世界一のお金持ち2019(純資産ランキングトップ50)

2019年3月6日

ブルームバーグが発表しているビリオネアインデックスから、2019年(3月4日時点)の世界の富豪をランキングでご紹介していこう。※掲載している金額はすべて純資産。

50位.レオナルド・ブラバトニック 2.12兆円


(生年月日:1957年6月14日)
(国籍:アメリカ)
スポンサーリンク


ソビエト生まれのアメリカ人投資家であり、投資会社アクセス・インダストリーズの会長。アメリカのファッションブランドであるトリー・バーチの株を20%購入し、2011年にはワーナー・ミュージック・グループを約3700億円で買収した。

50位(同順).ジョゼフ・サフラ 2.12兆円


(生年月日:1938年)
(国籍:ブラジル)

シリア生まれ、ブラジル人の銀行家であり、投資および銀行業務を行うサフラグループの経営者である。サフラグループは3万人の従業員を抱え、ニューヨークの民間銀行と、スイスで6番目に規模の大きいJ・サフラ・サラシン銀行、ブラジルで6番目に大きいバンコ・サフラ銀行をグループの主体としている。

48位.王健林 2.13兆円


(生年月日:1954年10月24日)
(国籍:中国)

中国最大のデベロッパー、大連万達グループを創設した人物であり、2015~2017年まで中国一の富豪であった。彼が経営するグループは最初、不動産会社として創設されたが、それで得た財産を元手に世界中の映画館を買収して、現在は北米および欧州、中国最大の映画館運営会社となった。

またスペインのマドリードのサッカークラブチーム、アトレティコ・マドリードを20%所有し、2016年にはFIFAと年1回のチャイナカップを開催するために協定を結んだ。

47位.ルパート・マードック 2.14兆円


(生年月日:1931年3月11日)
(国籍:アメリカ)

メディア王とも呼ばれるオーストラリア系アメリカ人の実業家。彼は800以上の会社を傘下に収めるメディア複合企業のニューズ・コーポレーションを所有している。

彼がこれまでに所有していたメディアは、世界的に強い影響力を持っている。具体的には以下である。
・世界最古の日刊新聞であるイギリスの「タイムズ」
・映画会社の「20世紀フォックス」
・英語系で最大手の出版社「ハーパーコリンズ」
・アメリカ最大の発行部数を誇る経済新聞紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」
・アメリカ四大放送局の「フォックス」
・オーストラリア最大の発行部数を誇る「ヘラルドサン」
・世界最大の英語日刊紙「ザ・サン」
・・など

46位.アジム・プレムジ 2.15兆円


(生年月日:1945年7月24日)
(国籍:インド)

インドで2番目の富豪。世界最大手のソフトウェア会社、ウィプロ・テクノロジーのCEO兼会長で、15万人以上の従業員を抱えている。

45位.ウラジーミル・リシン 2.16兆円


(生年月日:1956年5月7日)
(国籍:ロシア)

ロシアの鉄およびアルミニウム産業の実権を握る人物。現在はロシアの四大鉄鋼会社、ノボリペツク製鉄の会長である。

44位.ローレン・パウエル・ジョブズ  2.17兆円


(生年月日:1963年11月16日)
(国籍:アメリカ)

アップルの創業者、故スティーブ・ジョブスの妻。彼女の資産の大部分は夫からの遺産であり、それによってアップルの大株主となった。彼女はこの資産を活用して実業家として活躍し、貧困の子どもに大学教育を受けさせる組織の設立など慈善活動も行っている。

43位.レオニード・ミケルソン 2.23兆円


(生年月日:1955年8月11日)
(国籍:ロシア)

ロシア2番手、世界で7番目の天然ガス生産・販売会社ノヴァテクの社長である。また彼は現在、モスクワに本社を置く石油化学会社SIBURの株を過半数取得し、社長のポジションに就いた。

42位.楊惠妍 2.24兆円


(生年月日:1981年)
(国籍:中国)

不動産開発会社カントリーガーデンの株式を過半数所有する女性。この株式は、カントリーガーデンを創業した父親から株式公開前に譲り受けた。これによって彼女は、アジアで一番の裕福な女性となった。

カントリーガーデンは、楊家の同族経営による会社であり、これまでに150万以上の不動産を売却した実績を持ち、世界中に12万人以上の従業員がいる。

42位(同順).レオナルド・デル・ヴェッキオ 2.24兆円


(生年月日:1935年5月22日)
(国籍:イタリア)

イタリア・ミラノを本拠とする世界最大のメガネメーカー、ルックスオティカの創業者であり会長。ルックスオティカは、7万人以上の従業員と7000の販売店舗を有する。レイバンやオークリーなどのブランドが有名。

40位.パロンジ・ミストリー 2.31兆円


(生年月日:1929年)
(国籍:アイルランド)

インドの建設大手シャプルジ・パロンジ・グループの創業者であり、会長。2003年、婚姻に合わせて国籍をインドからアイルランドに変更した。またインド最大の財閥、タタ・グループの個人筆頭株主となっている。

39位.ズザンネ・クラッテン 2.32兆円


(生年月日:1962年4月28日)
(国籍:ドイツ)

自動車メーカー・BMWを所有するクヴァント家の一人で、倒産の危機を救ったヘルベルト・クヴァントの長女。クヴァントの家系はほぼ全員が大富豪であり、母や弟も世界長者番付の常連である。

彼女は父親の死去にともない、製薬会社アルタナの株式を50.1%、BMWの株式を12.5%相続し、ドイツで一番の女性富豪となった。

38位.カール・アイカーン 2.33兆円


(生年月日:1936年2月16日)
(国籍:アメリカ)

ヘッジファンド、アイカーン・エンタープライズの経営者であり投資家、そして企業の経営権を取得する「乗っ取り屋」として有名である。彼は投資総額約1.7兆円のファンドを運営し、様々な企業に対して敵対的な買収を行っていた。アップルやネットフリックス、ペイパルの大株主でもある。

37位.ジェラール・ヴェルテメール 2.34兆円


(生年月日:1951年4月17日)
(国籍:フランス)

現在のシャネルを創業したココ・シャネルの孫であり、兄のアラン・ヴェルテメールとともにシャネルの共同オーナーを務めている。

37位(同順).アラン・ヴェルテメール 2.34兆円


(生年月日:1948年9月28日)
(国籍:フランス)

上で紹介したジェラール・ヴェルテメールの兄であり、共にシャネルのオーナー。

35位.ウラジーミル・ポターニン 2.38兆円


(生年月日:1961年1月3日)
(国籍:ロシア)

1990年頃に鉱山、金属、エネルギー、金融、不動産など幅広い産業に投資するインターロスグループを創設した。投資の利益によってこのグループ会社の総資産は3兆円を超えた。また彼は、ニッケル・パラジウム生産世界一のノリリスク・ニッケルの株を30%所有している。

34位.ジョルジ・パウロ・レマン 2.53兆円


(生年月日:1939年8月26日)
(国籍:ブラジル、スイス)

スイスとブラジルで投資を行っている実業家。バーガーキングや世界最大ビール会社のアンハイザー・ブッシュ・アンベブなどを買収している。

33位.イーロン・マスク 2.63兆円


(生年月日:1971年6月28日)
(国籍:南アフリカ共和国、カナダ、アメリカ)

南アフリカ共和国出身で、電気自動車に特化したメーカーであるテスラの共同設立者およびCEO、またロケット・宇宙船の開発を行うスペースX社および決済サービス大手のペイパルの設立者としても知られている。

32位.李兆基 2.65兆円


(生年月日:1929年3月7日)
(国籍:香港)

香港の不動産複合企業、ヘンダーソン・ランド・ディベロップメントの所有者であり、香港で2番目の富豪。またこの不動産グループは、香港で3番目に大きい不動産デベロッパーである。

31位. ジョヴァンニ・フェレロ 2.73兆円


(生年月日:1964年9月21日)
(国籍:イタリア)

イタリアの食品会社「フェレロ」の創業者ピエトロ・フェレロの孫で、現在は弟の死にともない会社の経営を引き継いだ。フェレロはチョコレート系の食べ物が有名で、特にアメリカで絶大な人気を誇るヌテラ(パンに塗るチョコ風味スプレッド)がよく知られている。

30位.ディーター・シュワルツ 2.74兆円


(生年月日:1939年9月24日)
(国籍:ドイツ)

同族経営の小売店グループ、Schwarz Gruppeの所有者である。収入の規模でみると世界で4番目の小売業者となっている。ヨーロッパを中心に8000店舗あるスーパーのリドルと1200店舗を有するカウフラントからなる。

29位.柳井正 2.79兆円

(生年月日:1949年2月7日)
(国籍:日本)

日本一の富豪であり、カジュアル衣料品を生産販売する「ユニクロ」の代表取締役会長兼社長。

28位.マイケル・デル 3.47兆円


(生年月日:1965年2月23日)
(国籍:アメリカ)

情報技術系の企業として最大手のDELLを創業した人物。彼は1984年に医学生として大学に通いながら、パソコン保守の会社を創業し、後のDELLを築いた。

27位.李 嘉誠 3.48兆円


(生年月日:1928年6月13日)
(国籍:香港)

彼は若くして父を亡くしたことから、家族の生計を支えるため16歳のときに学業を断念し、プラスチック造花を作る工場で働いた。その後プラスティック工場を自ら作って財を成し、不動産業へ転身。不動産デベロッパーとして大成功を収め、現在不動産業として香港最大の長江実業を築いた。

26位.フィル・ナイト 3.7兆円


(生年月日: 1938年2月24日 )
(国籍:アメリカ)

1960代にナイト氏はブルーリボンスポーツ社を立ち上げ、日本から輸入したスニーカーをアメリカ国内で販売していた。それが現在、スポーツ関連グッズ最大手の「ナイキ(NIKE)」となった。

25位.シェルドン・アデルソン 3.71兆円


(生年月日: 1933年8月4日 )
(国籍:アメリカ)

カジノリゾート運営会社であるラスベガス・サンズの会長兼CEO。マカオやシンガポールにラスベガススタイルのカジノを持ち込む主要プロジェクトの指揮を取り、シンガポールでは総工費8000億円のマリーナベイ・サンズ、マカオに世界最大級のカジノを建設した。

24位.フランソワ・ピノー 3.9兆円


(生年月日: 1936年8月21日 )
(国籍:フランス)

ファッション業界大手のケリングを創業した人物。ケリングは、グッチやイブ・サンローランなど世界的に有名なファッションブランドを保有している。

23位.許家印 3.95兆円


(生年月日: 1958年10月9日 )
(国籍:中国)

中国2位の不動産開発業者であるエバーグランデ・グループの会長。中国200都市以上で、様々な不動産プロジェクトに関わっている。

22位.馬化騰 3.97兆円


(生年月日: 1971年10月29日 )
(国籍:中国)

中国のインターネット企業、テンセントを創業した人物。テンセントは、世界最大のPCゲーム「League of Legends」を運営するライアットゲームズ社、世界1位のスマホゲーム「クラッシュオブクラン」のスーパーセル社、エピックゲームズ社、韓国で絶大な人気を誇るSNSカカオトークを運営するカカオ社などを傘下に収めている。

また中国最大のウェブポータルQQ.com、中国で最も利用されているメッセンジャーアプリのテンセントQQと音楽ストリーミングサービスのQQミュージックなどを運営している。

21位.ジョン・マーズ 3.99兆円


(生年月日: 1935年10月15日 )
(国籍:アメリカ)

カルカンやM&M、シーザーなどの製品で知られるアメリカの大手食品会社「マース」を設立したフォレスト・マーズ・シニアの息子で次男。現在、父が亡くなり兄妹でこの会社を所有している。

21位(同順).ジャクリーン・マーズ 3.99兆円

 

(生年月日: 1939年10月10日 )
(国籍:アメリカ)

先に紹介したジョン・マーズと姉弟。マース社を兄らと共に所有している。

19位.スティーブ・バルマー 4.75兆円


(生年月日: 1956年3月24日 )
(国籍:アメリカ)

彼はビル・ゲイツに説得され、スタンフォード大学のビジネススクールを途中退学し、年収600万円でマイクロソフト最初のビジネスマネージャーになった。その後、マイクロソフトの最高経営責任者まで登りつめた。

18位.ジャック・マー(馬雲) 4.83兆円


(生年月日: 1964年9月10日)
(国籍: 中国)

世界最大の流通企業、オンラインマーケットを展開するアリババの創業者であり、ソフトバンクグループの取締役。

17位.デイビッド・コーク 4.97兆円


(生年月日: 1940年5月3日)
(国籍: アメリカ)

エネルギー関連の総合企業であるコーク・インダストリーズの共同設立者である。アスファルト、化学繊維、化学肥料など化学製品の製造、石油の流通、農場の経営など事業は多岐にわたる。

17位(同順).チャールズ・コーク 4.97兆円


(生年月日: 1935年11月1日)
(国籍: アメリカ)

先に紹介したデイビット・コックの兄。コーク家が家族経営するコーク・インダストリーズの最高経営責任者である。

15位.アリス・ウォルトン 5.02兆円


(生年月日: 1949年10月7日)
(国籍: アメリカ)

売上額で世界最大の企業であり、スーパーマーケットチェーンのウォルマートを創業したサム・ウォルトンの娘。ウォルマートは売上額50兆円を超え、27カ国で1.1万店舗以上を有する。日本では西友がウォルマートの傘下に入っている。

14位. S・ロブソン・ウォルトン 5.13兆円


(生年月日: 1944年10月28日)
(国籍: アメリカ)

ウォルマートの創業者サム・ウォルトンの長男で、ウォルマートの会長である。先に紹介したアリス・ウォルトンと兄妹である。

13位.ジェームズ・カー・ウォルトン 5.23兆円


(生年月日: 1948年6月7日)
(国籍: アメリカ)

ウォルマート創業者サム・ウォルトンの三男(末っ子)で、アメリカのアーベスト銀行のCEO。

12位.ムケーシュ・アンバーニー 5.36兆円


(生年月日: 1957年4月19日)
(国籍: イエメン)

インドで一番の富豪であり、石油・石炭製品関連の事業を手がける「リライアンス・インダストリーズ」の会長である。会社は彼の父が創業し、その後を継いだのが2人の息子であるムケシュ氏とアニル氏であった。この会社は2019年時点でインド最大の輸出業者であり、製品輸出においてインド全体の8%を占める。またインド政府の関税・消費税収入のうち5%を占める。

11位.フランソワーズ・ベッテンコート・マイヤーズ 5.65兆円


(生年月日: 1953年7月10日)
(国籍: フランス)

世界最大の化粧品会社、ロレアルを創業したウージェンヌ・シュエレールの孫娘。ロレアルは同族経営であったことから、ロレアルの大株主であった母親の死にともない、一人娘のフランソワーズ氏がその遺産を相続した。

10位.セルゲイ・ブリン 6.11兆円


(生年月日: 1973年8月21日)
(国籍: アメリカ)

1998年にラリー・ペイジと共にグーグルを創業した人物。現在グーグルの親会社であるアルファベットの社長。

9位.カルロス・スリム・ヘル 6.24兆円


(生年月日: 1940年1月28日)
(国籍: メキシコ)

カルロス氏は、自らが築いたカルソ・グループの複合企業を通じて、様々な会社を所有している。また彼は、ラテンアメリカ最大の携帯電話事業者であり、世界で7番目大きいアメリカ・モービル社を所有し、ラテンアメリカの通信産業に多大な影響を与えている。

8位.ラリー・エリソン 6.25兆円


(生年月日: 1944年8月17日)
(国籍: アメリカ)

データベース関係の企業向けソフトを販売しているオラクルの設立者。オラクルは、ソフトウェアメーカーとしてマイクロソフト、グーグル(アルファベット)に次いで売上高3位となっている。

7位.ラリー・ペイジ 6.29兆円


(生年月日: 1973年3月26日)
(国籍: アメリカ)

先に紹介したセルゲイ・プリンともにGoogleを立ち上げた人物。

6位.マーク・ザッカーバーグ 7.38兆円


(生年月日: 1984年5月14日)
(国籍: アメリカ)

世界最大のSNSであり、月間22億人(2018年)のユーザーが利用するFacebookの創業者。

5位.アマンシオ・オルテガ 7.64兆円


(生年月日: 1936年3月28日)
(国籍: スペイン)

ZARAで知られるファッションブランドの創業者。

4位.ベルナール・アルノー 9.28兆円


(生年月日: 1949年3月5日)
(国籍: フランス)

世界的に有名な高級ブランド、「ルイ・ヴィトン」と「クリスチャン・ディオール」の取締役兼会長である。

3位.ウォーレン・バフェット 9.32兆円


(生年月日: 1930年8月30日)
(国籍: アメリカ)

アメリカの投資家で、世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイのCEOである。

2位.ビル・ゲイツ 11兆円


(生年月日: 1955年10月28日)
(国籍: アメリカ)

1981年、ビル・ゲイツは中・高が一緒だったポール・アレンとともにマイクロソフトを立ち上げた。2000年までマイクロソフトのCEOを務めた後、世界最大の慈善基金団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団を中心とする活動を始めた。

1位.ジェフ・ベゾス 15.7兆円


(生年月日: 1964年1月12日)
(国籍: アメリカ)

ジェフ・ベゾスは、1994年にシアトルの自宅のガレージでAmazonを起業した。それから3年後には株式公開され、調達した約60億円で他社を買収し、成長を続けた。その後一度会社は破綻しかけたが再び急成長し、2013年には世界最大のオンライン小売企業となった。

参照:bloomberg

スポンサーリンク

雑学

Posted by uti