最も長生きしている人(世界最高齢ランキング)

確実な証拠がある中で、最も長生きした人物のランキングを1~10位までご紹介します。

10位.ガートルード・ウィーバー 116歳と276日

(↓113歳のときの写真)

(via wikimedia)

生誕地:アメリカ、アーカンソー州
生誕~死没:1898/7/4~2015/4/6

スポンサーリンク


ガートルードさんは、2015年4月以降「存命する最も長寿な人物」として世界記録を保持していました。しかしその記録を獲得した5日後に亡くなっています。

彼女は17歳のときに結婚し、4人の子どもをもうけましたが、そのうち3人は彼女が生きている間に亡くなっています。彼女の最後を看取ったのは、94歳になる息子でした。

彼女の長寿の秘訣は「神を信じ、よく働き、人を愛すること」だと言います。そして4つ目に「無理をせずに、自分の出来ないことはやらないこと」だと語っています。

9位.スザンナ・マシャット・ジョーンズ 116歳と311日

(via wikimedia)

生誕地:アメリカ、アラバマ州
生誕~死没:1899/7/6~2016/5/12

2015年から亡くなるまで「存命中の最も長寿な人物」としてギネス世界記録認定を受けていたのが、スザンナさんです。

彼女は、11人兄弟姉妹の3番目として産まれ、幼い頃は両親の農業の仕事を手伝っていたと言います。29歳の時に結婚していますが、子供はもうけず、裕福な家庭の子供を世話する仕事をしていました。

100歳のときには緑内障になっており、目は見えづらく、耳も難聴になっており車椅子での生活を送っていました。彼女が語る長寿の秘訣は、喫煙せず、酒も飲まず、1日10時間寝ることだそうです。

そして朝食には毎日、ベーコン4枚とスクランブルエッグを好んで食べていたとのことです。

8位.マリア・カポヴィッラ 116歳と347日

(via wikimedia)

生誕地:エクアドル、グアヤキル
生誕~死没:1889/9/14~2006/8/27

彼女は、2006年に亡くなる前まで「存命中の世界最高齢」としてギネス記録に認定されていました。マリアさんは上流階級の娘で、生涯優雅な生活を送っていました。タバコを一切吸わず、お酒もほとんど飲まなかったと言います。

28歳のときに陸軍士官と結婚し、5人の子供をもうけています。そして12人の孫と20人のひ孫、2人のやしゃごもいます。

彼女は亡くなる数年前まで杖なしで歩き、テレビを見て、新聞を読み、元気に生活していました。しかし亡くなる年に入ってからは、歩くこともしゃべることも、新聞を読むことも無くなり、衰弱とともに肺炎にかかって亡くなりました。

7位.大川ミサヲ 117歳と27日

(via Immortal News)

生誕地:大阪市北区天満
生誕~死没:1898/3/5~2015/4/1

現在、「日本最高齢の人物」であり、2013年から亡くなる2015年までは「存命中の最も長寿な人物」としてギネス記録に認定されていました。

彼女は呉服屋の四女として産まれ、21歳の時に結婚し、子供を3人産み、4人の孫と6人のひ孫がいました。

110歳まで車椅子なしで過ごし、それ以降は転倒防止のため車椅子で移動するようになったそうです。

彼女の長生きの秘訣は、寿司と睡眠だと言います。よく寝て、好きなものを食べることが長生きには欠かせないと語っています。

6位.ヴァイオレット・ブラウン 117歳と56日(存命中2017/5/7時点)

(↓110歳のときの写真)

(via alchetron)

生誕地:ジャマイカ、トリローニー
生誕(存命中):1900/3/10

現在2017/4/8において、「存命中の最も長寿な人物」です。また、中南米およびジャマイカで史上最高齢の人物でもあります。

彼女は4人兄弟姉妹の一人で、彼女以外全員亡くなっていますが、長寿な家系で96歳まで生きた人もいます。

彼女は1人の子どもをもうけ、その子供も今は97歳になっています。現在のところ、彼女の子供は「存命中の親がいる最も長寿な人物」と考えられています。

5位.エマ・モラノ=マーティヌッジィ 117歳と137日

(↓115歳のときの写真)

(via wikipedia)

生誕地:イタリア、チヴィアスコ
生誕(存命中):1899/11/29

当記事の作成日、2017/4/8時点で「存命中の最も長寿な人物」でした。しかし2017/4/15に亡くなっています。また、ヨーロッパ出身の人物としては史上2番目に長寿です。

彼女は8人兄弟姉妹の長女で、長生きの家系に生まれました。母親や叔母、妹弟の多くが90歳を超えており、妹の1人であるアンジェラさんは102歳まで生きています。

(↓1歳のときの写真)

(via wikimedia)

27歳のときに結婚し、その後1人の子どもをもうけていますが、生後6ヶ月で亡くしています。その1年後に夫と別居し、以降115歳まで一人暮らしを続けていました。

(↓30歳のときの写真)

(via wikimedia)

彼女の長寿の秘訣は、「薬を飲まず、1日に3個の卵を食べ、自家製のブランデーを飲み、チョコレートを時々楽しむこと」だと言います。そして何よりも大事なのが、将来を前向きに考えることだと語っています。

4位.マリー・メイユール 117歳と230日

(↓117歳の時に撮影した写真)

(via wikimedia)

生誕地:カナダ、ケベック州
生誕~死没:1880/8/29~1998/4/16

カナダ人として最長寿の女性で、12人の子ども、85人の孫、80人のひ孫、57人のやしゃご、4人のらいそん(やしゃごの子ども)がいました。

彼女は90歳までタバコを吸い、その後は禁煙して、娘と一緒に老人ホームで過ごしました。亡くなる前には、長女の年齢は既に90歳だったと言います。彼女は1998年に、血栓が悪化したことで亡くなっています。

3位.ルーシー・ハンナ 117歳と248日

(顔写真は公表されていない)

(via alchetron)

生誕地:アメリカ、ミシガン州
生誕~死没:1875/7/16~1993/3/21

アフリカ系人種としては最も長寿であり、アメリカでも史上2番目に長生きした女性です。これほど長生きしたのにも関わらず、存命中は一度も最長寿のタイトルホルダーを保持していませんでした。それは、この後1位に登場する女性よりも、少しだけ遅生まれだったからです。

2位.サラ・ナウス 119歳と97日

(via Gerontology)

生誕地:アメリカ、ペンシルバニア州
生誕~死没:1880/9/24~1999/12/30

史上2番目の長寿者であり、アメリカで最も長寿だった女性です。存命中は最も長寿な人物として世界記録も保有していました。

彼女は映画で有名になる前のハリウッドに産まれ、その当時はカリフォルニア州も存在していなかったと言います。彼女は21歳のときに結婚。1人の子どもをもうけて、その娘も102歳まで長生きしています。

彼女の長寿の秘訣は、「年齢を気にしないこと、嫌いな野菜を無理に食べないこと」だと語っています。

1位.ジャンヌ・カルマン 122歳と164日

(↓121歳の誕生日の写真)

(via wikimedia)

生誕地:フランス、アルル
生誕~死没:1875/2/21~1997/8/4

ジャンヌさんは、史上最も長生きした女性で、4人兄姉の三女として産まれました。彼女の家族は幼児期に亡くなった子どもを除けば、当時としてはかなり長生きな家系で、父は92歳、母は86歳、兄は97歳まで生きています。

(↓20歳のときのカルマンさん)

(via wikimedia)

彼女はフィンセント・ファン・ゴッホに直接会ったことがある唯一の人物だとされています。父親の店に絵の具と鉛筆を買いに来たそうです。彼女はゴッホについて「醜悪で、アル中で性格も悪い」と語っています。

ちなみに、ゴッホは彼女に会った2年後に亡くなっています。

100歳まで自転車に乗るほど元気だった

(↓40歳のときの写真)

(via wikimedia)

彼女は85歳からフェンシングを趣味として始め、114歳の時に太ももの骨を折るまで杖なしで歩いていました。また20歳から喫煙し始め、117歳まで毎日タバコを2本ずつ吸っていたと言います。

そして116歳の時には1週間で1kgものチョコレートを食べ、脂っこい揚げ物や辛い料理を好んで食べていました。

その上、脳も死ぬまでほとんど衰えることが無く、118歳の時点で、言語記憶などの記憶力テストでは、80歳代の人と同レベルの成績を残していたのです。



ここまで1位~10位まで紹介しました。いずれも女性ですが、男性でも女性に劣らず長寿な人はいます。男性部門での第一位は、以下の日本人の方です。

男性部門1位.木村次郎右衛門 116歳と54日

(via wikimedia)

生誕地:京都府京丹後市
生誕~死没:1897/4/19~2013/6/12

木村さんは男性では史上最高齢の人物です。6人兄弟姉妹の3番目として生まれ、7人の子どもと14人の孫、25人のひ孫、15人のやしゃごがいました。

115歳を過ぎても三食を毎日食べ、好き嫌いしないことが長寿の秘訣だと語っていました。生活リズムもバッチリで、朝の5時半に起きて夜の8時には寝るという規則正しい毎日を送っていたとのことです。

日本国内における存命中の最高齢

田島ナビ 116歳246日

(via wikia)

生誕地:鹿児島県大島郡荒木
生誕:1900/8/4

2017/4/8時点の年齢で、まもなく最高齢のランキングトップ10以内に入ります。彼女は19世紀(1801年~1900年)を生きた最後の3人の中の1人です。

2011年の時点で、子どもが9人、孫が28人、ひ孫が56人、やしゃごが35人おり、合わせて130人近くになります。2015年には140人以上になったとのことです。

彼女は116歳の現在でも1日3食欠かさずに食べ、好き嫌いもしないと言います。お孫さんは、これが彼女の長寿の秘訣かもしれないと語っています。

データ元:wikipedia

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook