不気味で怖い深海魚39選(変わった水生生物画像まとめ)

2017年5月13日

 

25.ハナヒゲウツボ

深海生物 25+

深海生物 25.5

最大で130cmに達するウツボの仲間です。インド洋から西太平洋の熱帯域に広く分布しており、日本では沖縄周辺で見ることが出来ます。

スポンサーリンク

26.コウモリダコ(vampire squid)

深海生物 26 水深600-900mに生息する巨大なタコです。ヒレの付け根に付いた発光器官により青白く光ります。

27.イバラカンザシ

深海生物 27 体長が5-7cmのゴカイの仲間であり、プランクトンが主食です。

28.巨大クラゲ

深海生物 28

29.ラブカ

深海生物 29.5 サメの仲間で水深500-1000メートルに生息しています。全長は2mほどで、獲物はほとんど噛むことなく丸呑みします。

30.???

深海生物 29

31.スターゲイザーフィッシュ

深海生物 30 スターゲイザーはその飛び出した目が特徴的で、砂の中に隠れ、獲物がやってきたら一飲みにします。また表皮の一部には毒があり、触ると非常に危険です。さらに、危険が迫った時にはナマズのように電気を流し、相手を麻痺させる能力があります。

32.キマエラ

深海生物 31水深2000mほどに住む身体の1/3が長い鼻で形成されたサメの仲間です。
背びれには強力な毒があり、その強さは人を殺しうるほどです。

33.Amphipod(アンフィポッド)

深海生物 32 エビの仲間で水深6000m付近で発見されています。

34.パシフィックブラックドラゴン

深海生物 33

あまりに恐ろしい見た目から、小さなプレデターとも呼ばれています。アゴには発光するひげが付いており、そこで魚釣りのルアーのごとく、獲物をおびき寄せます。

35.バイパーフィッシュ(ホウライエソ)

深海生物 35 80-1600mの深海で見ることが出来ます。深海のギャングとも呼ばれ水生生物の中でも指折りの凶悪顔です。

36オニボウズギス

深海生物 36 深海600-1000mに生息しており、自分の数倍の大きさの獲物をその大きな口で捕らえる事ができます。
とらえた魚は大きく膨らんだ巨大な胃の中でゆっくりと消化されていき、餌の少ない深海でも生きながらえることができるようになっています。

37.フサアンコウ

深海生物 4038.スケールワーム

深海生物 39 深海生物 deep-sea-worm水深1000m付近に生息しています。大きさは2-3cmほどで、小さいながらもエイリアンのような外見は衝撃的です。

39クダクラゲ

深海生物 38

新しくPart2を作りました↓
最強に不気味で怖い生物たち(深海魚ほか危険生物画像まとめ50選)

スポンサーリンク

動物

Posted by uti