不気味で怖い深海魚39選(変わった水生生物画像まとめ)

2017年5月13日

今回はとてもめずらしい水生生物たちをご紹介します。画像は40枚ほどあります。

1.デメニギス

深海生物 1 水深400-800mに生息する頭部のみが透明になっている不思議な深海魚です。
口の上に付いている目のようなものは、目ではありません。目は頭内部にあります。

スポンサーリンク

2.クシクラゲ

深海生物 2 深海生物 2.57色に光るクシクラゲは、ホタルのような生物発光ではなく、脚に付いている繊毛が光散乱を起こすことで7色に光って見えています。

3.サルパ

深海生物 3.

サルパは有機物を分解して身体中に炭素を濃縮したペレットを生成し、排出することで、海の底に炭素ペレットを堆積させる炭素循環の役割を担っている環境にやさしい生物です。

4ミツクリザメ

深海生物 4深海生物 4.5外見からしてとても恐ろしいサメですが、水深1300mととても深い場所に生息しているので、遭遇することもありませんし、人を襲うことはありえません。
日本の東京湾、駿河湾、相模湾などでも発見され、希少種でありながらも世界各地の環境に適応しています。

5.ウミグモ

深海生物 5.

海には蜘蛛がいないなんて思っていませんか?もちろん蜘蛛ではありませんが、蜘蛛に似ていて、もっと外見は怖いウミグモのような生物がいるのです。
怖いといっても毒はないので、人間には無害です。

6.ポンペイワーム

深海生物 6.

熱水噴出孔付近に生息している最も暑さに強い生物の一種として知られています。

7.ブロブフィッシュ

深海生物 7 ブロブフィッシュは、世界で最も醜い動物保存協会の投票により、世界で最も醜い動物No1に選ばれました。
しかし、地上で見れば潰れて醜い姿ですが、深海にいるときは、そこまでひどい見た目では無いとのことです。

8.オニイソメ

深海生物 8 深海生物 8.5この恐ろしい形相の生物は最大3mまで成長し、その長い身体を地中に潜めて獲物を待ち伏せ、補食します。

9.ハナガサクラゲ(Olindias formosa)

深海生物 9 ブラジルやアルゼンチンに生息する小さな魚や時には同種を捕食するクラゲです。
このクラゲの名前にはラテン語で「美しい」という意味があり、その優美さから花笠踊りにたとえられるほどです。

10.リーフィーシードラゴン

深海生物 10 タツノオトシゴの仲間で、藻に擬態した姿が特徴的です。
非常によく似た種類としてウィーディーシードラゴンがいます(下の画像)
ウィーディーシードラゴン

11.ヒノオビクラゲ

深海生物 11 水深200-800mに生息する多数の個体が集まった釣り鐘型のクラゲです。傘の内部が収縮し、水を押し出すことで移動します。

12.アトラクラゲ

深海生物 12 まるでUFOのような形をしたクラゲで、攻撃、威嚇するときに鮮やかな色で発光し、相手を驚かせます。また、このクラゲには22本の長い触手があり、獲物を捕獲しやすくしています。

13.サキャスティック・フリンジヘッド(Sarcastic Fringehead)

深海生物 13 深海生物 13.5海底に生息する獰猛な魚で、体長は約30cm程度です。ひとたび大きな口を開ければ、プレデターと見間違うほどの迫力です。

14.ガラスイカ(Glass Squid)

深海生物 14 この透明イカの種類は60ほどありますが、その中でも特別大きな種となっています。

15.シーバタフライ

深海生物 15 海の中を自然の流れに任せて漂ったり、その可愛らしい羽で自由に遊泳したりする海巻き貝の仲間です。体長は1cmととても小さいですが、透明な貝殻は炭酸カルシウムなので頑丈で、簡単には捕食されません。
貝の形は渦巻きだけでなく、針状、三角形、球形のものまで様々あります。

16.ピンクシーファンタジア

深海生物 16 深海に住むナマコの一種です。身体の中にある細長いものは消化器官です。

17.スクイッドワーム

深海生物 17 2010年にセレベス海の深海1700mで発見された新種の深海生物です。

18.Dinochelus

深海生物 18 ルソン島の深海250mの所で2007年に発見された深海に住むロブスター

19.ビーナスフライトラップアネモネ

深海生物 19 捕食方法がフライトラップ(食中植物)に似ていることから、このような名前が付けられています。たまたま近づいてきた魚をその触覚で閉じ込め、消化します。

20.マンボウ

深海生物 20 最近の調査では深海にもマンボウが生息し、海上で見せる姿は生態の一部にすぎないことがわかってきたようです。

21.クマムシ

深海生物 21深海生物 21.5

体長はたった1mm程度しかありませんが、とてもつもなく強い生物です。絶対零度から180度近くになっても死ぬことはなく、ほどんどの生物が死んでしまうような強い放射線を1000回以上照射しても耐えることができます。
また、まったく水が無い極度の乾燥状態にも10年程度は死ぬことがありません。さらには真空中でも死なないことから、クマムシは世界で唯一、宇宙で生存することができる生物としても知られています。

22.フラミンゴ・タン・スネイル

深海生物 22 貝殻のように見えるのは外套(がいとう)と呼ばれる部分で、実際の貝殻には鮮やかな黄色の斑点はありません。多くの人はこの貝を捕まえて、模様のない貝殻にびっくりするそうです。

23.Nudibranch

深海生物 23 ウミウシの仲間であり、類似した種が5000以上います。それぞれの種が独特な模様を有しています。

24.ダンボオクトパス

深海生物 24ディズニーのキャラクターにでてくるダンボの耳がこのタコに似ていることから名付けられたようです。

幼生のダンボオクトパス

深海生物 34

→次のページがあります

スポンサーリンク

動物

Posted by uti