世界で最も危険な道トップ23(画像)

世界中の命を落としうる非常に危険な道をご紹介していきます。
全部で23の道があります。

1.ユンガスの道(ボリビア)

1(出典:xtremnadian

ドライバーにとっては世界で最も危険と言われている道路である。
ボリビアの首都ラパスから約80km離れたコロイコの街をつないでいる。標高3600m地点にあり、道路のほとんどが細くジグザグ状に急カーブしている。

毎週のように死亡事故が発生して、1年で100~200人が亡くなった年もあった。そのほとんどは絶壁から落下したことが原因だ。
2006年に新道が開通し、現在はあまりに危険過ぎるため観光目的以外では利用されていない。

2(出典:seesomething

スポンサーリンク

2.A360リーナ道路(ロシア)

3(出典:dianliwenmi

ロシアに属するサハ共和国、ヤクーツク市の公道であり、自動車でヤクーツクに行くにはここを必ず通らなければならない。

2013年までは完全に未舗装の泥道であったため、雨が降った日の道路状況は最悪で、ぬかるみにはまって出られない車が続出していた。
また、あまりの道の悪さに100kmの渋滞が発生したり、車の中で子供が産まれるという事態も起こっていた。

2014年になって道路状況の悪い道が舗装され、1年中ヤクーツクへアクセスできるようになった。

4(出典:pablito79

冬になると道が完全に凍結して平らになり、かなり走りやすくなる。

5(出典:skyscrapercity

3.チベット&バングラデシュ道路(ネパール)

6(出典:frtofocus

エベレストに行く道の中で、ほとんど整備されておらず、身の毛がよだつような場所がいくつか存在する。それがここである。
エベレストのふもとにある小さな村にたどり着くには、ドライバーはこのような危険な道を通らなければならないのだ。

4.華山の登山道(中国)

7(出典:360doc

自動車道ではなく、徒歩でのみ登れる中国陝西(せんせい)省にある登山道。
華山は岩で出来た山のため、急な勾配と断崖が数多くある。

木製の厚板が登山道として申し訳程度に設置されているが、安全柵もないため、ここから落ちてしまう人も少なくはない。
危険性が高いからこそ、その分頂上についた時の喜びはひとしおだという。

2013年に華山のふもとから頂上までのロープウェイが開業したため、観光客は安全に崋山の頂上まで行けるようになった。

8(出典:classweb

5.郭亮(かくりょう)トンネル(中国)

9(出典:flickr

中国の太行山脈にある道路。
村人たちが村と外の世界をつなぐために、1972年から5年の歳月をかけて作ったものである。
大きさは長さ1200m、高さ5m、幅4mとなっている。
トンネルには様々な形をした30以上の窓があり、そこから断崖絶壁の景色を堪能できる。

10(出典:clubto

6.パズービオの道路(北部イタリア)

11(出典:trend

昔に作られた古代道路で、現在は登山道になっている。マウンテンバイク乗りが、壮観な景色や身の毛のよだつような絶壁を体感したいがためによく訪れている。

12(出典:doba

山道には簡易宿泊所があるので、車でこの急カーブ続きの道を登ってくる人もいる。

13(出典:veoverde

7.中国-ネパール道

14(出典:pixs

ネパールのラサからチベットのダム鎮までをつなぐおよそ800kmの国道。
道路は標高3500m~5000mの場所を通り、険しい山道を渡って行かなければならない。

15(出典:nash-mir.uol

↑写真はチベットのダム鎮市の様子。

8.ハルセマ道路(フィリピン)

16(出典:360doc

フィリピンのルソン島にあるコルディレラ峡谷を貫く道路。道路の始まりだけは舗装されているが、すぐに砂利道に変わる。
長さはおよそ150kmで、最も高い場所では標高2,250mに達する。

毎年何人かは、ガードレールのない数千mの崖から落下して亡くなっているという。
雨季になると、かなり道路状況が悪くなるため、通りぬけはほぼ不可能になる。

17(出典:kolyan

18(出典:kolyan

9.ステルヴィオ峠(イタリア)

19(出典:frecked

イタリア北部のスイス国境にほど近いアルプスの山中にある峠。
最も高い所で標高2757m、全長は20kmほどである。道路は非常に険しく、ジグザグ状の急カーブだらけとなっている。

20(出典:xishe.lofter

10.トロルのはしご段(ノルウェー)

21(出典:wikimedia

ノルウェーの国道61号の一部で、オンダルスネスの村へつながっている。
斜度10%の急な勾配と11個ヘアピン状カーブが観光客にかなり人気だ。
観光シーズンになると、毎日2500の車がこの道路を通り、頂上からの美しい景色や滝を観光する。

11.リーセヴィーガン道路(ノルウェー)

22(出典:taringa

ノルウェーにある27のジグザグ道が続く道路。途中にはトンネルがあり、そこにも3つのヘアピン状カーブが存在する。
およそ標高1000mのところにあり、この道路はヨーロッパの中でも指折りの美しい景色が見られる場所として知られている。

↓リーセヴィーガン道路の標高900mからの眺め

23(出典:taringa

12.フェアリー・メドーズまでの道(パキスタン)

24(出典:mountainsoftravelphotos

「妖精の草原」を意味するフェアリー・メドーズは天国のような場所であるが、そこに到達するまでの道はまるで地獄だ。
標高3000mを超える断崖絶壁に、1車線道路が延々と続く。
フェアリー・メドーズに近づけば近づくほど景色は美しくなっていくが、道はそれに反して険しくなっていく。

25(出典:versesofuniverse

下の写真はフェアリーメドーズで、世界で9番目に高い標高8125mナンガ・パルバット山のベースキャンプにもなっている。

26(出典:wikipedia

13.デオサイ国立公園の道路(パキスタン)

27(出典:friendsmania

デオサイ国立公園は世界で最も高い高原の一つと言われている自然公園である。標高は平均で4114m、東京ドーム6万個分の壮大な平原が広がっている。
公園を通る道路の途中には、神経をすり減らせるような吊橋がある。

28(出典:bestphotosite

同じ吊橋でもインドのバラパニ湖には、こんなのもある。

29(出典:wallpapertopfree

→次のページがあります

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント1
CATEGORY :

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By uti

    ※管理人より。ステルヴィオ峠について修正いたしました。

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook
by