珍しい目の色など瞳の色で知っておきたい事(赤,黃,緑等)

今回は、瞳の色に関する興味深い雑学をご紹介します。

瞳の色の種類はどれくらいある?

瞳の色は人それぞれで、同じ色に見えてもわずかに異なることがあります。ですが、大別すると次の8種類に分けられます。

1.緑色(グリーン)

(via Wikimedia)

スポンサーリンク

2.青紫色(バイオレット)

(via art4search)

3.琥珀色(コハク、アンバー)

(via wikimedia)

4.青色(ブルー)

(via Pixabay)

5.灰色(グレー)

(via Wikimedia)

6.淡褐色(ヘーゼル)

(via Wikipedia)

7.茶色(ブラウン)

(via Wikimedia)

8.赤色(レッド)

(via wikipedia)

目の色はどうやって決まる?

主に「メラニン」と呼ばれる虹彩(こうさい)に含まれる色素が決定しています。

(図の緑色部分が虹彩)

(via wikipedia)

メラニンには、赤~黄色をしたフェオメラニンと茶~黒色のユーメラニンがあり、それぞれの含有する割合と量が、目の色を決定する大きな要因となります。(実際には、これ以外にも複数の要因があります。)

(瞳の色と色素の関係)

瞳の色

支配的なメラニン色素

茶色

ユーメラニン

青色

ユーメラニン

灰色

ユーメラニン

緑色

フェオメラニン

淡褐色

フェオメラニン&ユーメラニン

琥珀色

フェオメラニン

赤紫色

なし

赤色

なし

緑色の瞳について

緑色の瞳は珍しい

緑色の瞳を持つ人は、世界でたった2%しかいないとされています。世界人口が約75億人なので、およそ1億5千万人です。これは、ロシアの人口と同じくらいです。

そう考えると、緑色の瞳は特別でないと感じるかもしれません。しかし日本に限った場合では、めったに見かけることのできない珍しい色と言えます。

緑色の瞳の人はどこにいる?

(via wikipedia)

緑色の瞳の人たちは、北ヨーロッパや中央ヨーロッパに集中しています。ほとんどの地域で茶色の瞳が支配的ですが、上記の国では緑や青の方が一般的です。

たとえば、アイルランドとスコットランドでは、人口の86%が青色か緑色の瞳です。アイスランドにおいては、女性の89%、男性の87%が青か緑の瞳をしていることが明らかになっています。どの地域においても、緑色の瞳は女性の方が多い傾向にあります。

緑色の瞳の有名人

Adele(アデル)

(via Fan Forum)

イギリス出身の女性歌手。全世界で3500万枚以上のアルバムセールスを記録しています。

Emma Stone(エマ・ストーン)

(via Partage d’Images)

アメリカ出身の女優。父方の祖父がスウェーデン系。スパイダーマンやラ・ラ・ランドなどに出演。

エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)

(via 1843 Magazine)

イギリス出身の俳優。レ・ミゼラブル、博士と彼女のセオリーなどが代表作。

青紫色(バイオレット)の瞳について

青紫色の瞳はかなり珍しい

青紫色の瞳をした人はめったにいません。赤色と青色の瞳を持つ両親から産まれることが稀にあります。

また、メラニンが欠乏する病気である「アルビノ」にかかっている人が、この色になることがあるようです。

青紫色の瞳の有名人

エリザベス・テイラー(1932~2011年)

(via ClioMakeUp)

イギリス出身の女優で、ハリウッド黄金時代を代表する大女優。2度のアカデミー主演女優賞を受賞しています。

彼女の目の色は、光の当たり方によって青から紫に変わるため、純粋な紫色であるとは言えません。

琥珀色の瞳について

青紫ほどでは無いが、珍しい瞳の色

(via Pexels)

琥珀色の瞳は、ネコやイヌなどの動物によく見られる黄色っぽい目の色です。別名「オオカミの眼」と呼ばれることもあります。

人でこの色をしているのは珍しく、その人口比率は緑色と同じか、それ以下だとされます。アジアや南アメリカで見られることが多いです。

琥珀色の目は、リポクロームという特殊な黄色の色素が沈着することで、現れることが分かっています。

琥珀色の瞳の有名人

ニコール・リッチー

(via Rex)

アメリカ出身のファッションデザイナーであり、女優。

エヴァンジェリン・リリー

(via goodreads)

カナダ出身の女優。代表作はLOSTやホビットシリーズなど。

ダレン・クリス

(via fanpop)

アメリカ出身の俳優。テレビドラマ、glee/グリーが代表作。

茶色の瞳について

最も人口の多い瞳の色

(via wikimedia)

世界人口のおよそ55%以上(40億人)が、茶色の瞳をしています。どこかに偏在しているわけではなく、世界中のほとんどの人種、国において大多数を占めます。そして私達日本人の大半は、この色です。

ただし、同じ茶色でも地域によって明るさが異なる

日本や中国、韓国などの東アジアとフィリピン、タイなどの東南アジアでは、黒に近い茶色(焦げ茶orダークブラウン)が大多数を占めます。

(日本人に多いダークブラウンの瞳)

(via wikipedia)

一方で、ヨーロッパやイラン・イラクなどの西アジア、インドなどの南アジアでは明るめの茶色(ライトブラウン)がよく見られます。

(ライトブラウンの瞳)

(via wikipedia)

淡褐色(ヘーゼル)について

だいたい10人に1人くらいの割合

(via MSDN Blog)

世界的に見ると、淡褐色の目をした人はおよそ5~10%程度とされています。地域的にはアメリカやヨーロッパなどの白人種に多く、アフリカ、アジアにはほとんどいません。

また、ダークブラウンとブルーの両親から産まれてくる傾向が高いとされています。

一般的なヘーゼルの瞳は、複数の色を持つ

(via wikimedia)

ヘーゼルと分類される瞳は、明るめの緑と茶色のグラデーションを示すことが大半です。瞳孔(中心の黒い部分)周辺が茶色に近く、さらにその周りが緑色になります。この逆になる場合もあります。

そのため、琥珀色や緑色の瞳とよく間違われます。

ヘーゼルの瞳を持つ有名人

ケイティ・メルア

(via Their Beauty)

イギリス出身のシンガーソングライター。過去にヨーロッパの女性アーティスト部門で、CDセールスランキング1位を記録。全世界で750万枚以上を売り上げています。

タイラ・バンクス

(via AROGUNDADE)

アメリカ出身のモデル、女優。ナオミ・キャンベルに次ぐ人気の黒人モデルで、2009年度最も稼いでいるセレブ1位(30億円)にランクイン。

青色の瞳について

6人に1人の割合でいる

2006年の調査では、青色の瞳をした人は、全人口の約16.6%(約12億人)という結果が出ています。また、白人種の22.3%を占めています。

青色は劣性遺伝のため、茶色など他色の瞳の人との間に子供を産んだ場合、産まれてくる子供は青色にならない可能性が高くなります。

北および東ヨーロッパでは一般的な色

(via wikipedia)

ヨーロッパ、特にバルト海周辺の国々では、青色の瞳が他の色よりも一般的です(下記の表を参照)。

【各国の青色の瞳の人口割合(多い順)】

国名

人口割合

フィンランド

89%

エストニア

89%

アイルランド

57%

スコットランド

50%

イングランド

48%

ウェールズ

45%

ベルギー(成人人口)

28.9%

フランス(成人人口)

20.2%

アメリカ

16.6%

スペイン

16.3%

アルジェリア(成人人口)

2.6%

モロッコ(成人人口)

2.1%

チュニジア(成人人口)

1.2%

灰色の瞳について

灰色は青い目と近い関係にあり、メラニン量が多くなると、青ではなくこの灰色になります。

灰色の瞳の人はどこにいる?

ロシアやフィンランドなど北および東ヨーロッパが最も多い地域です。また北アフリカのアルジェリアにいるシャウィーア人によく見られる瞳の色となっています。

(シャウィーア人の子供)

(via tumblr)

灰色の瞳の有名人

アレックス・ペティファー

(via teen)

イングランド出身の俳優であり、ファッションモデル。

ミーガン・フォックス

(via makeup)

アメリカ出身の女優。代表作は「トランスフォーマーシリーズ」や「ミュータント・タートルズ」など。

赤色の瞳について

(via wikimedia)

極めてまれな瞳の色

全人口の0.001%(750万人)しかいないとされる最も珍しい瞳の色です。赤色になるのは、虹彩ではなく瞳孔(目の中心部)となります。

赤色の瞳は、メラニンが欠乏し、肌の色や髪の毛が白くなる「アルビノ」の中でも、重症化した場合にしか見られません。色素が無いため、血管の赤色がそのまま見えているのです。

その他:オッドアイ(虹彩異色症)

(淡褐色と茶色のオッドアイ)

(via wikipedia)

オッドアイは、左右の瞳の色が異なる症状を持つ人のことです。全人口の割合は、0.6%以下とされています。

この瞳の色は、生まれつきであったり、遺伝子疾患や緑内障、事故による虹彩の損傷で発生します。

オッドアイの有名人

ケイト・ボスワース

(via playbuzz)

アメリカ出身の女優。左側(右目)が淡褐色で右側(左目)が青色の瞳。

ミラ・クニス

(via lifeandstylemag)

ウクライナ出身の女優。映画「ブラック・スワン」や「マックス・ペイン」が代表作。瞳の色は、左側(右目)が明るめの緑色、右側(左目)が明るめの茶色。

参考・調査に使ったサイト:wikipedia

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
(最終更新:2017年2月24日)コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook
by