豚や鶏など家畜が置かれている悲惨な環境について知っておきたいこと

お肉になるニワトリやブタたちはどんなところで、どんな毎日を過ごしているのだろう。普段は全く気にかけることがないと思う。今回は家畜の飼育環境について、アメリカを例にとってご紹介していこうと思う。

日本でもここまで極端ではないが、似たようなところが多い。

スポンサーリンク


卵用に飼育される95%の鶏が、バタリーケージという狭い飼育かごで一生を過ごす。一つのケージの中に5~10匹が押し込まれ、一匹あたりのスペースは20cm四方にも満たない。

そのあまりの狭さゆえ、ケージや隣のニワトリとこすれあって、羽毛が脱落したり、アザやすり傷が絶えない。

またストレスによるニワトリ同士のつつき合いが広がりやすいため、ヒナの時にクチバシを切断されることが多い。(日本では80%の採卵鶏で行われている。ほとんどが無麻酔)

メスのブタの多くは、妊娠期間檻といわれる振り向くことさえ困難なケージの中に押し込まれる。ブタは生後7ヶ月で妊娠可能になるため、このケージに入った後は、食肉として殺されるまで妊娠・出産・育児を繰り返すためだけに生きさせられる。

食肉用の鶏は品種改良のために、たった4ヶ月で野生種よりも3倍以上の大きさに成長する。急速な成長とその増えすぎた体重が原因で、心臓の病気にかかったり、歩行ができなくなったりすることが多い。

実際に3%が歩行不能状態になり、100匹に1匹が心臓の病気で死亡する。

乳牛用のホルスタイン種のオスは、メスと比べて価値がない。育てても意味がないので、子牛の時に殺され食肉にされる。

しかしメスの乳牛の場合でも、5~6年目で乳量が少なくなり乳廃牛となるため、殺されることに変わりはない。



ブタは出産間近になると、育児用の分娩枠に入れられる。そのケージは妊娠期間檻以上に狭く、前にも後ろにもスペースがない。立っているか、横になるかしかできない。

ブタは、出産の約1週間前から子どもたちが離乳する3~4週間の間中、この監禁状態に置かれることになる。

分娩枠が設置されるのは、本来なら出産前にブタが行う巣作りを制限するためである。野生のブタは出産間近になると、最適な出産場所を探して数km以上歩くことがある。

飼育されているブタでも同様の営巣本能が働き、落ち着かなくなる。他のブタを傷つける可能性があるので、ケージに収めることが必要になるのだ。また、商品となる子供を傷つけてしまうこともあるからなおさらだ。




子牛は生まれてからたいてい数時間以内に、母親の元から連れ去られる。

離されることが原因で、病気になったり、エサを食べなくなって体重が減ったり、何日間にも渡って悲痛な鳴き声を上げ続けたりすることがある。


卵を採る採卵鶏とは異なり、肉用のブロイラーは倉庫のような大規模で密閉された鶏舎の中で放し飼いにされる。一つの鶏舎で最大2万匹が飼育され、1m四方の空間に16匹前後と過密状態になっている。

過密飼いため、鶏は強いストレスにさらされると同時に、ぶつかりあってケガをしたりすることが多い。殺し合いが起こることもあるので、採卵鶏と同様にクチバシの切断を行うこともある。




自然の状態なら子豚は、独り立ちするのに12~15週間かかるにも関わらず、だいたい3週間ほどで親元から離れさせられる。その後、麻酔なしで去勢と断尾が行われる。

断尾は、ブタが仲間のしっぽを噛み千切ってしまわないようにするためで、去勢は肉に付いてしまうオス臭さと攻撃性を除去するために行っている。

その後6ヶ月間ほど小屋の中で過ごし、市場に売り出せる体重に達すると、トラックで運ばれ殺される。

参考リンク:養鶏, 養豚, ブロイラー

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    だからきちんと捨てる事の無いよう
    食べてあげるべきだと思います

コメント投稿(E-mail、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

運営者連絡先: thought0221あっとyahoo.co.jp
何か問題がありましたら、こちらまでご連絡ください。早急に対処いたします。
また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook