思わず目を疑うおどろきの巨大物・24種(画像)

2018年8月20日

1.インドに自生する世界最大の竹、ゾウタケ

(via Lithervard)

スポンサーリンク


たいてい高さが30mを超え、大きいものでは40m以上になる。また成長速度が異常に早く、最適な成育環境では1日に40cm伸びる。インドでは橋の建築材料や家の天井フレームなどとしてよく使われる

2.波の侵食を防ぐコンクリートブロックの大きさ

(via BunyipPouch)

3.成長したウォンバットの大きさ

(via wildlifepark)

4.世界最大のカメ、オサガメはとてつもなく巨大

(via rustinpc/Flickr)

コウラの長さが最大1.75mで、全長は2.2m、体重700kgに達する海のカメ。普通のカメとの大きな違いは、コウラが固い殻ではなく、厚いゴムのようになっているところ。

5.もし太陽の中に地球を詰め込んだら、これだけ入る(130万個)

(via Mike Whitmore )

太陽の体積は1.4 x 10^27m3で、地球の130万倍。また質量は、地球の33万倍である。太陽は、太陽系全体の99.86%の質量を占めている。

6.オウギワシのつめは、ヒグマの爪と同じくらいの長さになる(7~10cm)

(via MissDankk)

この爪でサルやナマケモノが捕獲可能。生息地である南米の熱帯雨林においては、最も大きく力強い猛きん類であり、最大全長1m、翼を広げれば2.2mになる。

7.シロナガスクジラの心臓は、人が通り抜けられるくらい大きい

(via woahdude)

歴史上、世界で一番大きな動物であるシロナガスクジラは、最大で全長30m、体重170トンになる巨体である、その大きさゆえ、血液循環を支える心臓も非常に大きい。重量は180kgを超え、長さ1.5mほどで小さなゴルフカートと同じくらいである。

【参考:実物大のシロナガスクジラの模型】

(via MoonlitSerendipity)

8.タイタニック号(前方)と現代のクルーズ船

(via Formac Publishing)

かつてない犠牲者を出したタイタニック号は1912年当時、史上最大の船であった。乗客乗員は3327名、総トン数46,328トン、全長は269.1m、幅28.2mである。

一方、現在世界最大のクルーズ船、アルーア・オブ・ザ・シーズは乗員乗客8680名、総トン数225,282トン、全長362m、幅60.5mと、さらなる巨大化を遂げた。

9.飛行可能な史上最大の動物、ケツァルコアトルスと身長1.8mの男性が並ぶと・・

(via TortoiseJockey)

今から8000万年前に北アメリカを滑空していたこの翼竜は、翼を広げた大きさが最大12mに達したとされている。また写真のように、四肢を地につけているときでさえ、キリンと同じくらい(約5m)の高さがあったと考えられている。

10.巨大なヘラジカ

(via Emefka)

カナダなど寒い地域にいるシカ科最大の種。背丈は人間よりも高くなり、最大で2.1m、体重も700kg近くになる。

11.コヨーテ(灰)とオオカミ(黒)

(via DodderingCommandant97)

コヨーテとオオカミはどちらも似ており近縁の種だが、コヨーテのほうが小型。コヨーテは体高が60cmほどだが、オオカミは80cmを超える。体重は3倍近く異なり、オオカミでは80kg近くだ。しかし近縁であるので、ときどき交雑したミックスが生まれる。

【オオカミの全長は、1.6mくらいになる】

(via Bear vs Wolf)

12.全長5.6mのブルータス

(via dailymail)

現在のところ、世界で6番目に大きいとされるワニ。3本脚しか無いのは、サメとの戦いで食いちぎられたことが原因だと言われている。年齢は約80歳で、体重は2トン前後と推測されている。

13.鉱山用ダンプカーとバスの大きさを見比べると・・

(via Trolling blog)

写真は小松の930Eというダンプで、全長15.6m、高さ7.37m、幅9.19mあり、290トンの重量を運搬できる。

【同種のダンプと人の大きさ比較】

(via wikimedia)

14.もし月の位置に土星があったら、こんなに大きく見える

(via Ieva Elvyra)

土星は月よりも直径が33倍大きい。また太陽系で最も大きな惑星である木星は、月と直径が40倍異なるので、下の写真のようにこれだけ大きく見える。

【木星】

(via Ieva Elvyra)

15.ゴリラの手の大きさを人と比較

(via Quora)

ゴリラの身長はオスで170cmほどになり、成人男性とほとんど変わらない。しかしゴリラはかなりの重量級で、体重は150~180kgある。また手の大きさも人間より1.5倍以上長くて大きい。

16.体重350kgのイノシシとオオカミの頭蓋骨

(via wisconsinBBO)

イノシシは世界中に生息しているが、その生息環境によって全くサイズが異なる。地中海地域では体高70cm、体重50kgほどが平均だが、北東アジアではヒグマと同じくらいまで育つことがある。そのサイズは、体重270kg、体高110~180cmである。

17.風力発電に使われる翼

(via usgs)

設置前の風力翼で、全長は41mある。人の目だと翼はゆっくり動いているように見えるが、このサイズだと時速160km以上に達する。下の写真のように、これよりも2倍以上長い83.5mの翼も存在する。

【長さ83.5m、幅4.2mの翼】

(via sploid)

これは、デンマークからスコットランドのメトヒルに専用のトラックで運搬された翼である。

18.世界最大のエイであるオニイトマキエイ(マンタ)

(via St. Louis Post-Dispatch)

写真は1933年にフロリダ沖で捕獲されたマンタ。重量は2トン、横幅は6m以上だという。この個体はかなり大きいが、最大で横幅7m、体重3トンに達する個体もいる。

19.ヒグマの腕の骨格

(via Awkward)

20.アメリカと月の比較

(via colchrishadfield)

月の直径は3474kmだが、アメリカの横幅は4313kmあるので、月と並べたらアメリカの方が大きく見える。

21.天然ガスを運ぶLNGタンカー、モーザのタンク

(via sverdrupian)

モーザは液化天然ガスを運ぶ全長345mの巨大船で、26万m3分の液化天然ガスを積載できる。

【モーザの外観】

(via curvetube)

22.セネガルにある樹齢1700歳以上のバオバブの木

(via the-fringe)

バオバブはアフリカのサバンナに自生する巨木で、直径は10m以上、高さは30mほどに成長する。たくさんの水をたくわえることで知られており、その量は一本で10万リットルになる。

23.世界最大の木(高さ83.8m)と人を比べてみると・・

(via SilverTPGG)

カリフォルニアにある「シャーマン将軍の木」。これよりも長い木は存在するが、体積換算では世界最大である。

24.世界最大の洞くつ、ソンドン洞と人の大きさ比較

(via sgqbtourist)

全長約9 km、最大高さが約240mの洞くつで、内部には河川が流れている

スポンサーリンク

画像

Posted by uti