ailovei

Read Article

知っておきたい。世界の危険なトカゲとカメ8種

世界中で最も危険とされるトカゲとカメについてご紹介します。

1.アメリカドクトカゲ

(via wikipedia)

スポンサーリンク


アメリカ・ニューメキシコを流れるヒラ川にたくさんいたことから、ヒラ・モンスターとも呼ばれています。

ヒラモンスターは、アメリカとメキシコにしかいませんが、ペットとしては日本にも輸入されています。

全長は最大で50cmに達し、かなりずんぐりとした体型です。この大きさは、アメリカにいるトカゲでは最大です。この腹部と尻尾には、たんまりと脂肪をためていて、これは冬をこすために使われます。

(ビーズ状のウロコが特徴的)

(via wikipedia/H. van der Ploeg)

ヒラモンスターは強靭なアゴを持っています。かまれると皮ふに歯が食い込み、そこに毒を含んだ唾液を流し込んできます。毒は神経毒であり、体にマヒを起こさせます。

(ヒラモンスターの口内)

(via youtube)

ただ、咬まれたとしても、ほとんどの場合は軽症で済みます。重症化して死ぬことは、めったにありません。

毒を注入されると、激しい痛みとめまい、吐き気などに襲われますが、ヒラモンスターでの死者は、1939年以降、一度も出ていません。

2.カミツキガメ

(長い尻尾が特徴的)

(via wikipedia/Mjbaker)

淡水の水場に生息しているカメで、非常に大きく、攻撃的。
元々はアメリカにしかいませんでしたが、1960年頃にペットとして流入した個体が、捨てられて野生化しています。

千葉県北西部の印旛沼(いんばぬま)に定着しているのが確認されており、北海道や東北地域でも目撃例があります。

カミツキガメの大きさは、最大で全長50cm、体重16kgになり、人間のように途中で成長が止まることはなく、死ぬまで成長し続けます。

(口を大きく開けて威嚇する)

(via Missouri Department of Conservation)

カメと言われると、のろまな生き物かと思うかもしれませんが、カミツキガメは違います。首を素早く動かし、即座に敵に噛みつくことができます。これほど素早く動けるのは、首が非常に長く、しなやかで柔らかいためです。

↓この動画の1:00を見ると、いかに素早いが分かります。


カミツキガメの噛む力は、かなり強いですが、指を咬まれたとしても切断されてしまうほどの強さはありません。ただ、指をぬうくらいの傷は出来るでしょう。

また、カミツキガメは雑食性で、何でも食べてしまうことから、水生動物に悪影響を与えるとされており、日本では駆除対象の動物になっています。

3.メキシコドクトカゲ

(via reptilefact)

1番で紹介したアメリカドクトカゲの親せきで、姿形もよく似ていますが、こっちの方が大きく、スリムです。また模様も暗めです。

全長は80cmほどですが、100cm以上になる個体も目撃されています。生息地は名前の通り、メキシコです。落葉樹林や、やぶ地に暮らしています。

メキシコドクトカゲが持つ毒はヘモトキシンで、血液中の赤血球を破壊する作用があり、最悪の場合、内臓が機能しなくなることもあります。

しかし、この種の毒は比較的弱く、そこまでいたったケースはめったにありません。現在まで、人がこの種に咬まれて死亡したという事故は報告されていません。

(メキシコドクトカゲの毒は、赤血球を破壊する)

(via university of oxford)

ちなみにメキシコドクトカゲも、日本ではペットとして極少数が輸入されています。

4.グリーンイグアナ

(via Kaskus)

メキシコからブラジルにかけて分布している大型のイグアナです。日本ではペットとして輸入され、捨てられた個体が少数、沖縄地方で定着しています。

大きさは最大で2m、体重6kmに達します。野生では、水面にはりだした樹上でひなたぼっこをしており、危険がせまると、すぐに水の中に入っていきます。

意外とおとなしそうに見えるイグアナですが、凶暴になることもあります。特にオスが繁殖期をむかえると、人に対しても攻撃をしかけてくることが多くなります。

イグアナの歯は、カミソリのように鋭いノコギリ状の歯が80~120本生えています。

(イグアナのノコギリ状の歯)

(via reptile-parrots)

この歯で噛まれると、縫合が必要になるほどの傷を負うことも珍しくありません。実際にペットとして飼っていて、顔や指、腕、足首などを噛まれて縫合した人が数多くいます。

(イグアナによる咬傷で縫合手術を受けた人)

(via myreptile)

5.ハナブトオオトカゲ

(via iwuvanimals)

パプアニューギニアで発見された世界最大級のトカゲです。全長は2.5m、体重は90kg近くまで達します。

普段は樹上で、木の枝につかまってじっとしており、時々水の中に入って泳ぎます。

このオオトカゲには、牙状の鋭い歯が生えています。これを使って素早い動きで、鳥やネズミの他、ブタ、シカなども捕食します。

(いかくするハナブトオオトカゲ)

(via French Cinema4D)

基本的に性格が神経質で攻撃的、気まぐれであるため、不用意に近づくと襲撃されることがあります。

日本ではペットとして輸入されていますが、人間に危害を与える可能性があるため、飼育には、都道府県自治体の許可が必要になっています。

6.ミズオオトカゲ

(via wikipedia/Carlos Delgado)

インドネシアなどの東南アジアと中国に生息するオオトカゲです。「ミズ」という名前が示すように、水場に好んで生活しています。

この種も他のオオトカゲと同様に、細長い頭と首、長いしっぽとよく発達した脚があります。舌はかなり長く、フォーク状で、ヘビのようです。

(ミズオオトカゲの長い舌)

(via Reptile Rescue5)

成体は最大全長2.7m、体重25kg前後まで大きくなります。

ミズオオトカゲは肉食性で、大型の昆虫やクモ、別種のトカゲ、小動物、鳥、カメなどを捕食します。見た目はとろそうですが、かなりアクティブで、泳ぎも、木登りも、走るのも速いです。

(カメを食べるミズオオトカゲ)

(via Flickr/Daniel Trim)

ミズオオトカゲは、腐肉を食べることで知られ、動物のみならず、人間の死体をむさぼっていたとの目撃例もあります。

人が咬まれた場合、死ぬことはありませんが、わずかに毒があるため、患部のはれ、吐き気などに見舞われる可能性があります。また、噛まれたことで、感染症にかかるリスクもあります。

それ以外にも、太くて巨大なしっぽでのむち打ち攻撃は、かなりの痛みをともないます。

7.コモドオオトカゲ

(via tripadvisor)

コモドドラゴンとも言い、世界最大のトカゲです。全長は最大3m、体重130kgを超えます。最大9mにもなる穴を掘って、そこを巣穴とし、卵を生み育てます。

(人との大きさ比較)

(via pencarian)

食性は肉食で、イノシシやシカ、ヤギなどの大型ほ乳類の他、ネコやコウモリなどの小型ほ乳類、ヘビやカメなども食べます。

(ヤギを襲うコモドドラゴン)

(via dailymail)

コモドドラゴンは非常に俊敏で、人間を襲って殺すことさえあります。2007年には8歳の少年が、コモドドラゴン(33歳)に胴体を食いちぎられて死亡し、2009年にも31歳の男性が、2匹のコモドドラゴンに体全体をむさぼりくわれ死亡しています。

またコモドドラゴンは、ヘモトキシンという血液中の赤血球を破壊する毒を保有しており、咬まれた場合、内臓の機能不全をもたらすことがあります。。

8.ワニガメ

(via Texas Turtles!)

先ほど紹介したカミツキガメよりも巨大で、コウラの大きさは80cm、体重は100kg以上に達します。

ワニという名前が付いたのは、何でも噛み砕いてしまう非常に強力なアゴと、ワニをほうふつとさせるコウラの模様のためです。

(ワニガメの巨大さ)

(via Scientific American Blog)

この種は最初、アメリカにしか住んでいませんでしたが、ペットとして世界中に流通したことが理由で、生息域を広げています。日本においても、野生の個体が発見されることが、ごくまれにあります。

噛む力は非常に強く、人間の指など簡単に噛みちぎってしまします。ですが、これまでに噛まれて死亡したケースは、報告されていません。不用意に近付かなければ、まず襲ってくることはありません。

ワニガメの噛む力が分かる動画

こちらもおすすめ。
本当にびっくりするほど大きい。世界最大の恐竜
肉食獣・動物たちの脅威の捕食・捕獲シーン

参考元:7 of the World’s Most Dangerous Lizards and Turtles

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について
記事が気に入ったらフォローお願いします!
→Twitter
→Facebook

コメントを書く

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
by Return Top