中国に関する知っておきたい興味深い事実25個(雑学など)

2016年9月7日

今回は中国に関連した様々な事実を25個紹介していきます。

1.中国の人口は13.8億人で世界一であり、国土面積ではロシアに次いで第2位である。

1(出典:en.wikipedia.org

スポンサーリンク

2.中国は世界で最も兵隊が多い国であり、軍事費においてはアメリカに次ぐ。

2(出典:latimesblogs.latimes.com

中国の軍隊数は233万人であり、2位のアメリカ(149万人)、3位のインド(133万人)を大きく引き離している。
軍事費においても、約60兆円のアメリカに次ぎ、2位の20兆円となっている。
ちなみに日本はおよそ4兆円である。

3.中国に住む1億人が一日およそ100円以下で過ごしている。

3(出典:interrete.org

4.中国の死刑執行数は世界一で、毎年1000件以上にのぼる。

4(出典:factslides.com

2005年の調査ではアメリカの死刑執行数が60人に対し、中国では1770件であった。
ちなみに日本の2015年の死刑執行数は3人である。

5.中国では毎年、450億組の箸が使われている。

5(出典:inhabitat.com

ほとんどは木製の使い捨て箸であり、樹木に換算すれば2500万本にもなる。

6.中国は世界最大の輸出国であり、世界第2位の輸入国でもある。

6(出典:en.mercopress.com

2012年において、中国の輸出および輸入の合計貿易額は420兆円であり、アメリカの415兆円を追い抜いている。
中国の輸出額は246兆円であり、輸入額はアメリカ(258兆円)に次いで2位で、213兆円となっている。

7.紙幣が初めて考案されたのは中国であり、1400年前にさかのぼる。

7(出典:telegraf.rs

紙幣は7世紀頃の唐の時代に考案されたものであるが、11世紀の宋代になるまで実際には使われていなかった。

8.中国では、3000万人以上が未だに洞穴で生活している。

8(出典:pinterest.com

北京から南西に600kmほど離れた陝西省(せんせいしょう)の黄土高原に、洞穴住居で生活している人たちが多い。ここは、多孔質の土壌で崖が多いため、穴を掘るのが容易で住居が構えやすい。

9.中国では、パソコンにインストールされたソフトの78%が海賊版であった。(2010年の調査)

9(出典:askacommunitymanager.com

2005年は86%であったので、毎年少しずつ減少している。

10.中国では先天異常を持った赤ちゃんが30秒に1人産まれている。

10(出典:factslides.com

中国の急激な経済成長による環境汚染が原因で、ここ6年間で先天異常を持つ赤ちゃんは40%上昇した。
赤ちゃん1万人あたり、145.5人が先天異常を持って産まれてきている。

11.世界の靴下の1/3は、中国の諸曁市(しょきし)で作られている。

11(出典:factslides.com

毎年80億組の靴下がここで製造されており、世界の靴下生産量の1/3を占める。

12.中国では一人っ子政策により、毎年100万人の女児の中絶、数万人の女子新生児が親に捨てられていた。

12(出典:factslides.com

一人っ子政策は2015年12月27日に廃止され、2人目以上の子供を産んでも合法となり、戸籍に登録できるようになった。

13.中国ではプレイステーションの販売が違法だった。

13(出典:factslides.com

中国政府は青少年への悪影響を理由に、2000年から外国製ゲーム機の販売を禁止していた。
2014年になってその規制が解除され、中国でもPS4が購入できるようになった。

14. 2020年までに、中国では結婚できない男性が3000万~4000万人に達するとされている。

14(出典:forbes.com

15.中国の大学にはブラジャーについて研究する専攻がある。

15(出典:factslides.com

中国の公立大学、香港理工大学ではブラジャーに関する研究を行う専攻が存在する。
これは、中国最大のランジェリー製造会社、トップフォームの寄付により運営されている。

16.日曜日に教会に行く人は、ヨーロッパ全体よりも多い。

16(出典:bbc.com

中国にはキリスト教徒が6000万人近くいるとされている。
中国では日曜日に教会に訪れる人はかなり多く、その数はヨーロッパ全体よりも多いという。

17.中国ではごちそうとして、毎年400万匹以上のネコが食されている。

17(出典:nextshark.com

中国では猫肉が高級食材とみなされおり、1kgあたり3000円近くする。
食べているのは、ほとんどがお年寄りで、これまでの慣習から猫食を続けているという。

18. 2013年に中国ではチベタン・マスティフ犬をライオンとして展示していた。

18(出典:inlesa.ro

ラク河市の動物園では、アフリカライオンとしてチベタン・マスティフ犬を展示していた。
この動物園では、他にも誤った名前で展示された動物が見つかっている。

19.世界のブタの半分が中国にいる。

19(出典:1wallpaper.net

中国では毎年5億匹の豚が肉として出荷されており、これは世界出荷量の半分にあたる。

20.中国では、都市の地下水の90%が汚染されている。

20(出典:rt.com

21.中国には人口1000万人以上の巨大都市(メガシティ)が5つある。これは世界で最も多い。

21(出典:factslides.com

北京は1690万人、天津で1010万人、上海で2600万人、深センで1010万人、広州で2640万人いる。
ちなみに日本は2つあり、東京都市圏で3470万人、大阪都市圏で1680万人である。

22.世界中の動物園にいるパンダは全て、中国から借りているものである。

22(出典:factslides.com

23.中国では毎年60万人近くが過労死している。1日あたり約1600人にもなる。

23(出典:news.com.au

24. 1556年に中国で起きた華県地震は、最も死者の多かった地震であり83万人以上が亡くなった。

24(出典:631319416558902892.weebly.com

陝西省(せんせいしょう)で起こった地震で、マグニチュードは8.0と推測されている。
この地域では横穴式住居が多かったため、それらが地震によって崩壊し、被害が大きくなったとされている。

25.中国の一部地域では、ゴキブリのフライが食べられている。

25(出典:oggyandthecockroaches.wikia.com

ゴキブリの味や食感は、エビに似ているという。

スポンサーリンク



雑学

Posted by uti