この断面すごすぎ!真っ二つにした色んな物を見てみると・・(断面画像)

今回は、様々な物のちょっと興味深い断面画像をご紹介していこうと思います。

1.ボール(野球)
野球ボールは、コルクとゴムを芯にして糸を巻き付け、それを皮で覆っています。
すごい断面画像 1

スポンサーリンク


2.ゴジラの断面
寿命2000年、体重16万4千トン、心臓周り18m、心臓の重さ100トン、1回の心拍動で送り出される血液量200万リットル、歩く速度30km/時
すごい断面画像 53
3.カメラレンズ(Tri-Elmar-M 28-35-50mmモデル)
すごい断面画像 3
4.エアバスA300
ミュンヘンにあるドイツ博物館に展示されているものです。スーツケースが1個ずつではなく、ボックスタイプのカートに載せられています
すごい断面画像 4
5.歯磨き粉
すごい断面画像 5
6.アロエ
アロエはヨーグルトでもおなじみで、葉の断面は多肉質でゼリー状です。
すごい断面画像 6
7.銃弾
すごい断面画像 7
8.ビリヤード台
すごい断面画像 8
9.ゴルフボール
1~3層の特殊なゴム製のコア部分とそれを覆うカバーで形成されます。
この層の数や素材によって、柔らかさや反発力が変化するそうです。
すごい断面画像 9すごい断面画像 9.1
10.手榴弾
中央は信管、この画像では空っぽですが、外部には火薬が詰められています
すごい断面画像 10
11.機械式計算機
すごい断面画像 11
12.二輪電気自動車
すごい断面画像 12
13.カラーコピー機
すごい断面画像 13
14.アンモナイトの化石
すごい断面画像 14
15.ジッポライター
一番下にあるのがオイル止めの役割を果たすフェルトパッドです。
もこもこのワタは、でオイルを染みこませる役割を果たします。
糸状の芯の部分は、オイルを毛細管現象によって発火石近くまで上げます。
すごい断面画像 15
16.九龍城砦の内部構造
九龍城砦は、香港・九龍に建てられていた巨大なスラム街のことです。1993年に取り壊されて、現在は公園になっています。

すごい断面画像 51
拡大したい方はこちら
かつての九龍城砦を上空から撮影した写真すごい断面画像 51.1
17.タバコ
葉たばこを乾燥させたものが見えています。
すごい断面画像 17
18.日産 GT-R (R35)
すごい断面画像 18
19.CTスキャン
基本的にはX線を発生させる線源とそれを受け取る複数のX線検出器から構成されています。
すごい断面画像 19
20.ボウリングボール
ボウリングボールの中身は、コアと呼ばれる複雑な形をした芯があります。これによって、回転数やボールの軌道が変化します。
すごい断面画像 20
21.榴散弾
破裂すると散弾が飛び散る仕組みの弾丸です。
すごい断面画像 21.03.6キロの榴散弾とそのケースすごい断面画像 21.1
22.ヒューズ箱
すごい断面画像 49
23.アイスホッケーとアメフトのヘルメット
すごい断面画像 23
24.水鉄砲
すごい断面画像 24
25.花火
内部の球が「星」とよばれ、空中で光る火薬です。
その間にあるのは「割薬」とよばれ、この星を勢いよく飛ばすための火薬です
すごい断面画像 25
26.ピストル
すごい断面画像 26
27.ヘルメット
すごい断面画像 27
28.Canon 1Ds & 400mmレンズ
すごい断面画像 28
29.エンジン
すごい断面画像 29
30.スイスの高級腕時計メーカー、パテック・フィリップの時計内部構造
すごい断面画像 30
31.レクサス・LFAトランスミッション
すごい断面画像 31
32.イギリス空軍のジェットエンジン
すごい断面画像 32
33.レースカーの内部
すごい断面画像 33
34.南京錠
すごい断面画像 34
35.17世紀に使われていた商船
すごい断面画像 35
→次のページがあります

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
(最終更新:2017年6月5日)コメント2
CATEGORY :

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    この記事にあるGT-R(R36)となってますが写真はR35の物です
    そもそもR36はまだ出てませんので訂正お願いします

    • By uti

      管理人です。
      大変ありがとうございます。修正させていただきました。

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

運営者連絡先: thought0221あっとyahoo.co.jp
何か問題がありましたら、こちらまでご連絡ください。早急に対処いたします。
また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook
by