ほとんど嘘?!発見された巨人の骸骨・12種

ネット上を駆け巡った驚くべき巨人の骸骨をご紹介していこう。これらのほとんどは、合成された写真にでっちあげられたストーリーが付け加えられたものであり、明らかにフェイクである

1.アラビア砂漠で発見された骸骨

(via Alien UFO Sightings)

スポンサーリンク


サウジアラビアにあるアラビア砂漠で、1930年ごろに発掘された巨人の骸骨である。一緒に発掘された石碑には、ヒンドゥー教の神ブラフマーがこれまでに創造したことの無い大きさの人間を生み出したと書かれていた。

また巨人は非常に背が高く巨大で、腕で木の幹を引っこ抜くことができるほど力が強かったという。常に争い合う人間に秩序をもたらすのが、神が与えた巨人の役目であった。

だが巨人たちはあらゆる力を与えられたばかりに、神に反逆し、滅ぼされる運命となった。

実際はフォトショ

写真には上記のような説明が付け足されていたが、実際はフォトショップの技能を競うコンテストで応募された合成写真である。ただし写真の遺跡自体は存在している。マストドンなどの化石が発掘されたニューヨークのハイドパークである。

誰かが嘘の話をでっちあげて投稿した合成写真が、ニュースサイトに紹介され広まっていったようだ。

2. 18体の巨人の骸骨

(via guardianlv)

写真は、1912年にアメリカ・ウィスコンシン州、デラバン湖の土手にある墓所で見つかった骸骨のひとつとされている。18体の骸骨は、身長が2.3~3mほどあり、一般的な成人の骨格よりもはるかに巨大であったという。

また、この骸骨には通常の人間ではありえない、2列に並んだ歯と、6本指の手足が備わっていた。

しかし、この写真も合成されたもののようだ。写真の男性が立っている地面に対して、骸骨の置かれている向きが明らかにおかしい。

3.地震後に発見された巨人の頭蓋骨

(via Demotywatory)

この写真は南米に直撃した地震によって、あらわになった巨人の骸骨だと言われている。しかしこれも、あるウェブサイトで行われたフォトショコンテストのエントリー作品であった。

コンテストでは、考古学的な発見をでっち上げた合成写真を募集しており、この写真は4番目に優れた作品であった。

4.スペインで発見された頭蓋骨

(via Ok)

スペインで発見されたとある投稿には書かれていたが、こちらもオリジナルは前述のウェブサイトで公開されていたフォトショ写真である。

5.ハーバードメディカル・スクールの骸骨

(via blankexit)

かなりリアルに見えるが、これも偽物である。この写真は1890年代にハーバードメディカル・スクールの授業中に撮影されたものだ。

授業で人間の頭蓋骨の構造を説明するため、より遠くからでもわかりやすいように、大きな骨格模型が作製された。

6.ニュージーランドの干上がった湖から見つかった巨大骸骨

(via The Living Moon)

1934年に発掘された骸骨であると説明されていたが、実際には上記と同様のサイトででっち上げられた写真だった。

7.バシャンの王、オグの床から見つかった巨人

(via CEZ OKNO)

こちらも偽物の骸骨であると判明している。頭蓋骨の状態があまりに良く、周囲の環境に比べて骸骨だけが明るすぎる。

8.ペルーで見つかった本物の骸骨

(via Wikimedia/ceaser)

この骸骨は合成写真ではなく、実際に採掘され、現在でも博物館に展示されている。頭部が非常に巨大で長さが50cmあり、これは残っていた胴体の大きさと同じであった。

(via Daily Mail)

目のくぼみ(眼窩)が通常の人間よりも大きく、そしてなぜか頭部の泉門と呼ばれる場所が柔らかかった。これは人間の乳児に見られる特徴である。だが成長した大人に見られる発達した臼歯も存在した。

明らかに「人間ではない何か」だと言われているが、専門家による調査でもその正体は判明していない。

9.エジプトの巨人骸骨

(via Alien UFO Sightings)

この巨人は、マゼランと共に史上初の世界一周を成し遂げたアントニオ・ピガフェッタが記録に残している。彼は1520年の航海中に、2体の巨人に遭遇したのだ。だが後にこの記録にあわせるようにして、写真が作り上げられていたことがわかった。

10.ネバダ州の眠れる巨人

(via Bohemia)

こちらもフォトショップの可能性がきわめて高いとされる写真である。異様に歯の部分が明るかったり、穴の中にあるのに骸骨がはっきりと精細に見えすぎていたりで怪しい点が多い。

11.サウジアラビアで発見された巨人骸骨の空撮

(via blankexit)

全長20mに達するであろう巨人の骸骨。この写真についての情報は、ほとんど存在していない。

12.巨人の発掘過程

(via blankexit)

これは2枚の写真を組み合わせたもので、2枚目がオリジナルで、1枚目が合成された写真である。オリジナルの写真は1993年に、シカゴ大学の学生が恐竜の骨を発掘している瞬間を収めたものだ。

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

コメント投稿(E-mail、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

運営者連絡先: thought0221あっとyahoo.co.jp
何か問題がありましたら、こちらまでご連絡ください。早急に対処いたします。
また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook