煙

(via Google map)

12.グーグルのストリートビューカーがロバをはねる

(via Google map)

13.後手に縛られた男性が警察の車で連行される

(via Google map)

14.注意看板を無視した車

(via Google map)

15.放火

(via Google map)

自転車の盗難

(via Google map)

参考・調査元:cbsnewsNYPostlfpress

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook