左利きに関する意外と知らない雑学集

2016年9月7日

左利きに関していろいろな雑学をご紹介します!

世界の10%の人が左利きである。

 

人間のみならず、ネコ、ネズミも90%が右利きである。

 

ナポレオン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、アインシュタイン、ニュートン、ビル・ゲイツ、バラク・オバマ、ジミー・ヘンドリックスなどが著名な左利きの人物である。
Napoleon

スポンサーリンク

左利きは世界人口の10%足らずであるが、統合失調症の4割は左利きである。

 

8月13日は、「左利きの日」として1996年に制定された。

 

左利きの人は食べ物を左側で噛む傾向が強い。右利きも同じように右側になりやすい。

 

毎年2500人以上が、右利き向けに作られた製品で亡くなっている。主に電動ノコギリによる死亡事故が多い。
ManSawhorse

 

左利きは右利きより、3年ほど寿命が短い。

 

IQ140以上の人は、左利き人口が少ないのにも関わらず、右利きよりも多い。
Einstein-Head

 

未熟児は左利きになりやすい傾向がある。

 

同性愛者の39%が左利きであり、これは平均よりも多い。

 

左利きの人は右利きよりも、心的外傷後ストレス障害になりやすい傾向がある。
suffer

 

右利きよりも年収が12%低い。一方で大学まで卒業した左利きの人は、右利きよりも26%も年収が高くなる。

 

ゲームやスポーツに関しては、左利きの人のほうが高速に反応できる傾向があるため上手な人が多い。

 

トップテニスプレイヤーの40%が左利きである。

 

左利きは芸術家になりやすい。
学術雑誌「American Journal of Psychology」によると、左利きの人は、一つの物事を様々な方向へ考えを巡らせることが出来るため、右利きよりも創造的な仕事につく人が多いとしている。

 

アレルギーを持ってい人が右利きよりも多い。

 

右利きよりも偏頭痛持ちが多い。

 

右利きよりも不眠症患者が多い。 
100人の睡眠を実際に調べたところ、右利きの人は寝ている時に周期的な脚運動をする人が69%だったのに対し、左利きは94%であった。この無意識な脚運動によって、睡眠が妨げられる可能性があるという。
restless-legs

 

左利きの人は右脳が発達しており、立体に対する空間認識に優れる。

 

左利きは右利きよりも3倍アルコール中毒になりやすい。これは右脳がアルコールに弱い性質のためである。

 

最近の研究によると左利きは弱虫な人が多い。これは右脳が恐怖にたいする感覚に敏感であるため。
slide_258741_1675038_free

 

右利きよりも4~5ヶ月ほど思春期を迎えるのが遅くなる。

 

どもりや失語症にかかる人が右利きよりも多い。

 

男性は左利きになる確率が女性の2倍高い。

 

マルチタスクに向いている。

 

統計によると、左利きは右利きよりも爪が伸びる速度が早い。

 

40歳で子どもを産むと、20歳の時よりも左利きが産まれる確率が1.28倍上昇する。

 

妊娠期間にストレスを感じた状態だと左利きが生まれやすい。 

 

平和的な原始社会では右利きが産まれやすく、戦争が多い時代には左利きが多かった。

 

双子が生まれると片方は右利き、もう片方は左利きになる傾向がある。

参考元:http://bit.ly/1SfNTgf、http://bit.ly/16q6zmN

スポンサーリンク

雑学

Posted by uti