信じられない麻薬の密輸入方法・18選

1.メキシコで押収された簡易型大砲

(via Mexicali Public Safety Department)

スポンサーリンク

この大砲でマリファナを発射し、メキシコーカリフォルニア間のフェンスを超えて、密輸入を繰り返していたとされる。砲身は一般的なプラスチックのパイプで、それに自動車のエンジンで作動するエアコンプレッサーが接続されていた。

この大砲は、最大13kgのドラッグを1度に発射することができたという。

2.豊胸手術で胸に詰めこんだドラッグ

(via Policia Nacional Del Interior)

飛行機でコロンビアからバルセロナ空港に到着したパナマ人の女性は、空港の警察官に呼び止められ、挙動不審であるとして身体検査が行われた。

すると彼女の胸には血がにじんだ包帯が巻かれていて、そこから何か怪しげな物体が飛び出ていた。女性はすぐに現地の病院に送られ、胸の中に詰められていた物は手術で除去された。その胸の中には1.4kgにもなるコカインが入っていたのだ。

3.バスルームにつくった地下トンネル

(via Alejandro Cossio)

メキシコのティフアナで、倉庫の浴室シンクの下に全長約200mに達する地下トンネルが見つかった。このトンネルは、メキシコからカリフォルニアの国境を超えてドラッグを密輸入するために掘られたとされる。

トンネル内は照明と換気システムが備え付けられていたが、開通することなく警察によって封鎖された。

4.投石機(カタパルト)

(via ScoopWhoop)

メキシコの麻薬カルテルから押収された装置で、小包に入れたマリファナをこれで射出し、国境のフェンスから先に運んでいた。動力は必要とせず、人力でヒモを引っ張って飛ばしていた。

5.車椅子

(via U.S. Customs and Border Protection)

19歳の少年が障害者を装い、車椅子でメキシコからアメリカへ入国しようとした際、シートの下にマリファナの袋が大量に見つかった。

6.自作の潜水艦

(via Toronto Star)

2010年にエクアドルで発見されたディーゼル駆動の潜水艦。これで1度に最大10トンのコカインを運搬することができた。

7.棒付きキャンディー

(via wikipedia)

麻薬取締官がニューヨークの空港で押収した棒付きキャンディーで、ゆるく巻かれた包装の中には全部で520gのヘロインが包まれていた。

8.家具

(via Dailymail)

2005年にイギリス東海岸の港で押収された家具。ベッドやソファの中に5トンの大麻が隠されていた。価格にすると約17億円分になる。

9.ネジ

(via AcidCow)

ペルー人の男性が、アルゼンチンのブエノスアイレスから南アフリカに大量のネジを運びこもうとしていた。だがアルゼンチンの税関により、小さなネジの中に合計20kgのコカインが発見され御用となった。

10.ズボン

(via Joe Monster)

64歳の中国人男性が、5kgのコカインをズボンにぬい付けてマカオに向かったが、身体検査で見つかり逮捕された。

11.アボカド

(via Dailymail)

果肉が取り出され、コカインが大量に入れられていたアボカドである。

12.プリングルス

(via Upcoming)

プリングルスの缶の中に、ポテトチップではなく、コカインの圧縮されたチップが入っていた。

13.ホースリール

(via 10News)

アメリカ/メキシコの国境で押収されたのは、ホースを巻き取るリールであり、その中には大量のマリファナが入っていた

14.犬の体の中

(via Ribalych)

【実際に腹部から取り出されたドラッグ】

(via PIXIMUS)

二匹のラブラドール犬を連れた飼い主が、犬たちの腹部にコカインを挿入し、コロンビアからイギリスへ密輸入を試みたとして、2004年に有罪判決を受けている。

15.ハト

(via Echo24)

クウェートで税関職員が発見したハト。ハトの背中にドラッグ入りのかばんをくくりつけ、帰巣本能を利用して目的地まで運ぼうと計画していた。

16.偽ニンジン

(via BOL No)

アメリカーメキシコ間を越えようとしたトラックには、ニンジンに似せた大量のマリファナ入りパックが積載されていた。密輸入者らは現行犯逮捕された。

17.スニーカー

(via US Customs and Border Protection)

テキサス州の空港の税関で発見されたスニーカーで、靴底のインソールに約600gのコカインが詰め込まれていた。

18.サメ

(via semar)

2009年、メキシコ海軍がユカタン州の港で冷凍サメ輸送船の検査を行った。そのサメの体内には、包装されたコカインのパックが大量に発見されたのだった。

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    鳩が成功率高そう

  2. By Atom

    犬とかサメとか鳩とか色々巻き込むなよ、特に犬に飲ませた後どうやって出すつもりだったか気になる

コメント投稿(E-mail、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

運営者連絡先: thought0221あっとyahoo.co.jp
何か問題がありましたら、こちらまでご連絡ください。早急に対処いたします。
また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook