犬の年齢と人間の歳の比較&最も長生きした犬

犬は1年で人間にすると7歳分の年を取ると、かつては言われていましたが実際は異なります。もしこれがあっていたとしたら、たいていの犬は1歳で子どもを産めるようになるので、人間は7歳で子どもを産めるということになってしまいます。

実際には、犬は生まれて1年で、人間の15歳頃まで急成長し、その後はゆっくりと年齢を重ねていきます。一般的には、大きな犬ほど老化のスピードが早く、平均寿命が短くなります。

それでは以下で、犬の年齢と人間の年齢を比較した表をご紹介します。

犬の年齢⇒人の年齢への変換表

※小型犬は体重9kg以下、中型犬は10~22kg、大型犬は23~40kg、超大型犬は40kg以上。2~5列目が人間の年齢に変換したもの。

犬の年齢  小型犬 中型犬 大型犬  超大型犬
 1歳  15歳  15歳  14歳 14歳
 2歳  23歳  24歳  22歳 20歳
 3歳  28歳  29歳  29歳 28歳
 4歳  32歳  34歳  34歳 35歳
 5歳  36歳  37歳  40歳 42歳
 6歳  40歳  42歳  45歳 49歳
 7歳  44歳  47歳  50歳 56歳
 8歳  48歳  51歳  55歳 64歳
 9歳  52歳  56歳  61歳 71歳
 10歳  56歳  60歳  66歳 78歳
 11歳  60歳  65歳  72歳 86歳
 12歳  64歳  69歳  77歳 93歳
 13歳  68歳  74歳  82歳 101歳
 14歳  72歳  78歳  88歳 108歳
 15歳  76歳  83歳  93歳 115歳
 16歳  80歳  87歳  99歳 123歳

スポンサーリンク


見づらい方はこちらの下の画像をクリックすると拡大できます。

(via ailovei)

※データはこちらを参考にして作成

世界で最も長生きした犬は?

ブルーイ 29歳と6ヶ月と12日

(via wikimedia)

オーストラリアで1910年に生まれたオーストラリアン・キャトル・ドッグで、子犬の頃に畜産農家を営む飼い主が購入しました。

(↓一般的なオーストラリアン・キャトル・ドッグ)

(via wikimedia)

ブルーイはヒツジとウシを守ったり、追い立てたりする牧羊犬、牧牛犬として生涯働き、1939年の11月に亡くなっています。人間に換算すれば130歳後半にもなります。
※ちなみに人間の最長寿は122歳です。

この犬種の寿命が例外的に長いのではないかと、100匹のオーストラリアンキャトルドッグについて調査が行われました。結果から平均寿命は13.41歳で、同じ大きさの犬種と比べれば寿命は長い方でしたが、これほど長生きすることへの説明はできないままでした。

その他に長生きした犬(1位以降)

2位.ビーグル犬のブッチ 28歳と0日

(↓一般的なビーグル犬)

(via wikimedia)

生没年:1975~2003年、出身地:アメリカ

3位.ウェルシュ・シープドッグ犬のタフィー 27歳と317日

(↓一般的なウェルシュ・シープドッグ)

(via wikipedia)

出身地:イギリス

4位.ボーダー・コリー犬のブランブル 27歳と211日

(↓一般的なボーダー・コリー)

(via wikimedia)

生没年:1975~2003年、出身地:イギリス

5位.ラブラドールのミックス犬、アジャタント 27歳と98日

(↓一般的なラブラドール・レトリバー)

(via wikimedia)

生没年:1990~2016年、出身地:イギリス

6位.柴犬のミックス、プースケ 26歳と248日

(↓26歳のプースケ)

(via ibtimes)

生没年:1985~2011年、出身地:栃木県さくら市
「存命する最も長寿な犬」として2011年まで世界記録を保有していました。飼い主によれば、プースケは死ぬ直前まで元気で健康でしたが、亡くなる数時間前から急激に食欲を失い、呼吸困難におちいって息を引き取ったと言います。

7位.雑種犬のブクシ 26歳

(↓実際のブクシ)

(via Kubinyi/Facebook)

生没年:1990~2016年、出身地:ハンガリー
ハンガリー国内では、最も長生きした犬とされています。

8位.犬種不明、シュガー 24歳と360日

生没年:1952~1977年、出身地:アメリカ

9位.雑種犬のピッコロ 23歳と86日

生没年:1987~2010年、出身地:イタリア

10位.雑種犬のキャシー・T・ドッグ 22歳と29日

生没年:1991~2013年、出身地:アメリカ

※上記の記録はギネスレコーズなどによって公式に認定されたものだけなので、実際にはもっと長生きしている犬は多いと思われます。

世界ランカーの長寿犬は小型、中型犬が圧倒的に多い

長寿ランキングの21位までを犬の大きさで分類したところ、小型犬が10匹、中型犬が4匹、大型犬は0匹であることが分かりました(雑種など犬種が不明なものは除く)。

小型犬が圧倒していますが、1位、3位、4位に中型犬がランクインしていることから、犬種の影響も、もちろんありますが個体の食生活や生活習慣も大きな要因となっていると考えられます。

最も平均の寿命の長い犬種は?(1位~4位まで)

1位.ニューギニアン・シンギング・ドッグ 寿命15~20年

(via wikipedia)

この種はとても珍しい野生の犬で、現在では500匹前後しかおらず、絶滅寸前に追いやられています。シンギングドッグは、パプアニューギニアで元々飼われていた犬種だったのですが、それが人の手を逃れて野生に戻り、定着した種だと考えられています。

シンギングは「歌う犬」と呼ばれており、複数が集って吠えだすと合唱のように聞こえることで知られています。これは一匹一匹の声質が微妙に異なるため、複数匹が同時に吠えるとコーラスのように聞こえるからです。

動画:シンギング・ドッグの歌声

ちなみにシンギング・ドッグは中型犬で、体重は9~14kg、体高は31~46cmあります。

2位.チワワ 寿命10~18年

(via Wikimedia)

世界で最も小さな犬種であるチワワが第2位です。体重は1kg前後、体高も15~25cmほどしかありません。これまでに最も長生きしたチワワは、公式の記録では20歳と265日となっています。

3位.ジャック・ラッセル・テリア 寿命13~16年

(via Wikimedia)

イギリスで誕生し、オーストラリアでコーギーと交配されて改良されたのがこの犬種です。体重は7kg前後、体高は30cmほどで、強靭でたくましい肉体をしています。小型犬の中ではかなり運動能力に優れ、賢い犬として評判です。

4位.トイプードル 寿命12~15年

(via Liz Frutal)

純血種としては、日本で最も人気が高い犬種です。体重は5~8kg、体高は28~35cmほどです。プードル系は大きい犬種、例えばスタンダード・プードルでも平均寿命は12年で、比較的長いのが特徴です。

参考・調査元:List of oldest dogs

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
(最終更新:2017年3月9日)コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook