動物に対して行われる衝撃的な手術

お金稼ぎや見栄えのため、あるいはその動物自身のために行われているショッキングな手術をご紹介していこう。

1.クマの体に穴を開けて胆汁を取り続ける(熊胆)

【狭いケージに押し込まれて胆汁をとられるクマ】

(via wikipedia)

スポンサーリンク


クマの胆のうから採れる胆汁(熊胆)は、中国発の漢方薬として数百年前から処方されてきた。これを飲めば痔や喉痛、打ち身、ねんざ、解熱、視力向上、二日酔いなど様々な症状に効果があるとされている。しかし現代医学において、熊胆にいかなる薬効も見つかっていない。

それにも関わらず、現在でも1万2千頭ものクマが、熊胆のため農場に監禁されている。

残酷な熊胆の採取方法

【拷問ベストを付けられたクマ】

(via Scribol)

熊胆の取り方は複数あるが、いづれの方法も胆のうがある皮膚の位置に穴を開け、管を挿入し抽出している。多くの場合、クマが処分されるまでその管は入れっぱなしである。上の写真のように管とつながった拷問ベストを着せられ、そのベスト内に熊胆が貯められるようにしたり、そのまま管をむき出しにした状態にされることもある。

【極狭のケージで一生を過ごすクマ(ベトナム)】

(via wikimedia)

また農場のクマたちは、採集時に立つことも、座ることも、寝返りもうてないほどの狭いケージに押し込められる。場合によっては採集時だけでなく、一生そのケージ内で監禁されることもあるのだ(最高30年)。

これらの残酷な行為が、どれだけクマに肉体的・精神的苦痛を与えているか容易に想像できるだろう。それを示すように、農場で飼育されているクマの平均寿命はたった5年しかない。普通なら25~30年だ。また管を通す外科手術および不適切な手術後のケアにより、50~60%のクマが合併症にかかって死んでいる。

【熊胆の入った酒】

(via wikipedia)

クマ1匹から採れる一日の熊胆は、数十mlにしかならない。そのため非常に希少で、1kgあたり300万円以上の価格がつけられる。年間の生産量は7000kg以上とされるが、漢方薬として使われるのはごく一部で、残りの多くはシャンプーや歯磨き粉、ワイン、お茶など、本来は熊胆を必要としないものだ。

これらの熊胆製品の取引額は、年間2,000億円に達すると見積もられており、容易にこの慣習を廃止できない規模のビジネスになっている。

2.胃に穴を開けられるカニューレ装着牛

(via theodysseyonline)

カニューレという穴の開いたプラグを装着されたウシは、病気になったウシを助けたり、ウシに最適な飼料の研究などに役立っている。カニューレの装着は、健康なウシに限られている。

その穴の部位は、食べた物が最初にため込まれる第一胃で、そこに局部麻酔を行い、ドリルで穴を開けてカニューレを挿入する。

(via wikipedia)

麻酔が効いているため、手術中にウシが痛みを感じることは無いという。この穴は一度開けたら一生開いたままだが、専用のフタがあるため、使用時以外はフタで閉じられる。

手術から4~6週間経て傷が癒えれば、カニューレ装着牛は他の動物の命を救う役目を担うようになる。健康なウシの胃には、ビタミンやミネラルを生成する微生物を豊富にいて、それが消化器系の調子が悪いウシやヒツジ、ヤギに対する治療薬となるのだ。

【胃の中に手を入れても、ウシが痛みを感じることはない】

(via The Frringo)

胃の内容物を与えられた病気の動物たちは、腸内環境が整って食欲やミルク量が回復する。

また装着牛はウシの栄養学的研究にも役立っている。ウシが食べた物を胃から直接採取するため、消化器系に食物が与える影響を容易に調査できる。

3.犬の断耳

(via Pixabay)

ドーベルマンと言えば、写真のようにピンと立った耳を想像するかもしれない。だが生まれつきこうであったわけではない。ただ見栄えを良くするため、人の手で耳を切り落とした姿なのだ。

【断耳を受けていないドーベルマン】

(via Motivational HD Wallpapers)

断耳は紀元前数世紀頃から行われている慣習であった。断耳をすると耳の感染症にかかりにくくなり、耳を怪我しにくくなると信じられていた。また聴力が向上するとも言われていた。

一部の人たちはこの効用を現在でも信じているが、現代医学においてこれらのメリットを肯定する研究結果は存在しない。断耳は、単に飼い主が好む外見にするための手術となっているのだ。

【断耳を受けたドーベルマンの子犬】

(via Wikimedia )

むしろ感染症については、手術後の合併症によって引き起こされやすくなる。また切断された耳は、好ましい位置に立たせるために包帯で強く固定し、毎週巻き直す必要があるため、その度に犬に痛みを与える。もし手術で耳を立てることに失敗すれば、再び断耳が行われ、感染症のリスクはさらに上昇し、より苦痛が増すことになる。

4.エビの目を切り取る眼柄除去

(via animalsaustralia)

メスのエビの突き出た目(眼柄)を切り取ることで、卵巣が発達し、卵の生産量が増加することから、世界中のエビ養殖場で行われている。エビの眼柄には、生殖抑制ホルモンを分泌する部位がある。自然環境ではこのホルモンの分泌量を変化させ、繁殖期とそうでない時期をコントロールしている。

だが養殖環境では、エビにストレスがかかりやすいため、常にホルモンレベルが高くなり、卵巣の発達が起こりにくくなる。それを防ぐため、分泌腺のある眼柄を取り除く。こうすることで抑制ホルモンが分泌されず、たくさんの卵を産むようになる。

【眼柄除去】

(via Let Fish Live )

ウシエビなどの一部の種では、眼柄が切除されても数ヶ月で再生する。しかし再生後に、エビの視力が元通りになっているのかは分かっていない。またある研究では、エビは痛みを知覚することが示唆されているため、残酷な施術をやめるよう訴えている団体もいる。

5.ヒツジのお尻の皮膚を切り取るミュールシング

【気分を害する画像のため見たい方はMulesingで検索】

(via DyeingHouseGallery)

ミュールシングは、オーストラリアで羊毛用に品種改良されたメリノ種に対して行われている。本種は皮ふにシワが多く、肛門周りが厚い羊毛に覆われているため、そこに排泄物がたまりやすい。これがハエを呼び寄せてしまう。

【羊毛用に生み出されたメリノ種】

(via Jean/flickr)

そこにハエが卵を産みつけることで、ウジ虫が繁殖する。こうして寄生されたヒツジは、皮ふや肉を食い破られ、たった数日で死んでしまうことがあるのだ。

【ミュールシング専用のハサミ】

(via farmco)

それを防ぐために開発されたのがミュールシングであり、肛門周りの皮ふを切り取ってしまうという方法だった。皮ふを切り取った部分はシワがなくなり、毛が生えにくくなるため排泄物が蓄積されず、ハエが寄り付かない。

だがこの方法は、麻酔をほとんど使わず、傷痕の治療なども行われない。そのこともあって、動物愛護の方面から激しい批判を浴びている。動物愛護団体の圧力により、H&Mなど多くのファッションブランドが、ミュールシングの羊毛使用を中止することになった。

【ミュールシングを受ける台】

(via fsme)

現在は、よりハエを引きつけにくい品種への改良、でん部への殺虫剤、チャノキ油散布など様々な代替法が誕生しており、徐々にミュールシングを受けるヒツジの数は減少している。

スポンサーリンク

動物

Posted by uti