30億円超え!最も値段の高い家具(ランキング)

史上最も高値が付いた家具を10位から順にご紹介します。

10位.カリスタ・アルケオ・コパーバスタブ 680万円

(via millionairetoysglobal)

スポンサーリンク


自由の女神像のたいまつを磨き上げたことで知られている、銅細工師が手作りした銅製のバスタブです。

長さ1.5m、幅は0.8mあり、内部は銅の美しさを引き出すために、ダイヤモンドのようなファセット加工がされています。

9位.ウィーウィドゥス・マットレス 1600万円

(via Hästens)

カシミアと馬の尾毛、ラムウール、シルク、亜麻等、いずれも最高級の素材からハンドメイドで一つ一つ作りあげられたマットレスです。

(↓マットレスの内部構造。ウール、スプリング、コットンなどが層状に詰め込まれている)

(via Hästens)

マットレス1つの製作時間はおよそ320時間で、スイスの高級寝具メーカー、ヘステンス・ウィーウィドゥス(Hästens Vividus)が製作を手がけています。

メーカーは最低でも25年間は使えることを保証していますので、1日あたりでは約1750円と長い目で見れば意外と安く感じられます。またマットレスは難燃性で、アレルギー物質を一切含んでいないので、どんな人でも快適に使うことが出来ます。

(↓体を圧迫しない、脚が浮遊する感覚を味わえるマットレス)

(via Newser)

8位.プリュムブランチェ・ダイヤモンドソファ 1840万円

(via Furniture Fashion)

フランスのデザイン家具メーカー、プリュムブランチェが限定50個で販売したソファーです。世界三大銘木と呼ばれる希少なマホガニー材をフレームに使用しているため、耐久性が非常に優れています。

色白の皮張りで、ソファのボタン部分にはダイヤモンドとプラチナが散りばめられています。ソファの長さは2.22m、高さ1.11m、幅0.88mとなっています。

7位.パラニアン・デスク 2000万円

(via Decork)

アメリカ・アリゾナ州に本拠を置くパラニアン・ファーニチャーが販売している世界一高価なデスクです。

世界中から厳選した6つの木材を使用しており、その中にはカルパティアエルム(ニレ材)とコクタンの銘木が含まれています。天板はガラスで、厚さなどのサイズは自由にオーダメイド可能です。一個ずつ丁寧に作り上げるため、完成するまでにはおよそ5ヶ月かかります。

6位.ソリッドゴールド・スツール 1億3000万円

(via exploredia)

おそらく世界で最も高価なスツールでしょう。ちなみにスツールとは、ひじ掛けと背もたれが無いイスです。

驚くべきことにこのイスは約50kgの純金が使われているのです。家具というよりも宝石と言ったほうが良いかもしれません。このスツールは、中国の江蘇(こうそ)省の宝石店で販売されています。

5位.ピニンファリーナ・アレスライン・Xテン・オフィスチェア 1億5千万円

(via SPACE)

フェラーリやキャデラックなどの高級カーを設計したピニンファリーナ社が手がけたオフィスチェアです。

背もたれとイスのクッション部分は、別々に角度調整ができます。またクッションには特殊なゲルが入っているため、ずっと座っていられるような心地良さがあります。

フレームはアルミニウム合金製で耐久性の高い構造であり、クッション素材はオリンピック選手のために開発されていた特殊なポリウレタンを使用しています。

(↓カラーは、フェラーリレッドとマセラティブルーがある)

(via Furniture Fashion)

4位.磁気浮上ベッド 1億6000万円

(via miragestudio7)

宙に浮く先進的なベッドです。建築家であるジャンジャップ・ルイジェセナース氏がバッカー・マグネティック社と6年の歳月をかけて開発しました。

(via miragestudio7)

非常に磁力の強い永久磁石を金属製ベッドの下に置き、磁石との反発力でベッドを空中に浮遊させています。ベッドの重さは900kgありますが、ワイヤー四本と磁力だけで床から40cmの高さに維持されています。

3位.タフトテーブル 4億6000万円

(via most-expensive)

18世紀にフランスで流行した、曲線を多用したロココ式のテーブルです。アメリカ・フィラデルフィアのオークションにかけられて、4億6千万円もの値段で落札されています。

タフトテーブルは1700年代後半に、クリエイターであるトーマス・タフトが雑貨店のリチャード・エドワードに送った品物です。繊細な曲線を手彫りで作り上げた傑作と言われています。

2位.ドラゴンチェア 27億8000万円

(via wikimedia)

近代建築に大きな影響を与えたアイルランドの建築家、アイリーン・グレイが1917~1919年に設計した傑作です。ひじ掛けの部分がドラゴン、チェア本体が雲をイメージしています。非常にユニークでエキセントリックなデザインから、専門家から高い評価を受けています。

(via The Posh Review)

製作後このイスはオークションにかけられました。予想額は2億~3億円とされていましたが、それをはるかに超える27億円もの値段で落札されています。

1位.バトミントンチェスト 36億円

(via Home Design Resume)

バトミントンのラケットやシャトルを入れるための収納箱ではありません。バドミントンチェストは、イギリス・グロスターシャー州のボーフォート公爵位の邸宅であるバトミントンハウスから名付けられたのです。

バトミントンチェストは、当時19歳のヘンリーサマセット公爵が18世紀頃に作らせたものです。製作にはおよそ30人の専門家が関わり、6年をかけて完成させています。

(via liveauctioneers)

高さは3.6m、装飾は非常に入り組んでおり、全体にはアメジストなどの宝石が散りばめられています。チェストの頂きには、ユリ紋章で飾り付けられた時計があります。

スポンサーリンク


※Youtubeのみ、文章の転載を禁じます。詳細について

よく読まれている記事

↓この記事が気に入ったらシェアしよう↓
コメント2
CATEGORY :

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    1600万円のマットレス、1日あたり1500円の間違いではないですか??

    • By uti

      大変ありがとうございます。計算しなおして、修正しました。

コメント投稿(メール、URLは必要なし)※表示されるまで時間かかります

*

何か問題がありましたら、以下のアドレスまでご連絡ください。早急に対処いたします。 thought0221あっとyahoo.co.jp(あっと→@) また記事に誤りがあれば、コメント欄にお願いします。
更新情報は以下から
→Twitter
→Facebook