日本全国のゲテモノ料理集(変わりもの料理画像)

2016年9月7日

今回は、一般的に食べることをちゅうちょしてしまうような食材、ゲテモノ料理を、全国からご紹介していこうと思います。
ゲテモノ料理であるからといって、決してまずいと言うことではありません!

沖縄県

イラブー

イラブーとは「エラブウミヘビ」のことで、滋養強壮の効用があるとされており、高級食材として扱われています。
ゲテモノ料理 1

スポンサーリンク

チラガー

豚の頭の皮です。これに、酢味噌やからしマヨネーズを付けて食べると美味しいです。
ゲテモノ料理 2

ハブ酒

ハブを焼酎に漬け込んだ薬用酒です。滋養強壮の効用があります。
ゲテモノ料理 3

鹿児島県

カメノテ

エビやカニと同じ甲殻類で、磯の岩に付着しているフジツボの仲間です。塩水で茹でて、ピンク色の部分を食べます。
イカとエビと貝が合わさったような濃厚な味で、一度食べると病みつきになります。
ゲテモノ料理 4

ソテツミソ

本来有毒であるソテツの種子を使用した味噌です。
ソテツの種子には、サイカシンと呼ばれる有毒で発ガン性がある成分が含まれています。しかし、味噌の製造過程で、コウジカビによって分解されるので食用にしても問題ありません。
ゲテモノ料理 5

イソアワモチ

かたつむりの仲間です。
伊是名島で食べられている珍味です。刺し身で食べたり、味噌で煮て食べます。
ゲテモノ料理 70.0
以下は味噌煮の写真です。
ゲテモノ料理 70.1

宮崎県

もみじ

鶏の足の爪先の部位のことです。
ゲテモノ料理 6

サボテンステーキ

ウチワサボテンの皮とトゲを取り除いて焼いたものです。
少し酸味があり、オクラのような粘り気があります。
ゲテモノ料理 7

たらおさ

タラの胃や内臓、エラ部分を乾燥させた保存食です。
ゲテモノ料理 8

熊本県

コーネ

馬のタテガミ部分の肉の刺身です。ほとんどが脂身で、口の中で甘く溶けます。
ゲテモノ料理 9

佐賀県

わらすぼ

有明海のみに生息するハゼ科の魚です。
干物にして、酒の肴として食べられることがほとんどです。
ゲテモノ料理 10

ワケノシンノス

イソギンチャクの味噌煮です。
ゲテモノ料理 11.0
ちなみにイソギンチャクは以下の生物です。
ゲテモノ料理 11.1

メカジャ

太古から姿を変えていない「生きる化石」とも呼ばれるシャミセンガイを使った料理です。
味は二枚貝よりも濃厚で、甲殻類にも似た独特の旨みがあります。
みそ汁、塩茹で、煮付けにして食べます。福岡でも食べられています。

↓とれたてのシャミセンガイ
ゲテモノ料理 71.0
メカジャの塩ゆでです。
ゲテモノ料理 71.1

福岡県

シロウオの踊り食い

シロウオを生きたまま酢醤油などで食べます。
ゲテモノ料理 12

高知県

うつぼのタタキ

うつぼを炙り焼きにした刺身。他に唐揚げや鍋にも。
ゲテモノ料理 13
↓うつぼは、こんな生物です
ゲテモノ料理 13.1

愛媛県

とんかつパフェ

とんかつをトッピングしたフルーツパフェです。
ゲテモノ料理 14

みかんごはん

みかんジュースの炊き込みご飯です。
ゲテモノ料理 15

香川県

かまたまソフト

ネギと醤油をかけた釜玉うどん風ソフトクリームです。
ゲテモノ料理 16

さぬきうどんアイス

中にうどんとうどんだしが入っているアイスクリームです。
ゲテモノ料理 17

さぬきうどんバーガー

さぬきうどんをサンドしたご当地ハンバーガーです。
ゲテモノ料理 18

山口県

みかん鍋

オーブンで皮ごと焼いた山口大島みかんをそのまま浮かべて、野菜と一緒に煮る寄せ鍋です。
ゲテモノ料理 19

島根県

アメフラシ

海水に生息する軟体動物です。島根県の隠岐島で食べられます。

↓海に生息するアメフラシ
ゲテモノ料理 68.1 以下は味噌和えにしたものです。ゲテモノ料理 68.0

鳥取県

ばばあ

ばばちゃんとも呼ばれる深海魚の一種です。名前の由来は、顔が「おばあちゃん」に似ているからだそうです。
ちなみに、正式な和名は「タナカゲンゲ」です。鍋にして食べます。
ゲテモノ料理 20.0
→次のページがあります

スポンサーリンク