史上最も値段の高いコインと紙幣(ランキングトップ9)

今回は、歴史上最も高い価格が付けられている硬貨と紙幣をランキング形式でご紹介します。

9.1894-Sバーバーダイム 価格2億円

(表側:自由の女神像)

(via wikipedia)

スポンサーリンク

(裏側:リースで囲まれた部分に10セントと描かれている)

(via wikipedia)

アメリカ造幣局の主任彫刻家であったバーバーダイムがデザインした10セント硬貨です。重さ2.5gで90%の銀と10%の銅で出来ています。

この10セント硬貨自体は、1892~1916年まで発行されていましたが、1894年製のものはたった24枚しか作られていません。しかも現存するのは9枚で、そのうち7枚は国が保有しているため流通していません。残りの2枚が、個人収集家の手によってオークションに賭けられ、それぞれ1億3千万円と2億円で落札されています。

8.USレッド・シール1000ドル札 価格2億5千万円

(via wikipedia)

1891年に発行された、アメリカの将軍ジョージ・ミードが描かれている1000ドル紙幣(約11万円)です。ジョージ・ミード(1815~1872年)は、アメリカの内戦「南北戦争」で、重要な役割を担った人物として知られています。

1891年製の1000ドル札は世界に2枚しかないとされ、そのうち1枚がこの紙幣でした。2013年にオークションに賭けられて、紙幣としては過去最高の価格、2億5千万円で落札されています。

7.シルバー・ドラー クラスⅠ 価格4億1千万円

(表側:自由の女神像)

(via wikimedia)

(裏側:額を持つワシ)

(via wikimedia)

1834年にアメリカで外交時の贈りものとして作られた記念硬貨(プルーフ硬貨)です。このコインには、クラスⅠ~Ⅲまであり、それぞれ製造年が異なり、デザインがわずかに違います。世界にはクラスⅠが8枚、クラスⅡが1枚、クラスⅢが6枚しか無く、非常に貴重です。

このクラスⅠの硬貨が、1999年にオークションに賭けられ、4.1億円という当時のコイン史上最高値で落札されました。クラスⅠの硬貨は、1980年に80万円で購入されたことを考えると、これを最初に買った人は相当運が良かったようです。

6.メイプルコイン 価格4億1千万円

(via US Embassy Canada/flickr)

2007年にカナダ王室造幣局が製造した純度99.999%ゴールドのコインです。表面にはエリザベス2世、裏面にはサトウカエデの葉が描かれています。

重さは100kg、直径は53cm、厚さ3cmで、当時は「世界最大の金で出来たコイン」としてギネス記録に認定されていましたが、現在は2番目の大きさになっています。また額面価格1億円で販売されていましたが、オークションで約4億円までインフレして落札されました。

5.リバティー・ヘッド・ニッケル5セント硬貨 価格5億円

(via wikimedia)

1883年から1913年に、アメリカで発行されていた5セント硬貨です。表側には自由の女神像、裏側にはギリシャ数字の5が描かれています。

この硬貨はニセモノがかなり多く出回っており、現在のところ本物は世界に5枚しかないとされています。そのうち3枚は博物館に、もう2枚は個人収集家が所有しています。個人収集家が所有している2枚の硬貨は、それぞれ3億7千万円、5億円で落札されています。

4.エドワードⅢフロリン銀貨 価格6億8千万円

(via Fitz Museum)

600年以上前の1344年に、イングランド王のエドワード3世が発行した純金の金貨です。重さは7gで、ペニー硬貨72枚分と同等の価値(42円)がありました。金貨の表側には王様が描かれ、裏側には四つ葉と装飾された十字架が描かれています。

当時、金貨の価値は過小評価されていたため、商人たちはこの金貨を受け入れず、取引に使うことはなかったと言います。そのため流通してから数ヶ月で、この金貨は取り下げられました。

このようなことから、非常に希少な硬貨となっており、現在ではたった3枚しか残っていません。そのうち2つは大英博物館に収蔵され、もう一つはオークションに賭けられて6億8千万円の価格を付けています。

3.ブレーシャー・ダブロン 価格7億4千万円

(via wikipedia)

1787年にアメリカで発行された、現在では7枚しか残されていない金貨です。重さは27gで、約4.4gの金が使われています。現在の金価格に換算すると2万円ほどの価値です。

この金貨は、名前の一部にも使われている名匠・金細工師のエフライム・ブレーシャーが作ったとされています。1979年にオークションで、コインとしては当時最高値の7250万円で落札され、アメリカ中で大きな注目を集めました。

その後も様々なオークションにかけられて、金貨の価格は上がり続け、2011年にはウォール街の投資会社に7億4千万円で売却されました。

2.セイント・ゴーデンズ・ダブルイーグル 価格7億6千万円

(表側:オリーブの枝とたいまつを持つ自由の女神、裏側:ハクトウワシ)

(via wikipedia)

1933年にアメリカが発行した20ドル硬貨(2300円)です。重さは33g、金が90%、銅が10%で出来たコインとなっています。彫刻家のセイント・ゴーデンスがデザインしたコインであり、アメリカで最も美しいコインだとも言われています。

このコインは44万個製造されましたが、一度も流通することなく、何枚かを残して溶かされてしまいました。現在残っているのは10枚であり、そのうち1枚が個人収集家によって2002年に7億5千万円で購入され、残り9枚はアメリカの金塊保管所に貯蔵されています。

1.フローイング・ヘア・ダラー 価格10億円

(表側:自由の女神像)

(via wikipedia)

(裏側:リーフに囲まれたワシ)

(via wikipedia)

1794年に発行された、アメリカ初の1ドル硬貨です。重さは27gで、90%の銀と10%の銅から出来ています。

アメリカでは最も歴史が古く、最も価値のある硬貨として考えられており、120枚程度が現存していると見積もられています。そのうちの最も状態が良い1枚の硬貨が、2013年にコインとしては史上最高値の10億円で落札されました。

参考元:mentalfloss

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント0
CATEGORY :

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook