闇市場で取引される臓器の値段(高い順)

世界では毎年数十万件に及ぶ臓器移植手術が行われているが、ドナーの数は全く足りていない。アメリカでは毎年約12万人が臓器の移植を待っているが、実際に移植を受けられるのは1.4万人しかいないのだ。多くの患者が自分の順番が来る前に亡くなっている。

そのため臓器移植の需要はきわめて高く、秘密裏に臓器売買が行われることがある。だが金銭の授受をともなった臓器売買は、イランやインドの一部州を除いて禁止されており、それゆえ非合法の闇取引が行われることになる。

今回はその闇取引で、各臓器がどれくらいの値段で売買されているのか、高い順でご紹介していこう。

骨髄 約230万円/g

(via Wikipedia)

スポンサーリンク


臓器で最も値段の高い部位である。骨の中に存在する骨髄は体重の4%を占めており、65kgの人なら2.6kgある。もし全部取り出すことができれば、億単位の金額になるだろう。

皮ふ 約150円/cm2、一人分220万円~300万円

(via pxhere)

腎臓 約150万円~

(via Wikimedia)

臓器取引の75%を占めており、最も需要が高い。これは糖尿病や高血圧、動脈硬化など、急速に増加している生活習慣病が腎不全の原因となるためである。

肝臓 約150万円

(via Pixabay)

心臓 約120万円

(via Pixabay)

血液 約7万円/㍑ 一人分約35万円

(via Wikimedia )

1リットルあたり約7万円で、成人の血液量はおよそ5リットルなので35万円となる。

小腸 約25万円

(via Wikimedia)

眼球(1組) 約15万円

(via Wikimedia)

冠状動脈 約15万円

(via Wikimedia)

心臓を取り囲むようにして走行する動脈で、右冠動脈と左冠動脈に分かれる

頭蓋(歯付き) 約12万円

(via FreeStockPhotos)

胆嚢(たんのう) 約12万円

(via Wikipedia)

胆嚢は脂肪の消化に必要となる胆汁が貯蔵される臓器。

前腕&手(1組) 約8万円

(via Wikimedia)

頭皮 約6万円

(via pxhere)

胃 約5万円

(via Wikimedia )

脾臓(ひぞう) 約5万円

(via Wikimedia)

脾臓は免疫機能や血小板の貯蔵、古い赤血球の除去などを行う臓器

肩部 約5万円

(via wikipedia)

一枚の画像にまとめるとこうなる。【クリックで拡大可】

(via Geekosystem)

参照:themarysuefinancedegreecenter

スポンサーリンク

雑学

Posted by uti